映画の前売り券の買い方!公開後には購入できるの?

映画を観るのは大好きですが、毎月は観に行けません。だって、映画の鑑賞券って高くないですか?家族で映画に行って、ポップコーンやジュースなどのスナックを買えば1万円ぐらいはかかってしまいます。

夏休みや年末年始休みなどの長期休みになると、子供と一緒に観に行きたいなと思っている映画もいくつかあるのに、高いからやっぱりどれか一つにしておこうという具合になってしまう時がほとんどです。

もっと安くチケットが手に入ればもう少し気軽に映画に行けるのにと思います。どうやったら映画をお得に見ることができるのかと考えた時に、「前売り券」という存在があることを最近知りました。

今まで、前売り券のことは聞いたことはあっても、どんなものかよく知らないでいました。でも、見たい映画はすでに封切されていますが、前売り券って映画の公開後も買えるのしら?

この機会に調べてみました。

スポンサーリンク



映画の前売り券とは?

前売り券とは、公開前の映画の鑑賞チケットを当日券よりも安く販売するシステムのことをいいます。映画館やプレイガイド、コンビニなどで販売しています。

しかし近年では、紙の前売り券ではなくスマホやパソコンなどのネットで座席指定をしつつ前売り券を購入することができる「ムビチケ」が主流になりつつあります。

気になる価格ですが、

  • 一般(大学生以上) 1,800円 → 1,400円~1,500円
  • 小人(3歳~高校生) 1,000円 → 800円~900円

と、100円~400円安く購入することができるんですよ。また、作品によっては親子ペア券2,200円のある映画や、映画館で前売り券を購入する場合には、ポスターやオリジナルグッズなどの特典付きの場合もありますよ。

そして、販売期間は映画の公開1か月前~公開前日までとなります。ということは、やっぱり公開後の映画の場合は前売り券は、購入できないということになるんでしょうか?

スポンサーリンク



公開後の映画前売り券の買い方

実は、金券ショップには公開後の映画の前売り券を販売している場合があります。

といっても、映画の前売り券の性質上、元々前売り券は映画の公開がされると払い戻しができないようになっているので、金券ショップの仕入れ数もそんなに多くありません。人気がある映画や上映映画館の数が少ない映画だと、早く売り切れてしまうこともあります。 

また、前売り券には種類があって、「全国共通券」と「劇場指定券」とがあります。全国の映画館で使えるものと、限定された映画館でしか使えない前売り券があるので、確認しないで購入してしまうと行った先の映画館で使えない場合もあるので注意が必要です。

このように、金券ショップで取り扱っている映画の前売り券には、映画の公開後のものもあります。しかし、在庫数が少ないため、確実に希望の映画の前売り券があるのは限らないのがデメリットになりますよ。

まとめ

どうしても見たい映画をお得に観たい場合には、金券ショップで公開後の前売り券を探してみるといいんですね。

金券ショップで取り扱っている前売り券も、公開前に販売されている前売り券とほとんど同じ金額なので、宝探しの気分で見つけられたらラッキーですよね。ぜひ活用してみようと思います。

 

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪