冷え性への対策!手が冷たい時にはどうしたら良い?

よく、手が冷たい人は心が温かいと、
昔から、言われていますよね。

心が温かいという、信憑性は、置いておいて、
手などの末端が冷えるのは、主に、
血行不良が原因です。

a0001_017602-198x300

夏は、冷房がガンガン効いていて、手足が寒いし、
冬は、いくら暖房にしても、寒い。

そんな、冷え性に悩まされている方は、
多くいらっしゃると思います。

今回は、手の末端冷え性への対策を、伝授します!
これで、あなたも、冷え性とはサヨナラ出来ちゃいますよ。

スポンサーリンク



体の中からポカポカに!

冷え性への対策として、首、手首、足首の、3つの首を、
温める方法があります。

これら3つの部位には、大きな血管が通っているので、
外が寒いと、その影響を受けやすいんです。

ネックウォーマーや、レッグウォーマー、
靴下二重履き、手袋などや、カイロで、
この部位を覆うと、冷えもだいぶ違いますよ。

それでも、全く効かない。
そんな時は、内側から体を温める方法を取ると、
良いでしょう。

スポンサーリンク



体を温めるたんぱく質を摂ろう!

体を温める効果があるのは、たんぱく質です。
この、たんぱく質は元々、体を構築するための栄養素です。

たんぱく質を消化して、エネルギーにする時、
胃は分解させるために、消化酵素をたくさん、出します。
その時の、の働きが、を発します。

もう一つ、たんぱく質を分解して出来たアミノ酸は、
体に蓄えて置けないので、余分なアミノ酸は、
肝臓で、処理しようとします。

しかし、肝臓はそのままでは、アミノ酸を、
処理出来ないので、さらに、分解しなくてはなりません。
この時に、肝臓が、を発します。

と言う訳で、胃や肝臓で熱を作り出すために、
たんぱく質が含まれているものを、
食事で摂る方法がお薦めです。

たんぱく質は、何に多く含まれているかと言うと、
主に、肉や魚、卵、大豆製品、乳製品です。

また、温かい飲み物は、血行を良くするので、
豚汁にして、辛いのが苦手でなければ、
一味唐辛子を入れて、食べるのがお薦めです。

20140905-300x200

細胞を活性化させて冷え性改善!

そして、首や肩甲骨には、褐色脂肪細胞と言う、
細胞が多く、存在しています。

この、褐色脂肪細胞ですが、これは、一言で表すと、
人体発熱装置のようなものです。

褐色脂肪細胞内には、ミトコンドリアが、
多く含まれています。

ミトコンドリアの、主な役割として、
酸素を使用してエネルギーを、作り出します。

また、褐色脂肪細胞は、蓄えたエネルギーを使って、
熱を発生させ、体温が一定になるように、
維持する働きがをします。

褐色脂肪細胞は、余分な脂肪を燃焼するので、
ダイエットにも良いんですよ。

つまり、冷え性の人は、褐色脂肪細胞を、
活性化させれば、良いと言う訳です。

この褐色脂肪細胞、どうしたら活性化するのかと言うと、
先ほどの、褐色脂肪細胞が多く含まれていると、
お話しした、肩甲骨を動かす方法があります。

    肩甲骨のストレッチ法

  • 足を肩幅程度に広げ立ち、手は体の横に添えます。
  • 両手を広げて、頭上にやり、両手を合わせます。
  • その手を後ろに引き、出来るだけ肩甲骨が真ん中に寄るように、
    意識して、引いていきます。

    この時、息を止めずに、ゆっくり呼吸して下さい。

  • 肩をゆっくりと前に回し、後ろに回します。
  • 両手を後ろに持っていき、両手を背中で合掌させて、
    終了です。

この背中で合掌させる、後ろ合掌ですが、
痛くて出来ない人もいますので、痛みを感じたら、
無理にはなさらないで下さい。

下の動画は、肩甲骨ストレッチの方法を、紹介しています。
文章だけでなく、動画でやり方を知りたい方は、
良かったら、ご覧下さい。

まとめ

  • 冷え性対策には、まず、防寒グッズを。
  • 防寒グッズでも効かない時は、体の中から温めましょう。
  • 方法1 たんぱく質を含む食品を摂る。
    一味唐辛子入り、豚汁がオススメ!
  • 方法2 肩甲骨ストレッチで、褐色脂肪細胞を、
    活性化させましょう。
スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪