ガス代!シャワー とお風呂ならどちらがお得なの?

最近、高校生の娘の部活の定期演奏会が差し迫ってきて、練習に明け暮れた毎日を送っています。帰宅時間も21:00ぐらいになることもあって、今一番忙しいんじゃないかと思うほどです。

とはいえ、帰宅したらまずは空腹を満たしたいし、ちょっと一息つきたいし、勉強もしなくちゃいけないし・・・。と、ついついそのまま眠気に負けてお風呂に入らずに翌朝シャワーを慌てて浴びることもあります。

夜お風呂に入ってくれれば、ガス代も無駄にならなくて助かるんですけど、娘に「夜のうちにお風呂に入っておいてね」と言っても、「はいはい」と言って聞き流されているのも承知ですが、気になりますよね・・・ガス代。

本当のところ、シャワーとお風呂だったらどちらがガス代が経済的なのか、この機会に調べてみましたよ。

スポンサーリンク

シャワーとお風呂はどちらが経済的なのか?

シャワーだとササっと済ませられると思って手軽で経済的なのかな、とも思えるのですが、シャワーを使うとガス代と水道代がかかります。もちろん、お風呂にお湯を溜めることも同じことですが、シャワーの場合はどんどんお湯が流れていってしまうため、お湯の量などの実感がいまいち沸きませんよね。

シャワーを使った時に、どれだけのお湯やガスが消費されているのか見当がつくと、自分の生活ではどちらがお得なのか知ることができますよね。では、詳しく見ていきましょう。

シャワーとお風呂での水量の違いとは?

まずは、シャワーとお風呂で水を使った場合にはどれぐらいの量と時間を費やすものなのかというと、水道の水圧にもよりますが、

一般的な浴槽に200リットルのお湯を張ると、16分~20分ほどかかる
→ シャワーは1分間に約12リットルほどの水が出るので、大体17分シャワーを使用した時の水量とほぼ同じ

ちなみに、シャワーって一人で普通に使った時にどれぐらいの時間がかかるのかというと、体や頭を洗っている時はシャワーを止めて慌てずにいつも通りに使ってみて、大体4分半~5分ぐらいとなります。

キャンプ場などにあるコイン式のシャワーは、5分100円とか6分200円など値段はまちまちですが、そんなに短い時間でシャワーを済ますことなんてできないよ、と思いつつも体を洗う時にはシャワーを止めるため、1人で使った時には十分すぎて時間が余るほどです。

スポンサーリンク

シャワー3.4人分≒お風呂の水量

そう考えると、単に浴槽にお湯を張る時間が17分なら、大体3.4人分のシャワーとお風呂の水道代は同じぐらいと言うことになりますね。

とはいえ、3人以上がシャワーを使ったら、お風呂よりも水道代がお得なのかと言うことになる訳でもなく、体や頭を洗うために浴槽のお湯から持ち出す
こともあるため、結局お湯を足すこととなります。

結論から言って、水道代としてはシャワーもお風呂もそんなに変わりがないということになります。しかし、ガス代ではどんな違いが出てくるのでしょうか?次は、ガス代に注目していきましょうね。

シャワーのガス代っていくらかかるの?

シャワーを使うとどれだけのお湯が必要になるのか、先程も述べたよう1分間で12リットルなので1人分5分として60リットルのお湯を使うことになります。シャワーの温度を適温に上げるためにガスを使って温める訳ですが、一般的な都市ガスでのガスボイラーで常温の水道水を40℃に温めるのには、

1分間で、約5.8円のガス代がかかる

と言われています。

一般的にシャワーを浴びる時間を1人5分とすると、

  • 1人分 約5.8円/分×5分=約29円
  • 2人分 10分で約58円
  • 3人分 15分で約87円
  • 4人分 20分で約116円

では、お風呂の場合にはどれぐらいガス代がかかっているのでしょう?

お風呂の場合のガス代は?

一般的にお風呂に入る場合には、200リットルの水を17分ほどかけて浴槽に溜めています。先と同じように40℃の温度に温めてお湯を張る場合には、ガス代は1分間に約5.8円かかります。

となると、

200リットルのお湯を溜めるためには、ガス代は約5.8円×17分=約98.6円かかる

ということになります。

しかし、お風呂の場合は家族が複数いる場合には全員が続けて入浴する訳ではありませんよね。夕方に入る人もいれば、深夜に入る人もいる家庭の場合、追い炊きをしなければなりません。

お風呂のお湯の温度は、フタをしていたとしても2時間で1.5℃ほどは下がると言われています。例えば、気温が25℃で38.5℃から40℃に200リットルのお湯を温める場合にかかるガス代とは、約4.7円と言われています。

1日のうちに1回の追い炊きをしてお風呂に入ると、約98円+約4.7円=約102.8円、2回の追い炊きでは約107.6円のガス代がかかることになります。

結論から言うと・・・

自動保温機能や足し湯などせずに、単純にお風呂に入る場合のガス代とは約98円となります。追い炊きを2回したとしても、約107.6円です。

シャワーの場合は、3人分なら約87円で4人分なら約116円なので、シャワーを4人分使うとお風呂にお湯を溜めて入るよりも高くつくことになります。反対に、3人までのシャワーならお風呂に入るよりお得だということになりますね。

まとめ

我が家の場合、昨晩のお湯を朝風呂のために追い炊きしたとしたら、25℃ほどの温度から40℃まで水温を上げることになります。単純に考えて、15℃温度を上げるためには、1.5℃上げるために約4.7円かかっていたのでその10倍のガス代と考えてみます。

翌朝に追い炊きしたら、ガス代は約47円かかることになります。ここで、1人分のシャワーのガス代のことを思い出してみます。約29円ですよね。つまり、1人がシャワーに入るぐらいなら追い炊きしてお風呂に入るより経済的と言えますよね。

苦肉の策ですが、どうしても朝に入浴しなければいけないのならシャワーにしておくとお得なんですね。調べてよかったです♪


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す