顔が似てる夫婦、何か理由があるの?

私の友人に、顔がよく似たご夫婦がいます。

顔の作りというよりも仕草や表情がよく似てるんですが、そのうち顔の作りそのものまで似てるような気がしてくるから不思議です。お父さんとお母さんが似ているせいか、その子どもたちもまたそっくり。一家全員判で押したように同じ顔に見えて、ちょっとクスッと笑ってしまいます。

DAIGOさんと北川景子さん、野村克也さんと沙知代さん、田辺誠一さんと大塚寧々さん。そういえば夫婦でよく似ている人たちって、芸能界でも割とよく見かけますよね。

似てる夫婦って何か理由があるのでしょうか?

スポンサーリンク

自分に似ているものに好感を持つ?

フランスのある大学の研究で、「男性は自分と顔が似ている女性を好きになる」という結果を得たものがあるそうです。人間は遺伝子レベルで自分を残そうとするため、本能で自分とよく似たパートナーを探しているんだそうです。

また、自分と似たものに安心感を覚えるために、顔が似ている同士が夫婦になるということも。人は初めて見た異性に似ている相手を好きになるという説も。つまり自分の父親、もしくは母親のような人に対して、安心感を覚えることから惹かれるわけです。

となると必然的に自分にも似ているわけで、おのずとカップル同士も似ているということになります。

パートナーだけではなく、実はペットにも同じことが言えるようです。ペットを飼うとき、飼い主が何となく自分に似た子に縁を感じて、家族として迎えるいうことがあるのです。そういえば飼い主とよく似たワンちゃんを散歩させてる人を見かけますよね。

だんだん似てくる?

好意を持っている人の仕草や表情、しゃべり方を真似ることは誰にもよくあります。好意を持っている夫婦が長い時間を一緒に過ごすうちに、表情や雰囲気が似てくるのもこれと同じ。

人は似た行動をする人を見方と認識するため、心理学でミラーリング効果(同調効果)と呼ばれるこの行動は、逆に相手に好感をもってもらうためのテクニックとして、意識的に使われることもあります。

一緒に生活するので、食生活や生活習慣が同じなのも、夫婦が似てくる一因と考えられます。同じものを食べたり同じことに笑ったり泣いたり、一緒に生活していれば自然と表情や雰囲気が似てくるのは至極当然かもしれません。

夫婦や家族だけでなく、仲の良い友人や同僚も一緒に時間を過ごすことで似てくるもの。部署ごとにカラーがあったりするのもそのせいです。「類は友を呼ぶ」「朱に交われば赤くなる」と言いますが、元気な人といれば元気になるし、魅力的な人と過ごせば自然と色々吸収できるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

さいごに

夫婦が似てくるのは、結局はお互いの個性を尊重しているということ。好感を持っているから真似るわけで、一緒に居ても相手に興味が無ければ真似ることもありません。

「おしどり夫婦は似ている」とも聞きます。
顔だけでなく、お互いの色んな個性を認め合った結果なのかもしれませんね。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す