お弁当の保温機能!おかずも温めておいて大丈夫?

ほぼ毎日、高校生の娘に持たせているお弁当、冬場はできるだけ温かいおかずの方が美味しいですよね。冷めてしまってカチカチのごはんって、やっぱり食が進みません・・・。

そう思って、保温機能の付いているお弁当を買ってみようと思ったのですが、冬場はお弁当を暖かくしておくメリットは大きいですよね。でも、夏場に温かいまま保温したお弁当って、おかずが傷んでしまいそうです。

お弁当を保温しておいても、オールシーズン食中毒の心配はないのでしょうか?衛生上どうなのか、お弁当の保温について調べてみました。

スポンサーリンク



お弁当が腐りやすい状態とは?

まずは、一般的にお弁当作りで食中毒を防ぐために気を付けなければならないことから見てみましょう。

お弁当が腐りやすくなる条件で一番いけない状態とは、最近が付着しているお弁当を温度35℃前後で2~3時間置いておくだけで、あっという間に悪くなります。だから、お弁当におかずやご飯を詰める時にはよく冷ましておいてから、と言われているんですよ。

また、お弁当に保冷剤を入れておいて、お昼までに外気温に影響されてお弁当の温度が高くならないように保冷しておくのも、細菌の繁殖を抑える重要なポイントになるんですね。

では、保温機能の付いたお弁当だと温度を高く保つことが強みな訳ですが、もしおかずに細菌が付着していたら一体どうなっちゃうんでしょう?

スポンサーリンク



保温機能付きのお弁当の保温性能とは?

と、その前に、保温機能付きのお弁当はどれぐらいの性能を持っているのかというと、保温弁当箱の中でも有名メーカー「サーモス」を例にしてみましょう。サーモスのお弁当箱は、ポットなどの保温機能として使われているステンレス魔法ビンの構造なので、温度の変化させにくい性能があります。

ごはん用のお弁当箱の場合、保温効力は大体6時間です。付属の保温ケースに入れて持ち歩いていれば、大体53℃以上の温度を保つことが可能と言われています。

ごはんとおかず、スープを保温機能のある筒形のケースにいれるタイプのお弁当箱の場合には、6時間の保温効力があり68℃以上をキープできるものもあります。傷みやすいおかずのケースは、一番上に収納して常温で温度をキープできるようになっています。

実際にはどうなの?

とはいえ、6時間後の温度が60℃以上というデータであっても、これはメーカーの実験として95℃の熱湯を容器に満たし、室温20℃という条件下で行ったものです。実際には、炊きたてのごはんが90℃以上あるのですが、保温され時間が経つうちに温度は下がっていきます。

保温機能のあるお弁当でも、6時間のうちに30℃近く温度が下がってしまうということになると、炊飯器に保温されたご飯は大体60~70℃なので、お昼に食べる頃には30~40℃ということになります。

そうなると、細菌の繁殖にはうってつけの温度となってしまうんですね。では、どうしたら、食中毒の心配のない温かいご飯が食べられるのでしょう。

お弁当の保温のためのポイント!

保温機能のあるお弁当箱を最大限に活かすためには、こんなポイントを押さえておくと温かくても食中毒の心配のないおかずやご飯が食べられますよ。

容器は予熱しておく

保温効果を高めるために、容器を予熱しておきます。方法は、魔法ビンの保温ケースと容器に熱湯を注ぎ1分ほど置きます。熱湯を捨てたら、容器などの水分を良く拭き取ります。

この余熱の手間一つで、保温温度が5℃も違うんですよ。

ご飯は炊きたてを入れる

お弁当には炊きたてのご飯を入れるようにします。炊きたてのご飯の温度は、90℃以上になります。

昨日炊いて保温しておいたご飯や、冷凍ご飯を解凍したもの、チャーハンなどは傷みやすいので、保温しておくことはリスクがあるので、できるだけ炊きたてのご飯をお弁当に詰めましょう。

おかずは冷ましてから詰める

保温効果のあるお弁当箱の場合、おかずに関しては保温しないようになっているものが多いんです。というのも、おかずは傷みやすいので35℃にならないように、お弁当を詰める時から気を配ることが大切になります。

おかずは、よく冷ましてからお弁当箱に詰めると細菌の繁殖を抑えることができます。まずは、おかずを作って冷まして置いてから詰め、ご飯やスープはお弁当を持ち出す時間近くに熱々を入れると、効果的ですね。

まとめ

やっぱり、おかずに関しては1年中基本に忠実に、よく冷ましてからお弁当箱に詰めることが傷まないための近道なんですね。おかずが冷めていても、ご飯が温かければ幸せです。

でも、うちの子供たちはお弁当が冷めていて美味しくない、などは言わないので作り手としては助かってます。が、しかし、今まで炊きたてのご飯をお弁当に入れた方がいいことを知らずに、冷凍ご飯をチンして入れたこともありました。

実は、チャーハンを入れて腐りかけの手前のこともありました。いけませんね、これからは、率先して炊きたてのご飯を入れるように心がけたいと思います。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪