アメリカの運転免許は何種類?気をつけることは?

アメリカの運転免許証は、日本と同じように、
身分証明書としても、日常的に使用されます。

例えば、クレジットカードで支払いをする時や、
アメリカ国内線の飛行機を利用するとき、などです。

スポンサーリンク

仕事や留学などで、アメリカに長期滞在する場合は、
車を運転する予定がなくても、身分証明書として
運転免許証を取得しておくと、良いでしょう。

アメリカでは、免許取得の際に、
教習所に通う必要がないので、かかる時間も料金も、
日本よりずっとオトクです。

ここでは、アメリカの運転免許証の種類と、
免許取得で気をつけること
を、ご紹介します。

1ff1778a5f23c9a691cef3561ab71b01_s-300x200

アメリカの運転免許証の種類

アメリカでは、州によって、運転免許証の
種類が異なります。

ここでは、カリフォルニア州を例に、ご紹介します。

  • Class C:普通(商用以外)
  • Commercial:商用車両
  • Noncommercial:商用外車両
  • Class M1:大型バイク免許(150cc以上)
  • Class M2:小型バイク免許(150cc未満)

通勤通学などで、車を運転する場合は、
普通の「Class C」の免許が必要になります。

Googleなどのサーチエンジンで、
州の名前 DMV」と入力すれば、
その州の免許の種類を、調べることができます。

スポンサーリンク

免許取得で気をつけること

  • 州で免許が異なる
    アメリカでは、免許の種類やルールが
    州によって異なるため、州をまたぐと、
    無免許運転になったりします。

    もし、車を運転する予定がある場合は、
    その州の運転免許を、取得するようにしましょう。

  • 免許がとれる年齢が異なる
    日本では、18歳以上とされていますが、
    アメリカの場合は、16歳〜21歳と幅があり、
    州で異なります。
  • ビザが関係してくる
    州で異なりますが、カリフォルニア州では、
    免許取得には、ビザの残存期間が3ヶ月以上あることが、
    条件になります。

    免許をとる場合は、
    なるべく早いうちがオススメです!

  • 滞在期間が関係してくる
    もし、帰国後、日本の運転免許に切り替える場合は、
    アメリカで運転免許をとった後、
    3ヶ月以上滞在していたことが、条件となります。

    よって、旅行などでの短期滞在では、
    アメリカで免許をとった後、日本の運転免許に
    切り替えることは、できません。

  • 684058150f11b4276c23c1ee00c640b3_s-300x225

    いかがでしたか。アメリカの運転免許証の種類と、
    免許取得で気をつけることを、ご紹介しました。

    先に述べたように、アメリカでは日本と比べると、
    時間とお金をかけずに、運転免許をとることができます。
    免許は最短2日で取得でき、費用は100ドル以下です。

    また、アメリカの運転免許証は、手続きを行えば、
    日本の運転免許証に、切り替えることもできます。

    日本の運転免許がない場合は、アメリカ滞在中に
    免許をとって、帰国後、日本の免許に切り替えるのが
    オススメです!

    今回ご紹介した内容を、
    ぜひ参考にしてみて下さいね!


     
    スポンサーリンク

    こんな記事も読まれてるよ!

    コメントを残す