観葉植物の水やりの頻度!冬場の目安はコレ♪

去年、知人から頂いたオレンジの豪華な花を咲かせる「クンシラン」を冬越しさせるためにリビングに置いて育てています。花だけでなく葉もきれいな植物なので大事にしています。

このクンシランをきっかけに、他の葉のきれいな観葉植物にも興味が出てきて、オリヅルランやモンステラなども購入してリビングでグリーンを楽しんでいます。ただ、観葉植物に関してはそんなに詳しくないので、ちゃんと管理できているのか少し不安になることもあります。

というのも、リビングで育てていたブーゲンビリヤの鉢植えが、冬の間にみるみる葉が変色してきて落葉してきているんです。水やりの方法が間違ってたのかな・・・。

冬の間の観葉植物の水やりの頻度ってどれぐらい?この機会にしっかりと調べてみましたよ。

スポンサーリンク

観葉植物が元気に育つには?

観葉植物の多くのものは、気候が一年間暖かい熱帯地域の植物です。四季のある日本で観葉植物を元気に育てるには、少し工夫をしなければなりません。

観葉植物が元気に育つためには、いくつかの「加減」が必要になるんですよ。

  • 日当たり
  • 水やり
  • 温度
  • 風通し

植物がみんな日光が大好きだとは限りません。観葉植物の中には、直射日光が苦手なものや日光ではなく蛍光灯の光で十分元気に育つものもあります。温度管理も然りで、種類によっては10℃以上の温度でないと弱ってしまうものや、0℃までは耐寒性のあるものもあります。

種類によって条件の加減が必要な観葉植物ですが、水やりに関しては大体が共通しています。観葉植物の水やりの鉄則は、土が乾いたらたっぷりと水やりをして、その際に受け皿には水を残さないようにすることなんです。

観葉植物にとって、水切れと根腐れは致命傷になります。特に、冬場の水やりの加減を知らないでいると根腐れの原因になってしまうんです。では、冬の水やりはどれぐらいの頻度で行うのが適切なのでしょうか?

詳しく見ていきましょうね。

スポンサーリンク

観葉植物は冬に休眠する

観葉植物は熱帯性の植物なので、温度の低い冬の間は成長を止めて休眠状態になっているんです。とはいえ、根は生きて呼吸をしています。まったく水分を吸い上げない、ということではありません。

けれど、ぐんぐん成長する春夏に比べると、冬場の観葉植物が水分を吸い上げる量は格段に減っています。水やりの頻度を間違えてしまうと、土が常に湿っている状態になり根が呼吸できなくなってしまいますよ。

冬の時期は、そのほかの時期よりも水やりの頻度をコントロールしないと、根腐れする原因になってしまうんですね。

冬の水やりの頻度とは?

観葉植物の水やりの基本の目安は、どれぐらいの頻度でというよりも「1年通して条件としては同じ」ということを頭に入れておきましょう。

土が乾いていてばかりでは枯れてしまうのでダメ、湿ってばかりだと根腐れを起こすのでダメ。つまり、土は乾いている状態と湿っている状態を繰り返していることがポイントなんですよ。

はっきり言ってしまうと、水やりの目安とは、鉢の土が乾いてきたら水やりをするということになります。でも、このタイミングが難しいから、多くの人が水やりの頻度に悩んでしまうんですよね。

でも、土の乾燥を見極めて水やりのタイミングをつかむのは、コツを抑えると簡単なんです。

水やりの見極めポイント

鉢の土の中に人差し指を差し入れてみて、土の中が乾燥していることがわかる状態まで水やりしなくてもいいです。少々不安になりますが、冬場は水の吸い上げも鈍くなっているので、このぐらいがちょうどいいんですよ。

また、部屋の状態によっても、一見乾燥具合は違います。鉢に水をたっぷりとあげた状態でも、直射日光がガンガン当たるような場所や暖房がかけっぱなしで湿度の低い場所だと、2日ほどでの土の表面は乾燥してしまいますが、指を入れてみると湿っていることがあります。

水やりのコツは、土の内部の乾燥具合を実感してからおこなうことがポイントなんですよ。

水やりはたっぷりと

そして、水やりをする時には、鉢の土全体に水が行き渡るようにたっぷりと水やりします。鉢の底から水が出るぐらいの量を水やりすることで、土の表面だけでなく土の深部の乾燥に対してもしっかりと水分を与え、水切れを防ぐことができるんですよ。

また、水やりの役割は乾燥を癒すためだけではなく、土の中に溜まったガスを押し出す意味合いもあります。観葉植物の根が呼吸することで、土の中には不要なガスが溜まっています。水やりは土をリフレッシュする大切な役割があるんですね。

そして、水やりした後には鉢の受皿に溜まった水をしっかりと捨てておくことを忘れずに。受け皿の水が根腐れの一因になることもあるので、注意ですよ。

まとめ

観葉植物の水やりのタイミングが掴めなかったり、水やりをつい忘れてしまったなど、枯れたり根腐れしてしまう原因になってしまいがちです。

そういえば、ブーゲンビリヤは水やりを怠ったのと、日光不足であることがわかりました。たまには日当たりのいい場所にゆっくりと置くんだったな、と反省しました。

他の観葉植物たちは、今のところは青々とした葉を保っています。私の場合、思い出した頃に水やりをしていたほどでしたが、この調子でも根腐れ防止になって案外いいのかなと思っています。

とはいえ、土の状態を観察するのは季節に関係なく必要なことで、観葉植物の水やりのタイミングを計るには大事なことなんですね。これからは気にかけてみようと思います。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す