職場の上司は恋愛対象になる?世間はこう見てる!

私は、今まで職場の上司を恋愛対象として見たことは一度もありません。というよりも、上司がとても年上だったことがほとんどだったため、尊敬することはあっても恋愛感情になることはありませんでした。

しかし時に、仕事ができて頼りがいのある上司を好きになってしまう人もいますよね。私の職場の後輩も、私の同期で彼女にしたら直属の上司を好きになってしまった、と相談されたんです。

職場恋愛が禁止な訳でもないし、相手が既婚者でもないのだから、好きになっても別にいいのだけれど・・・職場でって色々とやりにくくないかなと思ってしまうんです。

そうは言っても、上司側だってどう思っているんでしょう?職場での上司部下の関係では、恋愛対象に発展する可能性ってあるんでしょうか?

何だか私の周りが騒がしくなりそうなので、世の中の職場の恋愛事情について調べてみましたよ。

スポンサーリンク

職場の上司は恋愛対象になる?

世の中には、職場の上司を恋愛対象だと考えている人ってどれぐらいいるのでしょうか?

「マイナビウーマン」が2016年に22歳~39歳の働く男女272人にアンケートした結果だと、

  • 上司が恋愛対象になると答えた人は、
    女性の場合は42.4%
    男性の場合は47.0%
  • 上司が恋愛対象にならないと答えた人は、
    女性の場合は57.6%
    男性の場合は53.0%

という結果になりました。世の中の半数以上の人は、職場の上司が恋愛対象にならないと考えていることがわかります。でも、恋愛対象になる人との割合は、そんなに差がある訳ではありませんよね。

職場で働くことや上司との関係について、世の中ではどのような恋愛観があるのか、詳しく見てみましょうね。

スポンサーリンク

女性と男性の恋愛観の違い

職場の上司を恋愛対象としてみる人の恋愛観とは、男女ともに「魅力ある人であれば、立場や年齢は関係ない」という意見の人がほとんどなんです。男性でも、女性の上司で年上でも関係なく恋愛対象として見る人も多いのが現状です。

しかし、上司を恋愛対象として考えていない人にはこんな意見もあります。

女性は職場での関係を気にする

女性の場合、職場の上司を恋愛対象として見ない理由に、

  • 職場での恋愛は、上司部下など関係なくやりにくいから
  • 上司が仕事のミスをした時に恋愛感情が冷めてしまいそうだから
  • 仮に上司から恋愛感情の目で見られていると、気まずいから

女性は、職場で上司を目の前にしてどう立ち振る舞うかなど、職場でのことを気にする傾向にあります。もしも、付き合って別れた後の気まずさなどを前もって回避する思考が働くのでしょうか。

一方男性はどう考えているのでしょうか。

男性はプライベートでの関係を気にする

男性の場合は、仕事上の付き合い方よりもプライベートでの間柄を考えて、職場の上司との恋愛関係を気にすることが多いようです。

  • 職場で上司と部下の関係だと、プライベートでも影響しそうだから
  • プライベートでも気を使いそうだから
  • 仕事での嫌な部分を見たくないから

男性は、プライベートで仕事を持ち込んでリラックスできないのは苦痛なようです。また、男女ともに職場やプライベートの関係性を気にして上司を恋愛対象としては考えないのは、別れた後のことも考えて、ということもあるのでしょう。

しかし、上司側としては部下に対してどのような恋愛観を持っているのでしょうか。今度は上司の立場から、部下は恋愛対象になっているのかを見ていきましょう。

上司は部下が恋愛対象なの?

上司も人です。部下を恋愛対象として考えることもあり得ますよね。人として魅力的であれば、やはり部下であっても好きになってしまう時もあります。

「マイナビウーマン」のアンケートによると、

  • 部下を恋愛対象として見る人は33.2%
  • 部下を恋愛対象として見ない人が40.8%
  • 部下がいたことがない人が26.1%

という結果になっています。

しかし、最初は部下として接しているが、部下の人間性を知るうちに異性として好きになってしまった、ということもあります。上司に好意を抱いている人にとっては、望みがある話ですよね。

まとめ

職場に信頼や尊敬の感情はあっても、恋愛感情は持ち込まない、と徹底している人も中にはいます。

私の場合は、職場の上司が恋愛対象になるということすらを考えたことがありませんでした。そういう目で上司を見たことがなかったです。

しかし、職場の上司との恋愛は気を使って大変そうです。交際が順調な時は良いですが、ケンカしている時など考えただけでも公私に渡り、ストレスがたまりそうですよね。感情の波が仕事にも影響しそうです。

好きになる気持ちは止められないのかもしれませんが、その後のことをよく考えたいものですよね。 


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す