りんごは皮の色によって何か違いはあるの?!

実家からおいしそうなりんごが送られてきました。毎年、知り合いの農家さんからいただくのでそのおすそ分けです。

りんごは栄養を手軽に取る事ができる優秀な果物です。そのまま食べるのはもちろんですが、ジャムパイにしてもおいしいですよね。

そんなりんごですが、品種もたくさんあります。品種が違うと味や食感も違うのはわかるのですが、皮の色が違うのは何か意味があるのでしょうか?りんごの皮の色は赤色が多いですが、黄色や緑色に近い色のりんごもありますよね。

送られてきたりんごも赤と黄色、両方入っています。気になってしまったので、皮の色によって何か違いはあるのかを調べて見る事にしました。

スポンサーリンク



皮の色が違う理由

りんごの色は?と聞かれると大抵の人は「赤」と答えると思います。有名な品種の「ふじ」「つがる」などは赤が多いです。新しい品種になると黄色いりんごがありますね。「シナノゴールド」「黄王」などがそうですね。

緑色に近い黄色は青りんごとして有名な「おうりん」があります。このように品種によって赤以外の色のりんごがあるのはどうしてなのでしょうか?理由は色素が関係しているそうです。色別に紹介しますね。

赤いりんご

赤い色の色素はアントシアニンと呼ばれるものです。アントシアニンの量を増やすには農家さんの管理が重要になってきます。まず、一番大変なのはりんごの表面にまんべんなく日に当てなければいけません。

アントシアニンという色素は日に当たると増えるそうです。日に当てなければいけないため、葉や枝を落とさなければならず、作業も重労働です。赤色が薄い箇所があれば日に当たるように向きを変える事も必要で、とにかく大変との事です。

他にもいくつか条件があります。温度管理や肥料のやり方など細かな管理の元、赤いりんごが出来るのですね。

スポンサーリンク



黄色いりんご

黄色いりんごも最近ではスーパーでよく見かけるようになりましたね。黄色いリンゴは日によく当ててアントシアニンが増える前のりんごの事だそうです。

日光管理が楽になる分、黄色いりんごを栽培する農家さんが増えているそうです。労働力からするとかなり違うのではないでしょうか。

青りんご

ちなみに青りんごと呼ばれている黄緑色のりんごはどうなのでしょうか。青りんごもほとんど黄色いりんごと同じです。熟すと赤くなるりんごを熟す前に収穫してしまうので黄緑色をしています。

青りんごがさっぱりとしたイメージなのは、熟す前で酸味がありそうだからかもしれませんね。

違うのは色だけ?

皮の色が違う理由はわかりましたが、味や栄養面では何か違いがあるのか調べて見ました。


赤りんごの品種は本当にたくさんあります。品種によって味や食感は同じ赤りんごでも違ってきます。とても有名な品種の「ふじ」は少し酸味があります。「ジョナゴールド」は甘いのが特徴です。

黄色いリンゴはどうでしょうか?赤りんごより酸味が強いイメージがあります。黄色いリンゴの代表品種「おうりん」は甘いのですが、後味のさっぱりとした酸味もあるのが特徴です。青りんごとも呼ばれていますね。

含まれている栄養素

赤りんごも黄色いりんごも栄養分は実はほとんど同じだそうです。主な栄養素はポリフェノール、カリウム、ビタミンA・C、ペクチンです。これはどちらにも含まれています。

ただ、黄色いりんごの方が少し多く含まれている栄養素があるのです。「プロシアニジン」という栄養素で、これはポリフェノールの一種です。赤りんごにももちろん含まれていますが、日に当てる時間が長いとプロシアニジンはアントシアニンに変化します。

日に当てる時間が短い黄色りんごはアントシアニンに変化する前に収穫しますから、プロシアニジンの量が多くなるのですね。プロシアニジンの栄養効果にはコレステロール値を下げる働きや、抗がん作用もあると言われています。

まとめ

最近では、スーパーでも黄色いりんごが多く並ぶようになりましたね。農家さん事情もあるのだと思いますが、黄色いりんごでも甘くておいしい品種があるというのが一般的に広まってきたからかもしれませんね。

私もスーパーでりんごを買う時は、赤と黄色、両方買っています。蜜がたっぷり入っていて甘い赤りんごももちろん好きですけど、すっきりした味の黄色いりんごもおいしいですよね。

皮の色が違う理由もわかりすっきりしたところで、今日の晩ご飯後には黄色いりんごをデザートで食べたいと思います!みなさんも、ぜひ食べ比べてみて下さい!

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪