水族館の水槽の素材って?実はここに秘密が!

水族館は、好きですか?
著者は子供の頃から、水族館が大好きで、
よく親に、連れて行ってもらったもの、でした。

ところで、いつの間にやら、水族館の水槽って、
とっても大きくなっていると、思いませんか!?

昔はメイン水槽が大きくて、他はそれほどでも、
なかった様に思いますが、
今はとにかく、大きなところばっかり!

でも、この水槽が万が一割れたりしたら……!?
そう、考えたりしませんか!?

今日はそんな、水槽の素材に関するお話です!

スポンサーリンク

水槽の素材は何で出来てる?

巨大水槽は、アクリル樹脂と言われる素材で、
出来ています。
アクリル樹脂とは、プラスチックの一種の事ですね。

このアクリルの板を、その水槽の水圧耐えられる、
厚さ
まで、重ねることによって、
普段私達が見る、巨大水槽が作られています。
 

ギネスにのった、当時世界一の、巨大水槽の、
沖縄美ら海水族館の、巨大水槽は、厚み60センチも、
あるんですよ。

cf10a3be946206c19931695248d28cb9_s-300x200

どうしてガラスじゃないの?

透明な素材と言えば、ガラスがまず思い浮かびますね。
しかし、水族館の水槽は、アクリル素材です。
何故だと思いますか?

水族館の様に、大量の水を入れる水槽は、
相応の水圧に耐える作りをしていなければ、なりません。

そして、ガラスをそれ相応の厚みにしたとすると、
ガラスの性質上、緑がかった色に、見えてしまうのです。

大きな水槽程、たくさんの水を入れるので、
余計に緑かかった色になってしまう、という事なんです。

だから、透明感重視アクリル素材なんですね!

スポンサーリンク

ちなみに、アクリル素材が開発される前は、
強化ガラスが一般的、でした。

その頃は、日頃私達が思い浮かべる様な、
巨大な水槽は、まだありません。

巨大水槽は、1990年設立の、大阪の海遊館で、
初めて、採用されました。

 

この時の素材が、アクリル素材なんです!
こうして、日本で初めて、
巨大水槽が、出来たんですね!

それ以降建てられた水族館の、大型水槽は、
ほぼ全て、アクリル素材になっています。

 

ガラス水槽ではこんな事故も!?

現在では、水槽といえばアクリルが主流ですが、
まだまだ少し古い水族館や、小型の水槽は、
強化ガラスのところも、あります。

そんな、強化ガラスの所では、
こんな事故も起こっているんです。

2009年に、愛知県豊橋市の動植物園で、
長年のラッコの貝叩きによって、強化ガラスにヒビが、
入ってしまいました。

水圧には耐えても、ラッコの貝叩きには、
耐えられなかったんですね!

改修を重ねて、次第に水槽素材は、アクリル一本に、
なっていくでしょう。

 

巨大水槽は日本の会社の技術の賜物だった!

実は、世界の大きな水族館の、水槽のほとんどは、
日本の会社が、引き受けて作っています。

それというのが、日プラ(にっぷら)株式会社さん。

ニュースでも、何度も取り上げられているくらい、
その業界では、有名な会社さんなので、
知っている人もいるでしょう。

アメリカから、デンマーク、スペイン、オランダ、
イタリアにカナダ、サウジアラビア、ドバイと、

様々な国で、素晴らしい実績があります。

日本では、上記の美ら海水族館、海遊館以外にも、
三重の鳥羽水族館や、八景島シーパラダイスなど、有名所ばかりです。

日本の技術が、こんなところで活躍していると思うと、
とっても誇らしいですね!

 

水槽の素材に関して、お分かりいただけましたか?
ガラスではなく、アクリル素材と思えば、
サメの水槽だろうと、安心してみていられますね!


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す