窓の結露解決!プチプチが効果的

冬になると面倒な作業がひとつ増えます。
窓に出来る結露の処理

朝起きると窓はびしょびしょ。
結露のために窓が濡れると、ゴムパッキンにカビが生えて劣化したり、床面のフローリング材が腐食したり、困ったことになってしまいます。

朝の忙しい時間に毎日窓拭きは相当面倒なもの。
何とかならないものでしょうか。

スポンサーリンク

結露ってどうして出来る?

結露は湿気と温度差によって発生します。

空気中に蓄えることの出来る水分の量は限られています。空気の温度が上がるほどたくさんの水分を蓄えることが出来、温度が下がれば抱えきれない水分を放出します。

冬に暖房で暖められた室内の空気と、冷えた外の空気に挟まれた窓。外気で冷えた窓に接した空気は温度を下げ、水滴となって水分を放出します。このため、窓にはたくさんの結露が発生します。

それでは、どうすれば結露を防ぐことができるでしょうか。

結露を防ぐには?

結露を防ぐ方法として、次のような対策があります。

こまめに換気する

換気することで、室内の湿気を含んだ空気を追い出すことができます。こまめに行うことで、結露を発生しにくい環境にします。

スポンサーリンク

暖房の調整

室内と外気の温度差が大きくならないように、室内の温度を上げ過ぎないことも大事です。必要以上に暖房を効かせるのは控えましょう。また、窓の近くに暖房器具を置くことで、窓を冷やさないようにすることも効果的です。

断熱

窓を断熱することで、部屋の暖かさを逃さず外の冷気も伝えにくい状況を作ります。一重窓で外気に触れやすい場合は、二重窓や断熱窓に替えることで大幅に改善されます。賃貸住宅などでリフォームが難しい場合は、断熱効果のあるカーテンや、市販の断熱シートも効果的です。

結露対策のプチプチとは

窓専用の断熱シートが色々市販されています。
結露対策のみならず、部屋の暖かさが逃がさない保温効果もあるため、暖房費の節約にもつながります。

断熱シートの厚みによって、保温性は変わります。厚ければ厚いほど保温性に長けますが、厚手のものは光を通しにくくなります。保温を一番に考える場合は厚みのあるものが適していますが、明かりを取り入れたい場合には薄手のものの方が適しています。

プチプチという通称で呼ばれる梱包用のエアパッキンシートに、断熱の効果があることが知られています。プチプチの部分にある空気の層で、二重窓に似た効果をもたらします。これによく似た結露対策シートも市販されています。見た目は梱包用の商品と似ていますが、実は少し違います。

緩衝材のプチプチシートは片面にシートがありますが、断熱シートは両面のシートにプチプチが挟まれるようになっています。両面にシートがあるために空気の層が広くなり、一段と断熱効果が高くなっています。このタイプの商品には、片面に粘着シートが付いていて簡単に貼れるようになっているものもあります。

プチプチ断熱のメリット、デメリット

メリットとしては、何と言ってもコストが安いことが挙げられます。
断熱シートとして販売されているプチプチシートでも、だいたい1000円程度で購入することが出来ます。緩衝材を使用した場合は更に安価になります。

また、断熱効果以外にも、外からの目隠しになるという効果もあります。透明なので、目隠しになっても室内に外の明るさを入れることが出来ます

一方、デメリットとしては、見た目の悪さを気にする方もいらっしゃいます。人目につくリビングなどに使用するのは抵抗がある場合もあるようですが、簡単にはがせるものなので、状況に応じて使用することもできます。

断熱効果があるため、太陽光の熱も断熱します。冬の寒い日にお日さまの暖かさを感じたいという場合には、デメリットになってしまいます。冷気は下に溜まるので、この場合は窓の下の方だけに断熱シートを貼るという方法もあります。

さいごに

我が家でも早速プチプチ断熱シートを試してみました。
隙間なくキレイに貼ることで、思ったほど見た目は悪くないようです。

結露の発生メカニズムとその対処方法を知ることで、だいぶ改善できたようです。

放置しておくと家族の健康にも家にもダメージを及ぼすことになる結露。きちんと対処していきたいですね。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す