高校生のお年玉の相場は?親戚(甥・姪)にいくら渡してる?

お正月が近づいてくると、帰省などで親戚の子どもたちにあげることになる『お年玉』。自分がもらう立場でうれしいイベントでしたが、 あげる側になると、いくらあげるべきか毎年悩みのタネなんです。

特に小さかった甥っ子や姪っ子も高校生くらいにもなると、お年玉が少ない額では、がっかりさせてしまうのでは? 進学したから増やすべきかな?と気を使ってしまいます。

そこで、今の高校生がどのくらいお年玉をもらっているのか相場を調べてみました。

スポンサーリンク



【お年玉の相場】今の子どもたちはいくらもらってる?

さて、今の子どもたちのお年玉の相場はどれくらいなのでしょうか。 アンケート調査結果をみてみましょう。

  • 未就学(幼稚園・保育園)   1,000円
  • 小学生(小学1年生~3年生) 1,000円~3,000円
  • 小学生(小学4年生~6年生) 3,000円~5,000円
  • 中学生            5,000円~10,000円
  • 高校生            5,000円~10,000円
  • 大学生            10,000円

問題の高校生の相場ですが、高校生への金額は5,000円~10,000円のようです。 しかし、この結果からだいたいの金額はわかりましたが、 まだ、幅が広いように思います。 家計に余裕があればいいですが、もう少し狭めたいところです。

高校生は誰から、いくらお年玉をもらってる?

そこで、視点を変え、高校生の子供との関係性で分けてみましょう。 誰へ、いくらあげているかに注目します。

スポンサーリンク



親が自分のにあげたお年玉の金額

  • 10,000円~30,000円  35%
  • 5,000円~10,000円   47%
  • 3,000円~5,000円    16%
  • 3,000円未満         2%

親戚(甥・姪・いとこ)へあげたお年玉の金額

  • 10,000~30,000円  22%
  • 5,000~10,000円   45%
  • 3,000~5,000円    26%
  • 3,000未満          7%

この結果をみると、やはり5,000円~10,000円が多い結果になりました。
でも、自分の子供へ親戚(甥・姪・いとこ)へのお年玉額を比べると、3,000円~5,000円の範囲が増えています。

これから考えるとこの中間の5,000円が、 一般的に親戚(甥・姪・いとこ)へあげるお年玉の相場のボーダーラインにできそうです。

高校生にお年玉は必要か?

相場を調べていくうちに、「高校生にはお年玉をあげない」という意見の人も いることがわかってきました。

高校生を持つ家庭へのアンケートでは、 62%の親が自分の子供にあげたと答えている一方で、 92%が「親戚・祖父母」からもらったと答えています。 高校生になったら子供にお年玉はあげない、 という方針のご家庭も多いみたいです。

とはいえ、急に甥っ子や姪っ子に今年からお年玉をあげません、というのも 親戚付き合いを考えると、気が引けてしまいそうです。

お年玉の相場【まとめ】

高校生の甥っ子や姪っ子にあげるお年玉の相場は、 5,000円を基準に、多くても10,000円が上限だと見えてきました。

高校生にもなると、交友関係も広がり、出費も増えるので、 大きい金額をあげた方が、もちろん喜ばれることでしょう。

あとは、相場を参考に、そのご両親と事前に相談おくといいかもしれません。みんなで金額を揃える、今年からはお年玉は必要ないなど、一定の決まりがあれば、お互いのストレスも減らせることができます。

親戚が多いご家庭の場合、もらった額にがあって、 「あの人からは、3万円もらったけど、この人からは5,000円しかもらえなかった」などと、 かわいい甥っ子たちに比較されるのも嫌ですからね。

相場はあくまでもお年玉をあげる基準として、 親戚との年に一度の付き合いを、大切にするように心がけましょう。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪