ハンガーは便利?ズボン用のハンガーの使用方法

みなさんは、スーツなどのズボンの保管方法に悩んだことはありますか?

たたんで保管したり、スーツ用のハンガーにかけて保管したりと様々な方法があります。
私は、アイロンをかけるのが苦手であるため、専用のハンガーを使っています。

今回は、メリットやタイプ別の特徴などを調べてみました。

スポンサーリンク



ズボン用のハンガーとそのメリット

ズボン用のハンガーを見た時、使い方やメリットがどんな風にあるか考えてしまったことがありますか?今回はズボン用のハンガーとは何か調べてみました。

ズボン用のハンガーとは

ズボンをかける時にアイロンをかけるなどの手間をかけないですむことができるハンガーのことをいいます。

スラックスの最大の特徴は、中央の縦のラインがきっちり見えるところです。それを見せることによってフォーマルな印象を与えることができます。

しかし、シャツ用のハンガーなどに掛けてしまうと、中央の縦のラインがなくなってしまうため、スラックスのよさが失われてしまいます。そのため、収納をする時に気を使わずに済むことができるのがズボン用のハンガーの最大の特徴です。

三つのメリット

ズボン用のハンガーには以下のメリットがあります。

  • しわになりにくい
  • ずれ落ちにくい
  • 邪魔にならない

以上のメリットがありますので一つずつ見ていきましょう。

まずはしわになりにくいことです。しわを作らないで保管することができることがズボン用のハンガーの最大のメリットです。

次にずれ落ちにくいことです。スラックスは腰のところが重いため、普通のハンガーにかけてしまいますと落ちてしまうことがあります。しかし、ズボン用のハンガーを使用することによってスラックスが落ちてしまうという心配をすることなく使用することができます。

最後に邪魔にならないことです。ズボン用ハンガーはスリムな形をしているため、クローゼットの中に入れても場所を取らずに収納ができるところが良い点の一つです。

このようなメリットがあります。私ももっと使用してみたくなりました。

スポンサーリンク



ズボン用ハンガーの種類

ズボン用のハンガーとはどんな種類があるか一緒に見ていきましょう。

シンコハンガー

シンコハンガーの特徴としまして、プラスチックのクリップがあるのが特徴のハンガーです。ズボンを傷つけることなく、値段も比較的安く手に入りやすいです。

また、クリップの力が弱いため、女性にも楽に扱えるのも特徴の一つです。

MAWAハンガー

MAWAハンガーの最大の特徴は滑りにくいことです。また、大量に使っても圧迫感がないのも特徴の一つです。

しかし、クリップの力が強いため、ズボンを長い間つるされた状態にしておくと、あとが残ってしまうことありますので注意が必要です。

省スペース用のハンガー

このタイプは、ズボンが床などに落ちることがないハンガーです。なぜかといいますと、ビニールコーティングしてあるためです。クローゼットなどの高さ制限がある場合、半分の長さがあればかけることができます。

はさむタイプのハンガー

ハンガーの中央にはさめる空間があり、そこにズボンを逆さにつるすことができるハンガーです。最大の特徴は、木製であるため、劣化がしにくいことです。しかし、売っている店が少ないため見つからないことがあります。

IPOW

このハンガーは、ズボンをかける部分がゴムでできているため、滑り落ちることなく使用ができます。しかし、ハンガーをかける部分が若干小さいため、パイプが太いと入らない場合があります。

終わりに

  • スラックスは中央のラインがきっちり見えると印象が良い
  • ズボン用のハンガーには、しわになりにくい、ずれ落ちにくい、邪魔にならないという三つのメリットがある
  • ズボン用のハンガーには5つのタイプがある

このようにズボン用ハンガーにはしわになりにくいなどのメリットだけでなく、いろいろな種類があるため、用途に合わせて購入をすることが大切なことがわかりました。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪