ムートンブーツの手入れって?簡単方法教えちゃいます!

『可愛さアップっ!』するための、
女の子必須アイテム、ムートンブーツ!!

でも、いざお手入れっ!
となると、『大変そう』とか、思うことありませんか?

  • シワやシミがつく
  • 嫌な臭いが染み付く
  • 形が崩れる

 

そうなってしまう前に、日ごろの簡単な、お手入れ方法をご紹介。

スポンサーリンク

ムートンブーツって?

こんな感じのブーツ。

ムートンブーツの手入れって?簡単方法教えちゃいます!
 

軽くて、暖かく、色もバリエーションがあって、
パンツスタイルでも、フェミニンな感じでも、
何にでも、あわせやすいのが、特色です。
 

1) 購入時のお手入れ

でも、雨には弱い
なので、防水スプレーを一緒に購入し、
履く前に、かけておくのがいいでしょう。

それでも、濡れてしまったら…
乾いたタオルで、叩くように、拭いて
ください。
 

2) ブーツキーパーで型崩れ防止

よく、靴屋さんとかの、片隅に、『シューズキーパー』
コーナーが、設けられているお店を、見かけます。

もちろん、こちらを購入して、使うのもいいのですが、
どうせなら、自分専用のものを、手作りしてみませんか?
 

3) 消臭剤

こちらも、普通に購入できますが、先ほどの、防水スプレー同様、
物によって、布地を痛めたり、シミになることもあるので、
購入する際は、十分気をつけてください。
 

この後、消臭・乾燥をプラスした、
手作りシューズキーパーを、ご紹介します。

スポンサーリンク

手作り(シューズキーパー&消臭乾燥材)

1) 材料

  • 500mlの空ペットボトル
  • 靴下(あればニーソックス)
  • 消臭・乾燥剤(竹炭・シリカゲルなど)
  • 穴を開ける道具(キリ・カッター・ドライバーなど)
  • 古新聞紙
  • ゴム
  • リボン・シュシュなど

2) 作り方

まずは、ペットボトルの、空を2本
基本これだけで、キーパーになりますが、
味気ないので、ちょっとアレンジ

ニーソックスのつま先に、新聞紙を丸めたものを、詰め込み、
ペットボトル(炭酸飲料ものだと、結構丈夫です)を入れ、
口の部分を、ゴムやリボンで、縛れば出来上がりです。

また、ペットボトルに、小さい穴を開け、シリカゲル(お菓子や、
海苔の袋に、入っている、『たべられません』、と書かれたやつ)や、
小さめの、竹炭などを入れれば、消臭・乾燥にもなりますよ。

キーパーとして、使わないときは、
靴箱に入れておくだけで、可愛い消臭・乾燥剤になりますね。

ムートンブーツの手入れって?簡単方法教えちゃいます!2
 

【注意事項】
穴を開ける際、キリなどを、火で炙ると、簡単に開けられますが、
火傷など、怪我に十分注意してください。

そうそう、ソックスを履かせなくても、ボトルに絵を描いたり
口の部分に、可愛いリボンやシュシュなどを
つけるだけでもOK。

ムートンブーツの手入れって?簡単方法教えちゃいます!3
 

以上、簡単なお手入れ方法と、手作りキットのご紹介、
レッツ、トライですっ!


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す