インスタント食品の害と添加物豆知識、レトルト食品編

簡単に料理が作れるのでついつい利用してしまうインスタント食品。調理時間が短く長期保存ができて便利ですね。私はインスタント食品の中では、レトルトのそうざいの素やカレーなどをよく購入します。

インスタント食品の中で、カップラーメンの添加物や容器からの害の話はよく聞きますが、レトルト食品はどうなのでしょうか?長期保存できるということは、保存料や添加物の使用からの害も心配ですね。

そこで、この記事ではインスタント食品の種類の一つであるレトルト食品について添加物や健康への害についてまとめてみました。

スポンサーリンク

そもそもレトルト食品とはどんなもの?保存料が使われている?

瓶詰め、缶詰と同じ原理でレトルトパウチという容器に柔らかなパウチ袋を使ったものがレトルト食品とのことです。レトルト食品の袋には長期保存のため加圧加熱殺菌と書いてありますね。

この長期保存の技術の始まりは、フランスのナポレオンの時代であるそうです。当時発明されたという瓶詰め技術がそれです。食品を瓶に詰めて蓋をして密封したものを湯煎をして瓶全体の温度をあげて殺菌するというものです。

瓶詰め、缶詰、レトルトパウチ袋と容器の種類は変わっていますが、同じ技術で長期保存が可能になる食品なので保存料は使われていません。加圧加熱殺菌というのは、加熱によってパウチ袋が膨張してしまうから加圧加熱という方法をとっているからとのことです。

そもそも保存料は、細菌の増殖を抑制するものということなので、加熱殺菌という方法が取られているインスタント食品には使用されていないのですね。

瓶詰めの佃煮やジャムを作ったことがありますが、瓶に詰めてふたをしたあと、湯煎していました。レトルト食品は、瓶詰めや缶詰と同じ考え方で作られたものでした。保存料が使われていない、ということで少し安心しました。

スポンサーリンク

レトルト食品に使われやすい添加物と害

保存料は使われていなかったのですが、他にも使われやすい害のある添加物を調べてみました。最近のレトルト食品では、有害な添加物を不使用と明記してあるものも見かけます。

すべてのレトルト食品で使われているわけではないのですが、レトルト食品使われやすい添加物はどんなものなのでしょうか。そして、害としてはどんなことがあるのでしょうか。

日本には食品衛生法という法律があり、使用できる食品添加物と量は規制されているので、健康被害について神経質に感じる必要はないのですが、知識として知っておきたいので、 よく表示で見る3つの添加物についてその目的と害について調べてみました。

  • カラメル色素
  • 着色料は、食品に色をつける目的の添加物です。天然素材によるものと、科学的に作られたものがあり、そのうちカラメル色素は天然素材のものなので安心
    と思われ、多く使われている添加物の一つです。

    すべてではないのですが、製造過程で使われることがある化学物質に発がん性が確認されていて最近は問 題になっているそうです。レトルトのカレーや牛丼などにも使われています。
     

  • 増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)
  • でんぷんには、米、ジャガイモ、とうもろこし、豆、小麦、葛、カタクリなどの天然のでんぷんと、天然のでんぷんに化学物質を加えた加工でんぷんがあります。

    目的は、食品にとろみや粘り気を与える、固形のものと液体のものを均一に混ぜる、食品をゼリー状に固めるということです。

    加工でんぷんがレトルト食品などに使用されやすい理由は、冷凍や解凍による劣化を防ぐため化学物質を加えた加工でんぷんを使用するということでした。

    気になる人体への健康被害は、加工デンプンとしか表示されていないため、天然のでんぷんの種類がわからないことです。

    種類によってアレルギー症状を起こす危険があるので注意が必要です。

  • 調味料(アミノ酸等)
  • 調味料に、アミノ酸等と書かれたものは、アミノ酸の含有量が多いけれど、他の複数の調味料が含まれたもの、ということでした。うまみ調味料と言われるグルタミン酸ナトリウムもその一つで、グルタミン酸ナトリウムそのものが調味料(アミノ酸等)と表示されることも多いとのことです。

    食材にうまみを加える目的で使われるものですが、この添加物も発がん性の危険があるという話をよく聞きます。調味料として、よく見かける表示です。

    3つとも、普段購入しているレトルト食品でよく見かける添加物でした。知らないということは怖いことですね。添加物として決められた量があるのでそこまで真剣に考える必要はないのかもしれませんが、避けるに越したことはないです。レトルト食品を購入する際は、原材料名の表示をしっかりと確認したいと思います。

    まとめ

    インスタント食品のうち、普段よく購入しているレトルト食品の添加物や健康への害はないか、ということをまとめてみました。加工でんぷんの項目でアレルギーのことを書きましたが、最近の食品にはきちんと含まれるアレルギー物質が表示されていますね。

    今まで、あまり商品の裏面の表示を気にせずに購入していたので、今度からはしっかりと見て購入したいと思います。


     
    スポンサーリンク

    こんな記事も読まれてるよ!

    コメントを残す