乾燥した部屋には濡れタオル!効果的な干し方とは?

空気の乾燥が気になる時期になると、喉と鼻のケアには気を使いますね。

我が家でも、喉の乾燥は大敵だと言う合唱部に所属する娘と、アレルギーで鼻がいつもムズムズ、乾燥が原因で鼻の中に不快な症状が出る息子がいます。乾燥する時期は、風邪をひきやすいこともあるので注意が必要です。

最近、空気が少し乾燥しているなと肌で感じるようになってきて、いよいよ加湿器を出そうかなと押し入れから取り出した訳ですが、長年使ってきた加湿器だけに何だか調子悪い・・・。替え時を騙し騙しで使っていたのが、遂に故障してしまいました。

すぐには買いには行けないし、娘ののことを考えるともうすぐソロパートのオーディションがあるから、部屋の乾燥対策を考えないといけない!

そういえば、濡れタオルを下げておくと加湿できると聞いたことがありますが、本当に効果があるのでしょうか?

早急に調べてみましたよ!

スポンサーリンク



本当に濡れタオルで部屋の乾燥対策になる?

部屋の乾燥対策として、濡れタオルを干しておくと加湿器代わりになる、と聞いたことがありますよね。でも、実際のところはどうなんでしょう?

実は、濡れタオルを干すと部屋の湿度は上がるので、部屋の乾燥対策として濡れタオルを干すこととは、効果があると言えるんですよ。

濡れタオルから蒸発する

60cm×120㎝の一般的なサイズのバスタオルを水が垂れないぐらいに絞った状態にすると、約500gの水分を含ませることができると言われています。

例えば、室温22℃で湿度45%の20畳の部屋だと、部屋の湿度を55%までつまり10%上昇させるには、約160gの水分が必要になります。数字的に考えれば、先程の水を含んだバスタオルの水分500gのうちの1/3ほどが蒸発すれば、湿気を10%向上させることができることになります。

しかし、エアコンの使用や暖房など部屋の条件の違いもあるため、一概には同じ結果になることはありませんが、濡れタオルを干しておくこと自体は乾燥対策には効果があると言ってよい、と言えるんですよ。

では、効果的に部屋の乾燥対策をするためには濡れタオルをどのように干すと良いのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク



バスタオル2枚程度を干してみる

部屋の広さが大体8畳だとしたら、乾燥対策に干す濡れタオルは何枚あればいいのでしょうか?部屋の条件や気温にもよるので、ズバリ何枚!とは言い難いのですが、まずはバスタオル2枚程度を干してみて様子を見てみるといいですよ。

また、夜寝る時に乾燥が気になる時には、自分の近くに濡れタオルを干した方が効果的です。さらに効果を高めたいなら、扇風機の風で部屋の空気を循環させると濡れタオルが乾きやすくなり、湿度の上昇の速度を早めてくれますよ。

しかし、毎日同じタオルと繰り返し濡らして使うのは好ましくありません。濡れタオルとして使うと雑菌が繁殖しやすいので、タオルは清潔なものを使いましょうね。

まとめ

なるほど、夜のうちに部屋に干しておいた洗濯物がほとんど乾いていた経験をしたことがありますが、乾燥した部屋では濡れたものの水分が空気中に奪われているんですよね。

そうやって考えると、そんな乾いた環境なら寝ている間に喉が痛くなるのも当たり前です。実は今日も、そんなにおしゃべりしているはずじゃないのに喉が痛いような違和感と、がすぐに乾燥してきます。

これは、私が感じる空気が乾燥しているサインです。空気が乾燥している時には、濡れタオルを使えば簡単に部屋を加湿することができますね。早速やってみようと思います。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪