知っておきたい雛人形の飾り方!関東と関西の違いとは?

女の子がいるご家庭では、ひな祭りに雛人形の飾り付けをしている方も多いと思いますが、飾り方には関東と関西で違いがあるので注意しないといけません。娘さんたちにもぜひ教えてあげて、日本の風習を伝えてみませんか。

スポンサーリンク



雛人形の飾り方、関東と関西で違う理由は?

まず、なぜ関東と関西(京都など一部の地域)で雛人形の飾り方に違いがあるのでしょうか。

関東のスタイルを『関東雛』、関西のうち主に京都で飾られる雛人形を『京雛』と呼ぶのですが、飾り方や雛人形の違いがあるのは、関東雛が江戸時代の大名行列に由来としていることに対して、京雛は公家の祝い事を意識しているからと説明されています。

内裏雛の飾り方、関東と関西では順番が逆?

雛人形の飾り方で最もわかりやすい違いが、上から一段目の内裏雛(だいりびな)の並べ方です。ここは間違えないように注意をしておきましょう。

【関東】

左:女雛、右:男雛

【関西】

左:男雛、左:女雛

なぜ飾り方が逆かというと、本来の並びが関西の京雛なのですが、男雛が座る左が上座です。では関東雛が右側を上座としているかというと、海外の習慣に影響を受けたからです。これは大正天皇が皇后と並んで写真を撮られたときに、右が上座という外国の習慣を取り入れたのが元となっているそうです。

スポンサーリンク



他の段の雛人形に関東と関西の違いはある?

他の雛人形にも違いがあるので、確認しておきましょう。ここでの○段目は雛人形本来の七段飾で上から何段目かを指します。

三段目『三人官女』の並べ方

三段目に並べるのがひなまつりでの童謡でも有名な『三人官女』です。ここで注目するのは手に持っている道具です。飾り方をみてみましょう。

《関東》

左から『加銚子(くわえのちょうし)』→『盃(さかずき)』→『長柄銚子(ながえのちょうし)』の順番

《関西》

左から『加銚子』→『島台(しまだい)』→『長柄銚子』の順番

名前だけではピンとこない道具もあるので説明すると、『加銚子』は鍋に似た道具で『長柄銚子』にお酒を注ぎます。『長柄銚子』は長い持ち手のついた『ひしゃく』のような道具で、『盃』にお酒を注ぐための道具です。お酒を注文するときに「おちょうし一本!」という言葉を聞いたことはありませんか?あれは徳利を意味するものではなく、この『長柄銚子』を指す言葉なのです。

関西の京雛の場合は、『盃』の代わりに、『島台(しまだい)』と呼ばれる宮中の婚礼のときの縁起物を持っています。なお関東雛でも、『盃』の場合とは別に『三宝(さんぽう)』という盃をおく台を持っている場合があるようです。

五段目『仕丁(しちょう)』

七段飾りの場合、五段目に並ぶ三体の男性の雛人形を『仕丁』と呼びます。『仕丁』とは貴族のお世話係のことです。
ここでも持ち物が関東と関西で違いがあります。

【関東】

左から『台傘(だいがさ』→『沓台(くつだい)』→『立傘(たちがさ)』の順番

【関西】

左から熊手(くまで)』『ちりとり』『箒(ほうき)』の順番

関東の『仕丁』が大名行列での持ち物で対して関西の京雛では宮中のしきたりに習ったものを持っています。

雛人形の飾り方 まとめ

最近の雛人形は三段飾や五段飾が主流で、『仕丁』は省略されることがほとんどで、『三人官女』も場合によっては飾られないこともありますが、昔ながらの七段雛をお持ちの方は他の飾りについても、確認が必要です。最低限、内裏雛の飾り方の順番は覚えておくといいでしょう。あとは、お住まいの場所で確認しておきましょう。京都など関西に住んでいるのであれば、京雛の飾り方で、それ以外であれば関東雛の順番で飾りましょう。

また、各雛人形のメーカーも毎年新しい雛人形のセットを販売しています。初節句として新しく購入する場合は、あらかじめ店員さんに飾り方を確認しておくといいでしょう。

女の子の成長を祝うひな祭り。雛人形の飾り方などいろいろな決まり事があったり、地域によって風習が違ったりしますが、その理由も楽しみながら子どもたちと一緒に準備をするのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪