手紙の書き方、拝啓と敬具どう使う?

仕事でお世話になった方に、ちょっとした贈りものを送ろうと思います。
品物だけ送るのもどうかと思い、挨拶状を認めようと筆を取りましたが、普段書きなれていないので、四苦八苦。

ビジネスでもeメールが日常的な連絡ツールになって久しいこの頃。
けれどケースによっては、もう少しきちんと手紙でコミュニケーションをとりたいものです。

この機会にきちんとビジネスマナーを押さえた手紙の書き方を知っておこうと思い、調べてみました。

スポンサーリンク

手紙の構成

手紙には一定の構成があります。これを押さえておけば体裁が整います。

  • 前文
  • 頭語(拝啓・前略・拝復など)から書き始めて、そのあとに時候の挨拶、祝福の挨拶、感謝の言葉などを続ける、書き出しの文章です。

    <例文>
    拝啓 初夏の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
    平素は何かとお引き立ていただき厚くお礼申しあげます

    時候の挨拶は季節に合ったものを選ばないと無粋になります。季節ごとの時候の挨拶を紹介するサイトを参考にするとよいでしょう。
    http://www.nengasyotyuu.com/bunrei/zikou/

  • 主文
  • 手紙の本題を書く文章になります。「さて」や「このたびは」などの起こし言葉から始めるとスムーズです。

  • 末文
  • 今後の厚誼をお願いする文や、先方の健康をお祈りする文などの結びの挨拶結語を添えます。

  • 後付け
  • 「いつ」「誰が」「誰宛てに」書いた手紙なのか、示すのが後付けです。改まった手紙では、年月日を入れます。慶事などで「吉日」と書くこともあります。
    最後に結語で締めくくります。

スポンサーリンク

頭語と結語

人に会ったときには、必ず挨拶を交わします。挨拶はコミュニケーションの入り口。気持ちの良い挨拶は、する人もされる人も気分の良いものです。顔の見えない手紙のやり取りでも同じこと。始めに挨拶をされるのとされないのとでは、印象が違いますね。

手紙の書き始めによく使われる「拝啓」「謹啓」「前略」といった言葉は、頭語(とうご)と呼ばれます。頭語は、手紙の初めに来る「こんにちは」や「ごめんください」に当たる挨拶の言葉です。

また、最後に来る「敬具」などは結語(けつご)と呼ばれ、「さようなら」「それではまた」に当たる言葉です。

頭語と結語は、この挨拶を簡潔にした言葉に当たります。このため、手紙の始まりと終わりにこれらの言葉が用いられるようになったと言われています。

頭語と結語には、一般的な組み合わせがあります

一般的な手紙の場合

最もよく使われる組み合わせが、「拝啓(はいけい)/敬具(けいぐ)」です。

頭語にはこのほかに、拝呈(はいてい)、啓上(けいじょう)など、結語には、敬白(けいはく)、拝具(はいぐ)なども用いますが、組み合わせは自由です。

また、主に差出人が女性の場合に、「一筆申し上げます/かしこ」という組み合わせを用いることもあります。

「かしこ」は女性が使用する結語です。どの頭語にも組み合わせることができますが、女性らしさが強調されてしまうため、ビジネスシーンでは使用を控えた方がよいかもしれません。

丁寧な手紙の場合

「謹啓(きんけい)/謹言(きんげん)」の組み合わせが使われます。

このほかに、物を贈るときに用いられる「謹呈(きんてい)」や、「恭啓(きょうけい)」などの頭語、「謹白(きんぱく)」、「敬白(けいはく)」などの結語があります。

また、主に差出人が女性の場合に、「謹んで申し上げます」という頭語を使うことがあります。この場合の結語も「かしこ」になります。

前文を省略する手紙の場合

親しい人への手紙、またはお詫びやお見舞いの手紙などで、前文を省略する場合があります。この場合は、「前略(ぜんりゃく)/草々(そうそう)」という組み合わせを用います。

また、「冠省(かんしょう)」、「前文お許しください」、「前略失礼いたします」といった頭語、結語に「不一(ふいつ)」を使用することもあります。

「草々(そうそう)」、「不一(ふいつ)」といった結語には、簡略に対するお詫びする意味があります。

急用の手紙の場合

急用を伝える手紙には、「急啓(きゅうけい)/草々(そうそう)」の組み合わせを使います。

このほか、頭語に「急呈(きゅうてい)」、「急白(きゅうびゃく)」、結語に「不一(ふいつ)」、「不備(ふび)」を使います。

返信の手紙の場合

いただいた手紙の返信には、「拝復(はいふく)/敬具(けいぐ)」を使います。

こほのか、頭語に「復啓(ふくけい)」、「謹復(きんぷく)」、結語に「拝答(はいとう)」、「敬答(けいとう)」といった言葉が使われます。

最後に

手紙を書くのはハードルが高いように感じますが、意識して調べてみれば書き方のヒントがたくさん見つかることが分かりました。

色々勉強になりましたが、頭語と結語はあくまでも手紙のマナービジネスメールには使いませんので、注意が必要です。メールにはメールのマナーがあるようです。

手紙には、メールとは違う温度があります。上手に使って大人のコミュニケーションを楽しみたいですね。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す