国語が苦手!入試の対策はどうする!?

数学は、とにかく公式を頭に入れて、
練習問題を、ひたすら解く。
英語は、文法や単語を覚えて、コツを掴む。

他の教科にしてみても、教科書や参考書の内容を、
一通り覚えて、練習問題や過去問題を解いていけば、
入試対策になります。

「これ、この間解いた問題と、似てる!」なんてことも、
よくあるので、実感している人も多いでしょう。

スポンサーリンク

ただ…。
国語は、勉強の仕方が分からない!という人も、
多いのでは。

というのも、国語の問題は、
「次の文章を読んで、要約しなさい」
「この時の主人公の気持ちを、100文字以内で書きなさい」

など、決まった答えが、無いことがほとんど
いくら練習問題を解いたところで、意味ないよ!
と感じてしまいがちです。

入試の国語の対策をしたくても、手の打ちようが無い…
いいえ、そんなことはないはず!

もしかしたら、考え方次第で、得点アップが、
期待できるかも!?

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s-300x200

答えは書いてある!?国語の問題

国語の入試問題で、大きなパーセンテージを占めるのが、
文章読解です。

1問正解で、10点もらえるなど、
配点が高いことが多いので、外したくない、
問題です。

 
「次の文章を読んで、あとの問いに答えなさい」
 

国語の、読解問題の冒頭は、ほぼこの問いから始まる、
と言っても、過言ではありません

ですから、ホントは、こんなに親切な教科は、無いのです。
だって、答えは全て、問いの文章の中に、あるのですから。

書かれている文章を、正しく読み取り、設問の意図を、
正しく読み取る。
そうすれば、点数が取れるのです。

それができれば苦労しないよ!
まさにその通り。それができないから、
悩んでいる人が多いのですよね。

スポンサーリンク

読解力をつけたい!でもどうやって?

文章を正しく読み取る力、それが読解力
この読解力、国語の問題を解くにはもちろん、
他の教科にとっても、必要なものです。

それ以上に、入試だけでなく、社会に出てからも、
読解力が無ければ、苦労することになるでしょう。

普段生活する上でも、読解力は必要不可欠です。

では、この読解力はどうやったら、
身に付くのでしょう?

読解力を身に付けるなら、まずは読書
というのが、一般的だと思います。

しかし、単に文字を目で追うだけの読書では、
読解力は、身に付きません。
大切なのは、想像力を働かせることです。

文章を読みながら、例えば小説なら、その情景を思い浮かべ、
登場人物の心の動きを、想像してみる。

何故こんな行動をしたのか?このセリフを言ったのか?
文章を読むときに、常にそれらをうっすらと、考えるのです。

小説以外の文章でも、この文章を書いた人は、
一体何を伝えたかったのか?
それを意識しながら、文章を読むことが、読解力につながります。

 

国語の入試は読解だけではない!

前述したように、文章読解力は日常生活にも必要で、
配点も高いので、是非会得したい力ですが、
一朝一夕で身に付くものでも、ありません。

文章読解能力は、日々努力して身に付けるとして、
暗記で乗り切れるものは、ちゃんと頭に入れておくことも、
重要です。

漢字問題や、文法など、1問あたりの配点は低くても、
数が多いのが特徴です。

全問正解すれば、ある程度、まとまった点数が取れるので、
問題集やドリルで、数をこなしましょう。

c9abe51c5e136ef49b5cb051bd763120_s-300x198

国語は、日本人として、身に付けておきたい教科です。

まずは入試のために、必要なものですが、今、
勉強したことは、きっと大人になってからも、
役立ちます

難しく考えず、将来のために、頑張りましょう!


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す