沖縄独特な苗字!難しくて読めないベスト10!

先日、社員旅行で沖縄に行ってきました!青い空、青い海!私は海あり山ありの自然豊かな地域出身ですが、初めて見る海の色に感激しました。

ワイワイガヤガヤと観光を楽しみましたが、とにかく地名が難しくて読めません。なんて読むんだろうね?的な会話も増える中、苗字も変わった読み方が多いよねという話題に。

テレビに出ている有名人で沖縄出身という人の苗字も確かに変わってますよね。具志堅さんとか(笑)具志堅さんが近所にいたらきっと沖縄の出身なのだろうと思います。

旅行から帰宅後、さっそく沖縄独特な読めない苗字を調べて中でも難しかったものベスト10を選んでみました。

スポンサーリンク

沖縄に独特な苗字が多い理由

読めない苗字ベスト10の前にそもそもなぜ沖縄には読み方が難しい変わった苗字が多いのでしょうか?

沖縄が琉球王国だった時代の琉球語という方言のようなものが影響しているらしいです。また、琉球時代は平仮名表記だったらしいのです。時代が変わり薩摩が管理するようになってから本土にあわせ漢字で表すようになりました。

その時とりあえず、平仮名を漢字に当てはめただけだったらしく、意味を込めて名付けたわけではない事と、琉球方言もあり普通には読めない地名になったとか。

そして、沖縄の苗字にはそういった地名がそのまま使われている事が多いようです。それと薩摩は沖縄の人に日本っぽい苗字を名乗る事を禁止したとのこと。中国との関係を考えてだったらしいですが・・。

このようないくつかの理由が重なって沖縄には独特な読み方の苗字が多いんですね。諸説あるようですけどね。

スポンサーリンク

難しい苗字ベスト10

それでは、私が調べた中で個人的にこれは難しいわ~と思った苗字のベスト10をご紹介したいと思います。

1.仲村渠さん
最後の漢字がよくわかりません。「なかんだかり」さんと読みます。薩摩藩の指示で仲村さんを難しい苗字に変えたらこの苗字になったという説があります。

2.保栄茂さん
ほえも・・さん?ではなくこの三文字で「びん」さんと読むそうです。ぼえもと呼ばれていたものが琉球語の訛りで変化して「びん」になったらしい。にてしても、どう訛ったら「びん」になるのかさっぱりわかりません。
 

3.阿波根さん
「あはごん」さん。普通に読むと「あわね」さんだと思うのですが・・。なんか、怪獣を思い出してしまいます。かわいい読み方ですよね。

4.大工廻さん
「たくえ」さん。正式には「だくじゃく」と読むようですが苗字の読み方としては「たくえ」と読む方が多いそうです。大工職のいる街が語源だとか。

5.東風平さん
「こちんだ」さん。東風で「こち」平で「んだ」と読むそうです。東風平町にはシーサーの元祖「富盛の石堀大獅子」があるそうですよ。

6.我謝さん
「がじゃ」さん。読もうと思えばそう読めますが、苗字なの?!って思いますよね。

7.手登根さん
「てどこん」さん。「阿波根(あはごん)」さんとはまた読み方が変わりましたね。「てどごん」さんかと思いきや「根」という字は「こん」と濁らないようです。む、むずかしい・・。

8.後浜門さん
「くしはまじょう」さん。「後」という漢字をどう考えても「くし」と読むとは思いつきません。

9.勢理客さん
「じっちゃく」と読む場合と「せりきゃく」と読む場合があるので聞いた方がいいらしいです。苗字での読み方としては「せりきゃく」さんと読む方が多いらしいです。

10.前伊礼門さん
「まえいれいじょう」さん。フルネームでも通りそうな苗字ですよね。「まえい れいと」さんとか。それにしても長すぎて苗字で呼ばれる事ってなかなかないかもしれませんね。

まとめ

みなさん、読めましたか?読めた方は沖縄出身の方か沖縄を知り尽くしている通の方なんでしょうね。三文字の苗字が多いんだなと思いました。

地名由来のものが多いので同じ漢字でも地名での読み方と苗字としての読み方が違うこともあるようですね。素直に「お名前なんてお読みするんですか?」と聞いた方が失礼がなくて良いかもしれませんね。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す