人前での緊張や動悸の悩み!原因と解決方法とは?

人前で発表をする時に、緊張しませんか?
ここ一番で、冷静に発表できますか?

スポンサーリンク

人を前にすると、緊張のあまり、
頭の中は真っ白、足はガクガク震え、
心臓はバクバクと、動悸し始めます。

 
こんな経験、あなたにもありますか?

胸がドキドキとする動悸を、できるだけ鎮めて、
冷静に発表できたら、いいのに。

私もそう思いながら、発表を繰り返してきました。
 

しかし、1年も経たないうちに、少しずつですが、
緊張の度合いが、緩んできたのを感じています。

そんな私が実践した、人前での緊張や動悸などを
少しでも抑える方法を、紹介しますね♪

人前での緊張

なぜ緊張すると動悸を感じるの?

人前に出た時、あなたは緊張しますか?
実は、緊張するのは、当たり前のことなんですよ。

人を前にして、
ピシッと背筋を伸ばして挑む、良い緊張
不安な気持ちのループにはまる、悪い緊張

この悪い緊張状態が続くと、ストレスを感じ、
自律神経のバランスが崩れて、動悸に至ります。

動悸で心拍数は上がるのですが、反して呼吸は、
浅くなり、ますます緊張します。

この動悸を治めるのに、一番効果的なのは、
やはり緊張を緩めることなんです。

動悸の原因が緊張なのですから、当然ですが、
すでに緊張している人には、難題ですよね。

スポンサーリンク

緊張を抑えるコツ

私は、ある団体での会議で、司会や挨拶など、
毎回、人前で発表の機会がありました。

初めは、あまりの緊張に、座っていても赤面
全身の震えが止まらず、動悸も起こりました。

毎回、その場を終える度、ドッと疲れが押し寄せ、
ホッとして、脱力するような状態でした。

人前での緊張

それが、いつの間にか、ほどほどの緊張で済み、
動悸もしないようになりました。

場数を踏んで慣れた、ということも原因ですが、
もっと他に、理由があったように思います。

私が動悸から解放された思考の転換
私自身の内面の変化を、お話しますね。

自分の能力以上を求めない!

人前で発表するとなると、なぜ緊張するのか?

私の場合、無意識に自分を良く見せようと、
していたように思います。

発表内容を、間違えずにちゃんと話したい。

司会者は、こうあるべきだ、の先入観に縛られ、
普段の自分よりも、数段上のレベルを目標に、
設定してしまっていた。

人前での緊張

そんな気負いが、失敗を恐れる不安と相まって、
緊張を悪い方向に、向けていたようです。

しかし、途中で大事な事に気が付きました。
相手に伝わっていなければ、意味がない!

発表のゴールは、相手に伝わったかどうか、で、
完璧にできなくてもいいんだ、と気付きました。

緊張を度合いは、自分で設けてしまった、
ハードルの高さが引き起こしていたようです。

知人に、以前言われた言葉を思い出しました。
「失敗しても、死にはしないよ!」と。

その通り!!

緊張には先回り

緊張することは、当たり前。
私の場合、緊張することが前提の、策でした。

資料を丸暗記して、説明しようとすると、
更に緊張してしまいます。

スラスラと喋ることはできない、そう思って、
あらかじめ、カンペを作りました。

特に、多くの人前での、挨拶などをする場合は、
当日までに、何回か読む練習をしました。

役員退任の挨拶では、人前で話すのもこれが最後、
と、思いっきり自分のハードルを下げてから、
話し始めました。

「人前で話す事が苦手なので、
紙を読み上げます事を、お許し下さいね。」と。

目の前の人々の表情が、少し和らぎ、迎え入れる
雰囲気になったのを、今でも覚えています。

緊張したらどうする?

それでも、緊張します!
そんな時は、深呼吸です!

息を吐くのに5秒吸うのに5秒の呼吸を、
3分ほどやってみましょう。

自分の出番になる前の、あの嫌な緊張と動悸が
少しずつ治まってきますよ。

この時、なるべく緊張のことを考えないで
深呼吸に集中してみましょう。

リラックスすると、副交感神経が活性化されて、
緊張もほぐれてきますよ。

人前での緊張
 

しかし、どうしても動悸が止まらなくなる、
パニックになりそうに混乱する、など

症状が治まらない場合は、病院で受診してみましょう。
投薬や対処療法など、あなたにとって適切な治療を
施してくれますよ。

 

完璧でミスのない発表は、確かに素晴らしいです。

しかし相手は、発表でのミスのことを、
あなたが考えているほど、気にしていませんよ。

聴衆の評価は意識しすぎず、己の伝えたいことを
発表してみましょう!


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す