シャンプーしても臭い!洗い方を変えて軽減する方法とは?

髪の毛を毎日洗わないと、なんだか頭がモヤモヤして気持ちが悪く感じます。シャンプーをせずに整髪料や汚れが髪に付いたまま寝るのは、ベタベタして絶対に嫌なんです。

毎日シャンプーをして、清潔な頭皮を心掛けたいと思っているのですが、ふとした時に感じる自分の頭皮の臭いにガッカリする時もあります。

きっと前の晩、シャンプーするのが手抜きだったからかな?とも思うのですが、いつも頭皮の臭いが残っているのかと思うと何かすっきりしません。

私のシャンプーのやり方って間違ってるのかな?頭皮の臭いをすっきり落として、臭わせない洗い方を調べてみましたよ。

スポンサーリンク

頭皮が臭くなるのはナゼ?

そもそも頭皮が臭くなる原因とは何があるのでしょう?臭いの原因がわかれば、シャンプーでの洗い方のヒントにもなりますよね。

どんな原因で頭皮が臭くなるのか見ていきましょうね。

皮脂の酸化

実は、頭皮は、脂っぽいというイメージで化粧崩れしやすい部分である、顔の額から鼻にかける「Tゾーン」よりも、皮脂腺が2倍多い部分になるんです。

過剰に分泌されてしまうようになった頭皮の皮脂は、時間が経つにつれて酸化していきます。酸化した皮脂には、頭皮に常在している菌によって分解され、ノネナールという物質を作り出します。

このノネナールは、加齢臭の原因物質でもあるんですよ。加齢臭は、加齢によるホルモンバランスの乱れと新陳代謝の衰えによって、皮脂が過剰に分泌され酸化を増長させることが原因です。

しかし、若い人でも頭皮の臭いが気になることもありますよね。私の知り合いの美容師さん曰く、「どんなきれいな女性でも、頭皮は臭うもの。」という話をされたことも。

加齢以外で、過剰に皮脂が分泌されるようになる原因には生活習慣が原因の場合もありますよ。

スポンサーリンク

生活習慣が頭皮に関係している

頭皮の皮脂成分には、普段の生活習慣や食生活に影響されています。生活リズムが不規則だったり、栄養バランスの乱れた食生活をしていると、脂質やアンモニア成分の含まれた皮脂が分泌されるようになります。

脂質とアンモニアは、頭皮の常在菌の大好物です。その結果、せっせとノネナールを作り出すようになるため、頭皮の臭いが悪化してしまう原因になってしまうんですね。

シャンプーが適切でない

頭皮を清潔にしたいがために、洗浄能力の強すぎるシャンプーを使っていると、頭皮の乾燥につながります。乾燥した頭皮は、皮膚を守ろうとする働きをするため過剰に皮脂を分泌させようとします。

清潔にしようとするあまりに、皮脂を全て取り去ってしまうのも頭皮の臭いを発生させる原因になりますよ。

では、どんな洗い方をすれば、過剰に皮脂を取り去らなくて臭いの元にならないようにシャンプーができるのでしょうか?詳しく見ていきましょうね。

臭い対策の正しいシャンプーの仕方

洗い方を正しく変えてみると、頭皮の臭いが軽減しますよ。では、手順を見ていきましょう。

1.ぬるま湯のシャワーで予洗い

髪の毛をブラシでとかしておきます。髪の毛の絡みを無理なく解いて、シャンプーする時に指に引っかからないようにするためと、髪の毛に付いた埃や汚れを取るためです。

しかし、整髪料で髪の毛が固まっている場合には、髪の毛が傷んでしまうので無理にブラシを入れなくてもいいですよ。

シャワーの温度を38℃~40℃にして、シャワーだけで髪の毛と頭皮を予洗いします。時間にして1分以上かけて予洗いしますが、頭皮と髪の汚れや皮脂を洗い流すためと、シャンプーの泡立ちがよくする目的もあります。

2.シャンプーはよく泡立てる

シャンプーは頭につける前に、手の平でよく泡立てておきます。よく泡立ったシャンプーを爪を立てずに指先の腹を使って、頭皮と髪を揉むようにして洗います。

髪の生え際や襟足、特に耳の後ろ側は臭いが出やすい部分なので、丁寧に洗っておきます。

3.すすぎは丁寧に

シャンプーで頭皮や髪を十分洗ったら、シャワーですすぎます。頭皮のシャンプーもよく洗い流すようにしっかりシャワーを当てていきましょうね。

毛穴にシャンプーの洗い残しがあると、臭いの原因にもなります。シャンプーした時間の2倍の時間をかけて洗い流しましょう。

4.トリートメントは頭皮に付けない!

髪に栄養を与え、キューティクルを整えるためにトリートメントを使いましょう。

髪の余分な水分を取り、トリートメントを頭皮には付けないよう毛先中心に付けていきます。頭皮に付いたトリートメントは、毛穴を詰まらせたり頭皮の油分が過剰になる原因になります。

トリートメントを付け、時間をおいて髪に浸透してからシャワーで洗い流します。頭皮にはトリートメントが残らないようにすすぎましょうね。

5.しっかりと乾かす

洗い終わった髪をそのままにしておかずに、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。特に頭皮にドライヤーの風を当てるようにして乾かしていきます。

生乾きの髪は、菌が繁殖しやすい状態です。しっかりと頭皮を乾かしておきましょうね。

まとめ

頭皮の臭い対策には、シャンプーでの洗い方が重要なんですね。髪の毛を洗うのが面倒になってしまった日には、髪を洗うことだけに目が行ってしまいがちで、頭皮を簡単にしか洗っていませんでした。

シャンプーの前に、シャワーを頭にササっとかけることは今までにもしていましたが、それはシャンプーを泡立てずに頭にのせて泡立てるためでした。ほとんどが間違った洗い方をしていたことに気が付き、改善点が多いことに驚きました。

これからは、予洗いと泡立て、頭皮をよく洗うこととドライヤーでよく乾かすことを気にしてみたいと思いました。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す