お肉の冷凍する場合の保存期間はいつまで?!

我が家には県外の大学に行っている息子と、高校3年生になる娘がいます。少しでも、電気代を削る為に、冷蔵庫スカスカに、冷凍庫ぎっしりと詰めています。見た目にも解りやすく、取り出しやすい様に日付を記入してタグ付けしたり、こまごましたものはケースに入れています。買い物をした後は、その日と次の日のお弁当、夕飯用以外は冷凍しています。

野菜は色々な形に切って、生のまま下ゆでをしたりして冷凍しています。肉や魚下味をつけて焼くだけの状態にしたり、自由に味付けできるようにそのまま冷凍したり、調理済みを冷凍したりと色々なバリエーションでしています。大体は2週間くらいで使い切ってしまうのですが、冷凍する場合保存期間はいつまでなのだろうと、ふと気になり調べて見ました。

スポンサーリンク

お肉を冷凍保存をする時の注意点は?!

冷凍庫は満杯にする方が、電気代がお得になる事はご存じの方も多いと思います。ではお肉を冷凍保存する時はどんな事に注意したら良いのでしょうか?そんな疑問点を解決します。

  • 新鮮な状態で冷凍する

  • 買い物をしてすぐに冷凍するのは、面倒だと思います。しかし何日も冷蔵保存をしてから冷凍すると、新鮮さがなくなってしまうので、面倒でも買ってすぐに冷凍する方が良いです。なるべく新鮮な状態で冷凍しましょう。

  • 小さく、薄くする

  • お肉が分厚かったり、大きい塊の場合は、冷凍するのも解凍するにも時間がかかります。ステーキ肉や切り身のお肉は重ならないように、一枚ずつ冷凍します。モモ肉や胸肉などは、カットします。挽肉は平らにします。

  • 空気にふれない
  • 品質を保つために、なるべく空気にふれない様に冷凍します。まず先程小さくカットなどをしたお肉をクッキングペーパーで、水分をとって小分けにします。それを空気を逃す様にラップで包みます。さらにジプロックなどの袋に入れます。ジプロックにお肉の種類と、日付を記入すれは、料理をする時に便利です。

  • 金属トレイにのせて冷凍する

  • 金属トレイの上にのせる事により、早く冷凍する事が出来ます。急速冷凍をすると、品質の良い状態うまみ成分の流出を防ぐ事が出来ます。この方法で冷凍すれば、急速冷凍機能がない冷蔵庫でも急速冷凍が出来ます。最近の冷蔵庫はすぐに冷凍される「急速冷凍」機能がある冷蔵庫があるので、急速冷凍機能がある方は利用しましょう。

  • 調理をしてから冷凍する
  • 調理をする事により保存期間をのばす事が出来ます。調理をすると約1週間から2週間程保温期間を延ばす事が出来ます。

スポンサーリンク

お肉を冷凍する場合の保存期間はいつまで?!

冷凍をすると細菌の繁殖を抑える事が出来ます。お肉を冷凍保存する時の保存期間は、約1ケ月くらいです。それ以上すると脂肪やタンパク質が酸化してしまうので、美味しくなくなってしまいます。

長期冷凍保存をすると冷凍ヤケをおこしてしまいます。冷凍ヤケはお肉の水分が抜けて、冷凍庫独特の匂いがお肉に映って美味しくなくなってしまいます。冷凍保存の期間はお肉の種類によって変わります

  • 牛肉
  • 挽肉(2週間から3週間)
    薄切り肉、ステーキ肉(3週間)
    塊肉(4週間)

  • 鶏肉
  • 挽肉(1週間から2週間)
    胸肉、モモ肉、ささみ(2週間から3週間)
    塊肉(3週間から4週間)

  • 豚肉
  • 挽肉(2週間)
    薄切り肉(2週間から3週間)
    塊肉(4週間)

今後お肉を冷凍する時の参考にして下さい。

最後に

私は食費を抑える為に、安い時に買って冷凍しています。なるべく早く使い切るように、冷蔵庫や冷凍庫に材料が無くなってから、買い物に行くようにしてしています。以前から保存期間が気になっていました。お肉それぞれの保存期間が解ると、今後からはこれを目安に使っていけるのでとても便利です。

いつの物か解らなくなってしまうので、面倒ですが、ジプロックに日付や調理した物は、調理方法記載する事をおすすめします。少しの手間で廃棄を防いで効率の良い料理をしたいですね。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す