クレジットカードのサイン!必要な店と不要な店の違いって?

金額が大きいものを買う時や、財布の中の現金が、
少し心許無い時などに便利な、クレジットカード

スーパーや百貨店、銀行などの金融機関など、
あらゆる場所で発行されているので、複数枚持っている、
という方も多いのでは。

スポンサーリンク

クレジットカードで支払うことで、年会費がタダになったり、
支払額に応じてポイントがついたりと、何かとお得なことが、
ついてくるのも魅力の一つです。

実際に使用する際、暗証番号やサインが必要ですが、
たまに、サインをしなくても、会計が済んでしまうことが、
あります。

 
今まで何とも思わなかったけれど、そういえば、
何故サインが必要な店と、そうでない店が、
あるのでしょうか?

クレジットカードのサイン

そもそもサインは何のため?

クレジットカードを利用する際は、サインをする。
当たり前のように考えていましたが、これって、
何の為に必要なのでしょうか。

クレジットカードの適正利用の促進を掲げる、
一般社団法人日本クレジット協会によると、
このサインには、2つの意味があります。

  • 伝票の内容を認めているという、契約承認の意味
  • カードの真の利用者であることを示す意味

 
本人確認のため、というより、
「私はこの商品を、私の責任で買いますよ」

という、本人の意思を、
確認する意味合いが強いようです。
 

お店側は、伝票に記入されたサインと、
カード本体に書かれているサインが同一であるかを、
照合します。

もし、サインが異なっていれば、カードを利用することは、
できません

 
お店の人、見ていないようでちゃんと、
確認されていたのですね。(失礼!)

 
ちなみに、このサイン済みの伝票は、
全てカード会社に送られて、一定期間
保管されます。

不正利用が疑われる場合は、この伝票を用いて、
筆跡を確かめることも、あるそうです。

スポンサーリンク

何故サインが不要な店があるの?

こうして見ると、サインはやはり、クレジットカードを使う上で、
必要であると思われます。

では、サインをしなくてもいいお店があるのは、
何故なのでしょうか?

 
それは、お店とクレジット会社が、
サインをしなくてもカード利用を承認する、
という事前契約を、交わしている
からです。

この場合のクレジット会社というのは、
JCBVISAなどを指します。

スーパーや百貨店の食品売り場、コンビニなど、
手早く、支払を済ませたい客が多い店では、
サインをする僅かな時間も、惜しみます

店側としても、いちいちサインをもらっていては、
時間もかかるし、客を待たせることにもつながるため、
カードを勧めづらくなってしまいます。

そうなると、カード利用者も少なくなるので、
それでは困るカード会社が、お店側と個別に、
契約しているのです。

また、支払単価が一定の金額以下だと、
サイン不要とする場合もあります。でも、
サイン不要の場合、不正使用されても分からないんじゃ…。

お店とカード会社が結んでいる契約内容にもよりますが、
万が一不正使用された場合、概ねカード会社によって、
補償されるようです。

カード会社にとっては損失になりますが、
その損失は少額のものに限られますし、多少の損害は、
覚悟した上なのでしょう。

もっとも、契約を結ぶ店舗は、24時間監視カメラで、
チェックできる店である事など、万全の防犯対策は、
怠っていないようです。

クレジットカードのサイン
 

思い返してみると、少額の買い物の時は、
確かにサインが不要だったように思います。

カード会社も、色々と考えているのですね!


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す