超簡単な顔のイラスト!描き方のコツって?

最近は、新聞などでも、子供向けの紙面、
というのを、しばしば目にします。

他の紙面と違い、写真やイラストを多用し、
色もカラフルで、目を引く内容になっています。

イラストというのは、目に直接的に飛び込んでくるので、
何かを伝えたい時には、とても有効なツールです。

でも、イラスト、特に人の顔なんて、描こうと思ったら、
かなり練習しないと…。

そんなことありません!
ちょっとしたコツで、簡単に描けるものなのです。

スポンサーリンク

○が描ければ顔は描ける!?

私は絵心が無いから…と思い込んでいる人は、
必要以上に、絵を描くことを敬遠します。

でも、どんなに絵を描くのが苦手でも、
○(まる)なら描けそうな気がしませんか?

この○(まる)を描くのが、顔のイラストを描く、
第一歩なのです。

あとは、顔のパーツを描き入れるだけ。
顔のパーツとは、言わずもがな、
目・鼻・口、です。

顔のイラスト
 

いかがでしょう。
この3つが揃っていれば、に見えますよね。
なんなら、鼻も無くても大丈夫です。

重要なのは、目と口です。
この目と口のバリエーションで、様々な表情を、
描くことができます。

顔のイラスト
 

丸と線だけで、笑い顔や困り顔、怒り顔や、
何か良からぬことを企む顔まで、自由自在

あまり難しく考えずに、○の中に色々描いてみましょう!
そのうちに、こう描いたらこんな表情に見える、という、
自分なりの発見が、できるはずです。

スポンサーリンク

ちょっと上級!顔の向きを変えてみる

正面の顔を描くことに慣れてきたら、
今度は、色々な顔の向きの描き方に、
チャレンジしてみましょう。

その際に必要なのが、
丸の中にアタリ(補助線)を入れる
ということです。

顔のイラストを描く時、慣れない人ほど、
下書きをせずに描きます。

より上手く、人の顔を描こうと思うなら、
下書きは必須です。

顔が上手に描けない原因の一つに、目や口などの、
顔のパーツのバランスが、取れていないことが、
挙げられます。

下書きで、アタリを入れておくことによって、
バランスを崩さずに、パーツを描き入れることが、
できます。

顔のイラスト
 

このアタリを、入れる位置を変えることで、
顔の向きを表現できます。

顔のイラスト
 

あとは、輪郭や目や鼻、髪の毛を描き入れると、
可愛いイラスト風の顔や、アニメ風の顔も、
描くことができます。

顔のイラスト
 

大人になったら、絵を描く機会なんて無いしな~。
そう思っているアナタ、子供が生まれたら、
格段に絵を描く機会が増えます

いつどこで、披露する機会が来るか分かりませんが、
顔のイラストの描き方、覚えておいて損はありませんよ!


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す