マスキングの使い方!水彩画をより美しくする技法とは?

「マスキング」という言葉は、いろんな場面で、
よく耳にする、単語ですね。

3dd239e153ab490337e2b24621685d45_s-300x200

マスキング(masking)という英語には、
「覆い隠す・包む・保護する」という、
意味があります。

車やプラモなどの、塗装の際にもよく使う、
基本的なテクニックですが、水彩画を描く時にも、
同じように「マスキング」という、技法があるのです。

では、水彩画におけるマスキングとは、どのようなものか、
また、その使い方について
、お話ししていきましょう。

スポンサーリンク

マスキング=白抜き

水彩画で使われるマスキングとは、絵の具をつけずに、
白い部分を残す、技法のことです。

子どもの頃、紙に白いクレヨンで書いた上から、
水彩絵の具を塗り、クレヨンが絵の具を弾いて白く残る、
という絵を描いたことはありませんか?

それと同じで、絵の中に「絵の具が乗らない部分」を、
意図的に作るのが、マスキングです。

では水彩画で、マスキングを使うと、
どのような仕上がりに、なるのでしょうか?

5cfdb3ffa937edcbf5d572347ee680fa_m-200x300

抽象画ですが、見る人によっては、
しぶきを上げてうねる、海のようにも、
宇宙から見た、地球にも見えるかもしれません。

真っ白く抜かれた部分に、マスキングを使用していますが、
その周辺の筆の線は、途切れることなく流れています。

マスキングを使えば、水彩独特の筆のタッチも崩れず、
周囲の色もにじませず、美しい白をくっきりと、
残すことができるのです。

 

マスキングに必要なアイテム

マスキングには、専用の液を使います。

マスキング液、またはマスキングインク
と呼ばれるもので、液状のラテックスゴムなので、
乾くと、ペリペリと紙から剥がせるのです。

日本では、画材屋でもネット通販でも、
ホルべイン社製と、クサカベ社製のものが、
手に入りやすいようです。

どちらも600円~700円と、
お手頃な値段で、手に入ります。

2つ目に、用意しておくべきものは、
マスキングインククリーナーです。

これは、筆に付着して固まった、マスキング液を溶かし
筆をきれいに洗浄するための、アイテムです。

マスキングを使う時のは、柔らかい動物の毛よりも、
コシがあり液もはがれやすい、ナイロン製のものを、
おすすめします。

スポンサーリンク

マスキングの使い方と手順

ではいよいよ、マスキングの使い方を、
説明していきましょう。

  1. 絵の中で、マスキングしたい部分を決めたら、
    マスキング液を筆につけ、線や形を描く
  2. マスキング液が乾くまで待つ
  3. ほかの部分や背景などを描く
  4. マスキング液がしっかり乾いていれば、マスキングの上に、
    筆を置いても問題ありません。

  5. 全体を書き上げ、絵の具が乾いたら、
    マスキングした部分を剥がして完成
  6. 指の腹か、消しゴムで優しく端を擦ると、
    そこから、ペリペリと簡単に剥がせます。

 

くっきりとした白を残す、マスキングは、
水彩画独特の、透明感のある世界に、
美しいアクセントを、添えてくれます。

決して、難しい技法ではありませんので、
ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す