きれいなビブラートの出し方!使うのは喉?それともお腹?

sing-14659_640-300x199

歌がうまくなりたい…そんな人にとって、
ビブラートは是非とも、習得したい技術ですよね。

ビブラートとは、音をのばす時に、
その音を、一定の幅で揺らす事を言います。

カラオケの採点でも、ビブラートを使うと、
高得点がでますし、多少歌に自信がない人でも、
上手に聞こえます

このビブラートですが、人によって、
を使うという意見と、
お腹を使うという意見、2つに分かれています

人によっては、1つの方法だけで、後は
間違ったやり方だという意見も見かけます。

しかし、私個人では、きれいなビブラート
習得し、聞く人がうまいと思うなら、
どちらでも問題はないと思います。

ここでは、数あるビブラート練習方法の中で、
私でもすぐにできた超簡単な方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ビブラートの練習方法

ただ、闇雲にたくさん歌って
習得しようとしても、喉を痛めるだけです。

歌がうまくなれば、自然にできるようになる
と思っている人もいますが、コントロールして
使えるようになるには、やはり練習が必要です。

最初は、意識して声を
揺らす感覚を練習しましょう。

015498-300x282

  • 音程を上下させる
  • 声を出し続けた状態で、元の声と、半音下げた音
    2秒ずつほど、何度も繰り返す。

    慣れてきたら、音程を変える感覚を、
    徐々に短くして行きます。

  • 手でお腹をおしてみる
  • 「あーーー」と発声しながら、一定のリズムで、
    お腹を細かく押すか、ゆすってみてください。

    そうすると、ビブラートがかかっている
    感覚が分かると思います。

    最初は、ビブラートがどんなものか、
    分からないと思うので、この方法で、
    まずは、感覚を掴んで下さい

    これを何度か練習し、感覚が分かってきたら、
    お腹を押さないで、できるよう練習してみましょう。

  • 次は音の揺れを均一に保つ練習です
  • ビブラートは、1秒間に6回ほど揺れるのが
    理想的だそうです。

    音が途切れないように気をつけながら、
    振動のスピートを早くしてみましょう。

    最初は、人差し指を前に出して、上下させ、
    その動きに合わせて、声を揺らす練習
    すると、感覚が掴みやすいです。

スポンサーリンク

ビブラートを使って歌の練習

ビブラートができるようになってきたら、
実際に歌の中で使ってみましょう

ビブラートがうまい歌手、といって、
私が思いつくのは、MISIAさんや、
ドリカムの吉田美和さん、男性なら西川貴敦さんです。

その他にも、たくさんいますが、歌手によって、
揺れ幅が大きい小さく小刻みなビブラートと、
違いますよね。

カラオケで練習する際は、マイクのエコー
切って歌ってください。

ビブラートをマスターし、次に友達や、
会社の仲間と、カラオケに行った際に、
皆をビックリさせたいですね。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す