卒業式の服装!大学生の場合は女子は袴が主流ってホント?

私の娘は高校3年生なのですが、つい先月に先輩たちが卒業したというのに、実はもう次の卒業式の服装の準備をしてきました。

というのも、娘の高校では制服がないため、卒業式では女子はほぼ全員がを着る風潮となっています。娘が先輩から聞いてきた話だと、翌年3月の卒業式に着るための袴は、前年の3月に予約しないといいものをレンタルできない、とのことなんです。

春休みに、娘と一緒に着物のレンタル店に行き、袴と小物を一式のレンタルと当日の着付けの予約をしてきました。かかった料金は、たった1回袴を着るだけで5万円。高いですよね・・・。

これでまた大学に進学して4年後、もう一度卒業式があります。大学生の卒業式だと、これから社会人として世に出る訳ですから、スーツになるんでしょうか?

大学生は卒業式にどんな服装を着て出席するものなのでしょうか?今後のために調べてみましたよ。

スポンサーリンク



大学の卒業式に着る予定の服装は何?

マイナビがおこなったアンケートによると、2018年度に大学を卒業する女子大学生188人へ卒業式に着用する予定の服装について聞いたところ、以下のような結果となりました。

  • 袴:134人(65.7%)
  • 振袖:33人(16.2%)
  • スーツ:21人(10.3%)

男性の場合は、ほとんどはスーツで大学生の卒業式を出席しますが、女性の場合はいくつか選択肢がありますよね。アンケートの結果では、6割以上が袴を着る予定と答えています。

高校生までは指定制服があったり、卒業式の服装について学校ごとに決め事があることが多いので、特段迷うことも少ないかと思います。現に私の知っている高校では、制服がないため卒業式での服装は華美にならないよう「スーツ着用」としている高校もあります。 

大学の卒業式の場合は、制服もなく学生とは言え成人しているため服装に縛りもなくなることから、かえってどんな服装で参加してよいものか迷ってしまう人もいるものですが、アンケートから見ても一般的に大多数の人は袴で出席することが多いんです。

スポンサーリンク



なぜ袴は主流なのか?

卒業式は式典であるため、正装することがマナーだとされています。しかし、実は袴は正装ではありません。

とはいえ、袴が正装でないにもかかわらず卒業式だけに着用を許されるのには、女子学生と袴に大きく関係性があったためなんです。明治時代に女学生が着物よりも動きやすい袴を着て、自転車に乗ったり運動をしたりと江戸時代とは変わってアクティブな女性が時代の象徴になりました。

袴が女子学生が卒業式に着る服装として定着したのは、一生のうちに数回ある卒業式だけにしか着るチャンスが無いから、という理由もあるんですよ。

卒業式の服装のマナー

卒業式は式典とみなされるため、正装する必要があります。そのため、成人式のために作った振袖を卒業式で着るのもいいですね。振袖は、未婚女性が着る和服の中でも一番格の高い正装とされています。


袴を着用する人が大多数の中での振袖は、とても華やかに見えます。しかし、動きやすさや着付け、レンタル料などから考えると振袖はハードルが高いものになるようです。

大学の卒業式に出席するのに袴か振袖で迷っている人の中で、もしも振袖を持っている人であれば選択肢が広がるというところですね。

スーツは少数派になりますが、正装です。堂々と出席しましょう。スーツの場合、おすすめの色はネイビーやグレーになります。コサージュやヘアメイクも華やかになるように気を配るといいですね。

まとめ

大学の卒業式では、女性の場合は袴が大多数はとなります。しかし、セレモニーの場であることから正装であれば振袖でもスーツでも構わないということになります。

少数派と言われるスーツにも、メリットがあります。袴や振袖のように高価なレンタル料や着付け料などがかからず、卒業後社会人になってからも着ることができるので経済的ですよね。また、スーツは動きやすいため長時間の式典で苦労することも少なく、卒業式後の予定に支障が出ることもありませんね。

大学の卒業式は学生時代の終止符となる場合も多いため、華やかにして出席したいという気持ちも大きいものですよね。良い思い出になるよう、準備したいものですね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪