ゴールデンウィークのツアー!国内で絶対おすすめの2選♪

年末年始休みは何かと忙しくて、残念ながら旅行に行くことができませんでした。本当はどこかに行きたい気持ちもあったのですが、今回は我慢して気候の良くなるゴールデンウィークに旅行を計画しようと考えています。

ゴールデンウイークなら、国内のどこでも過ごしやすい季節なので楽しめるんじゃないかと思いますが、さてどこに行こう。早速、ゴールデンウィークに行く国内おすすめのツアーについて調べてみましたよ。

スポンサーリンク



ゴールデンウィークにおすすめの国内ツアー

2019年5月1日に皇太子さまが新天皇として即位される日は、2019年限定ですが祝日となります。そのため、4月27日(土)~ 5月6日(月)が10連休となる可能性もあり得るゴールデンウィークとなるんですよ。

10連休のゴールデンウィークのこの機会に、ぜひ国内ツアーにおすすめなのが沖縄と北海道なんです。その魅力を見ていきましょうね。

おすすめ国内ツアー「沖縄」

ゴールデンウィークの時期の沖縄の気温は、21~25.5℃になります。半袖半ズボンで過ごすような気候になりますね。沖縄と言っても、沖縄本島だけではなく離島もいくつかあり見どころもたくさんありますよね。

旅行会社で紹介しているゴールデンウィークに行く沖縄ツアーの価格帯は、沖縄本島ツアー羽田発着3日間で、大人一人30,000~170,0000円となります。また、宮古島、石垣島、小浜島、西表島などの離島ツアーの場合の価格帯では大人一人につき、羽田発着3日間で、40,000~20,0000円の目安になりますよ。

スポンサーリンク



おすすめのツアースポット

ツアーで特におすすめなのが、

  • 青の洞窟
    沖縄本島の中央部にある恩納村真栄田岬の海にある「青の洞窟」は超人気ダイビングスポットになっています。サンゴや魚がたくさん生息し、太陽の光によって海中が青色に輝くことで有名です。
  • 沖縄美ら海水族館
    沖縄本島西北部の本部町にあります。世界最大級の水族館とも言われ、ジンベイザメなどの巨大魚が目の前の水槽で泳ぐ姿は圧巻ですよ。
  • 那覇ハーリー
    那覇港で毎年ゴールデンウィーク(5月1日~3日)に行われる爬龍船(はりゅうせん)の競漕です。沖縄県屈指のビッグイベントとも言われているんですよ。
  • 伊良部大橋
    宮古島と伊良部島を結ぶ橋になります。2015年に開通した新しい観光スポットです。宮古島の美しい青い海に架かるまっすぐ伸びた橋があまりにもきれいなため、たちまち絶景スポットとして知られるようになったんですよ。
  • 川平湾
    石垣島の沖縄県で唯一の「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」の三ツ星となったスポットです。海外観光客からも人気のある場所になります。白い砂浜とエメラルドグリーンの海は必見です。

おすすめ国内ツアー「北海道」

ゴールデンウィークの北海道の気温は、大体6~17℃になります。平均気温は12℃程度なので、東京の平均気温に比べると6℃ほど低くなり、4月の東京よりも寒いぐらいの心持ちで出掛けるといいですよ。また、本州では終わったも北海道ではまだまだ見ることができます。

旅行会社で紹介しているゴールデンウィークに行く北海道ツアーの価格帯は、羽田発着3日間で、大人一人30,000~110,000円となります。

おすすめのツアースポット

ツアーで特におすすめなのが、

  • 旭山動物園
    国内で一番人気の動物園です。動物の本来の営みの姿で飼育し、そのままを見ることができる画期的な動物園で、冬の間は見ることができなかった動物も外に出てくる季節なので見ごたえがありますよ。
  • 北海道開拓の村
    朝ドラ「マッサン」のロケ地としても有名です。明治から昭和の北海道開拓時代の建築物が移築、再現された場所です。ノスタルジックな的並みや馬車鉄道、食文化など北海道の歴史を感じられるスポットです。
  • 東藻琴(ひがしもこと)芝桜公園
    満開の芝桜のじゅうたんを見ることができます。5月上旬~6月上旬に行われる「芝桜まつり」に合わせて行くと、夜には花火が上がりピンクの丘陵が幻想的になりますよ。
  • KIRORO RESORT(キロロリゾート)
    5月でも北海道には、春スキーができるゲレンデもいくつかあります。スキー場までのアクセスが比較的よくおすすめなのがキロロリゾートです。春の温かさの中でのスキーはきもちがいいですよね。

まとめ

沖縄と北海道、どちらもまだ行ったことがありません。ツアー料金は沖縄の方が高いかもしれませんが、調べてみたらこの機会に行って見たい、という気持ちになってきました。

私たち家族の住む場所が、海が近くになくて山ばかりなので、青い海のある所はどうしても憧れがあるんですよね。南国の自然をこの目で見てみたいので、家族にも話をしてみようと思います。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪