両親に旅行をプレゼントしたい!でも交通費はどうするの?

職場での昼休み、同僚Sがスマホで、熱心に温泉サイトをチェックしています。温泉に行くの?と聞いてみると…。

「私じゃなくてね。両親に温泉旅行をプレゼントしよう思ってさ」

おお!なんと親孝行な!でもどこがいいのか、決めかねているんだそうです。直接ご両親に聞いてみたら?と言うと、サプライズ的にしたいから、それじゃあね…と渋い返事。

金額がわからないように、なおかつ、場所や日程を、本人たちの意向に沿うように、プロデュースしてあげたいんだけど…何かいい方法ない?」

いい方法ねえ…。そこで、私も一緒にスマホで検索してみることに。

スポンサーリンク



旅行をプレゼントする方法

同僚Sのリクエストは、

  • できるだけ両親が行きたい場所にしたい
  • かかった金額はわからないようにしたい
  • 代金はすべて負担したい
  • できればサプライズプレゼント的にしたい

ちょっと待って!ハードル高すぎるよ~。でもまあ、とりえあえず、いろいろな方法を探って、以下の3点に絞ってみました。

直接プロデュース

一番わかりやすい方法です。両親に直接、行きたい場所と都合のいい日程を確認します。あとは宿の手配とそこまでの切符を手配するだけです。

代理店にプランを組んでもらうか、ネットの宿泊パックに申し込んでもOK。代金前払いで金額もバレませんし、宿泊費交通費も相手にいっさい負担がかかりません。

ネックは、サプライズな贈り物にできないことと、贈る側にいろいろ手間ヒマがかかってしまうこと。あと、確認の段階で、相手に遠慮されて成立しない、なんてことも考えられます。

スポンサーリンク



旅行券を贈る

両親に、これぐらいのグレードの旅行をしてもらいたい、と思う額の分を旅行用の金券にして贈ります。オススメのツアーパンフレットなどを添えると、なおいいかも。

とにかく旅行にしか使えない券なので、必ずどこかへ出かけてもらえますし、行先や日程を自由に選んでもらえます。また有効期限が決まっていないため、本当に都合のいい、気の向いたときに使ってもらえるのも、大きなメリットです。

ただ、金額がバッチリ相手にわかってしまうのと、申し込み時に代理店に出向かなければならないため、貰った側に負担がかかってしまうのが難点ですね。

体験型カタログギフトを贈る

これはなかなかのスグレものです。カタログギフトというと、結婚式の引き出物によく使われますが、体験型とはその品物が旅行やグルメになっているもの。旅行会社オススメの温泉宿や老舗旅館レストランでの食事などが選べるようになっています。

一番有名なのが、JTBのエグゼタイムですが、他にもリンベルソウ・エクスペリエンスなど、いろいろなものがありますので、中身を比較してみるのもいいかも。

ちなみにエグゼタイムの価格帯は2万円~10万円と幅広く、希望のグレードに沿ったプランを選んで贈ることができます。また、内容もバラエティに富んでいて、温泉地やリゾート地など、さまざまニーズに対応しているのも嬉しいところ。

申し込みは、選んだ宿泊先を同封のハガキに記入して送付するとクーポンが返送されてきますので、あとは都合のいい日を決めて、クーポンに掲載されている予約窓口に電話するだけ。貰った側も簡単、お手軽です。

かかった金額もバレず、両親の行きたい場所を選んでもらえて、なおかつサプライズ的な要素も満たしてくれる。ほぼ理想的と言えるプレゼントなのですが…ただ、ここでもやはり問題点が!

まず、カタログギフトには有効期限があること。だいたい半年間という期限が多いようです。その間に宿泊先を決めてしまわなければなりません。のんびり選んでいるうちに、いつの間にか期限切れ、ということも考えられないでもありません。

もうひとつは、交通費が含まれていないこと。宿は予約できても、そこに至る往復の交通費は自己負担になってしまうのです。これはイタいですね。

交通費を負担するには?

いろいろ調べてみたところ、同僚Sの理想に一番近いのは、体験型カタログギフトのようです。しかし、有効期限の問題はなんとかなるとしても、交通費の問題をどうクリアすればいいのでしょうか。

ICカードを事前に手渡す

SuicaPASMOなどの交通系ICカードを一緒に手渡すことで、目的地への移動や現地での観光にも活用できます。

が、これはあくまで目的地が近場の場合のみ。しかも、特急券には適用できても指定席券には使えず、また新幹線にも使えないため、どうしても使用できる範囲が限られてしまいますね。

日程と宿を教えてもらう

宿を予約した段階で、両親から日程と場所を聞き出し、切符を手配するという、確実な方法です。あるいは、「お小遣い」という名目で、事前に相当額を渡しておくのもひとつの手ですね。

いっそ同行する

贈り主本人が一緒に行く、という発想もアリです。カタログギフトは、通常2名設定なのですが、予約窓口に相談すれば、人数を追加することができます。そうすれば、交通費だけでなく、現地でのレジャー費なども、すべて負担することができますよね。

両親だけでのんびり、という思いからのプレゼントだとは思いますが、意外に向こうは、娘や息子と行くほうが楽しい、と思っているものなのです。もしかしたら、この方法が一番の親孝行になるかもしれませんね。

おわりに

というわけで、ああでもない、こうでもないと、いろいろ検討した結果、同僚Sの出した結論は…。

両親旅行に誘って、一緒にプランを練ってみる」というもの。

なんてステキなアイデア!行きたいところをあれこれ話し合う楽しみもあり、なおかつ、旅先でも楽しいひとときを一緒に過ごせるんですから、きっとご両親は喜ぶでしょうね。何よりのサプライズです。

旅行をプレゼントする、というのは、楽しい時間を提供することに他なりません。それを作ってあげることが、何より大事なんだなあ、と気付かせてくれた今回の出来事でした。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪