メールのマナーいろいろ!お葬式の場合は?

先日、仕事中に係長さんが、何やらシリアスな顔つきで、話しかけてきました。なんでも、取引先であるA商事の課長さんのおばあさんが、お亡くなりになったらしいのです。

その日はその課長さんと打ち合わせの予定があったらしいのですが、お葬式と重なったため、日程を変更してほしい、とメール連絡があったんだとか。

「こういう場合って、どうすればいいんでしょうねえ・・・?そのままお悔やみの言葉を返信しても、いいもんなんでしょうか?」

えっ?そんなこと私に聞かれても・・・。私も初めてのケースなので、なんとも答えようがありません。

でも・・・プライベートならまだしも、仕事上のお付き合いで、メールのお悔やみなんて、マナーに反しないのかしら・・・?そんなわけで、係長さんと一緒に、その点について調べてみることにしました。

スポンサーリンク

メールを使うメリット、デメリット

インターネットが急速に普及、拡大するにつれて、それに付随するツールもどんどん便利で身近になっています。

その中でも特に、メール機能はいまやプライベートでもビジネスでも、なくてはならないツール

利点はやはり、用件をすぐに伝えられること、そして、相手がそれを確認する時間を選べる、ということに尽きます。電話のスピーディーさと、手紙の融通性を、両方兼ね備えている点が最大のメリットです。

一方、欠点といえば、手軽すぎる、ということでしょうか。特にラインなどの簡潔なやり取りに慣れてしまうと、時には素っ気なくぶっきらぼうな文章を書いてしまいがちです。

特に今回のような、お葬式に際してお悔やみの気持ちを述べる、ということになると、普段のノリでは通用しない、ということを頭に入れておかなければなりません。

スポンサーリンク

お悔やみ状の注意点

メールお悔やみを送っても大丈夫なのは、相当親しい友人知人、もしくは仕事上のお付き合いの2点に限ります。

ただし、どんなケースであれ、メールはあくまで略式の対応である、と考えておきましょう。葬式には参列せずとも、後に正式なお悔やみ状を送っておくのが、本来のマナーです。

また、お悔やみを述べるのですから、仕事上のお付き合いは言うまでもありませんが、親しい間柄でも、相応のマナーを守らなければなりません。以下に具体的な注意点を挙げてみます。

  • 忌み言葉は使わない
  • 返す返す」や「繰り返し」などの重ね言葉は、不幸ごとが重なる、という意味につながるため、タブーです。また「」は「」を、「」は「」を連想させるため、これも避けてください。

  • 故人の名称に気を付ける
  • お母さん」は「ご母堂様」、「お父さん」は「ご尊父様」など、故人を表す名称は正式なものを使ってください。

  • 件名は明確に
  • タイトルになる件名は「大変だったね」「大丈夫?」など、いつものノリで書くことは避け、お悔やみ状であることがわかるように「お悔み申し上げます」と記しましょう。

  • 絵文字やカッコ文字は禁止
  • 親しい間柄だったとしても、お悔やみの場合に絵文字を入れたり、 (泣)などのカッコ文字は、不謹慎です。慎みましょう。

お悔やみメールの文例

以上のマナーを踏まえたうえで、簡単な文例を各ケースについて挙げてみます。気を付けるべきポイントも付記しておきます。

友人に送る場合

  • 件名
  • お悔やみ申し上げます(〇子より)

  • 内容
  • この度は●●様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげます。さぞお力落としのことと思いますが、どうぞお体には気を付けて。また私でお力になれることがありましたら、いつでも連絡をくださいね。心よりご冥福をお祈りいたします

  • ポイント
  • できれば相手を気遣う言葉を入れておきましょう。掛ける言葉は、その人との親密さの度合いで考えればいいと思います。

仕事関係の場合

  • 件名
  • お悔やみ申し上げます(〇〇会社・鈴木)

  • 内容
  • この度は●●様の訃報に接し、衷心より哀悼の意を表します。私事都合により、ご葬儀にお伺いすることはできませんが、故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。略儀ではありますが、取り急ぎメールにてお悔やみの言葉を述べさせていただきます。

  • ポイント
  • 件名には、必ずどこの会社(社内なら部署)の誰からお悔やみであるかを、明確にしておきましょう。

おわりに

さて、初めてのケースに戸惑う私と係長さん、ウンウン唸りながらも、なんとか二人でお悔やみメールの体裁を整えて、送信完了

その際、NTTの弔電文例は、かなり参考になりました。決まり文句や、結びの言葉など、普段は馴染みのない、独特の言い回しがありますからねえ。

それにしても、今は情報がすぐに入ってくる、すごい世の中になっているんだな、と改めて実感です。お葬式の日取りもすぐに伝わり、お悔やみもすぐに述べられる。とってもスピーディーです。

ただ、その速度に慣れてしまって、心からの言葉をかけることがおざなりになってしまうのでは・・・と思ったりもしました。お悔やみはやはり、故人を偲ぶ気持ちを持つこと、これが一番大事ですよね。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す