宝くじで高額当選した時の税金はどうなるの?来年の住民税は?

「ねえねえ、知ってる?お隣さん宝くじが当たったらしいって。」とご近所の奥さん。そうなんです。今うちのご近所さんの話題はこの話題ばかりなんです。

噂では1等が当たって何億とか・・・毎日『うらやまし~』って話ばかりしているんです。

でもご近所の奥さん、「確か宝くじって税金はかからないって聞いたけど、それって『所得税』のことでしょ。ほかの税金はどうなのかな?」っていうんです。

まあ、よそのおうちのことなんだけど、確かに気にはなるはよね。もしかして来年度の『住民税』とかドーンと上がったりしたら大変よね。

うちが当たった時に困らないようにちょっと調べておこうかな?

スポンサーリンク



宝くじと税金

最近ではスーパーにも宝くじ売り場があって、お買い物ついでにとか、ATMでもナンバーズやロトなど気軽の購入することができますよね。これで何千万、何億円なんて当たればすごいですよね。

でも当たったら当たったで心配なのが税金。もし3億円が当たったら所得税っていくら払うのよ~?

いえいえ大丈夫です。1千万円だろうが10億円だろうが宝くじには税金はかかりません。非課税なんです。

収入が多くなると次の年の『住民税』は増えるのですが、『所得税』を払う必要がないので『住民税』も高くはならないのです。

なぜ税金がかからないの?

実は、先ほど非課税なんです、と言いましたが、本当は宝くじを購入した時に、税金分を支払っているのです。

これは収益金として、宝くじの約40%が販売された都道府県など自治体に収められることになっているからです。

でもそう考えてみると40%ってすごくないですか?ジャンボ宝くじだと1枚300円ですよね。そのうち120円は税金だったなんて。1枚で買う人は少ないと思うので10枚なら1200円、30枚なら3600円・・・びっくりです!!

スポンサーリンク



当選後気を付けなければいけないこと

どんなに高額当選しても税金はかかりませんが、いくつか気を付けなければならないことがあります。ここで失敗をすると大変なことになりますよ。

当選証明書をもらうこと

高額当選をした時、銀行で当選金をもらうのですが、その時必ず当選証明書をもらいましょう。

高額当選すると、大きな買い物をしたり、海外旅行をしたりとどうしても生活が派手になってしまいます。

すると税務署の方からこのお金についての出どころを怪しまれることがあります。こんな時この「当選証明書」を提示すればいいのです。

宝くじを共同購入した場合

仲の良い友達同士とか、会社の同僚とか何人かで宝くじを買うことってありませんか?

もしこの時の1枚が当たっていた時どうしますか?大体代表で1人が銀行へ行き、そのあとでみんなで当選金を分け合うと考えるのではないでしょうか。

こうしてしまうと、銀行へ行った代表の1人が当選者となり、共同購入者に贈与したことになります。
すると『贈与税』がかかることになります。

この場合購入者全員で受け取りに行かなければなりません。どうしても全員がそろわない時には、委任状を書いてもらって、当選証明書には全員の名前を入れてもらいましょう。

もう一つ『贈与税』で気を付けたいことは、親孝行のつもりでご両親へ半分プレゼント、なんて考えてはいけませんよ。年間110万円を超えた場合『贈与税』が発生してしまいます。

まとめ

宝くじと税金の関係を調べてみてびっくり!当選金には税金はかからないとは聞いていたけれど、理由までは知りませんでした。

宝くじの収益金では、自治体によって様々ですが、道路の維持管理大災害の復興などいろいろな公共事業に使われていることもわかりました。

そういえば、車の運転中、道路のわきの看板に「この道路は宝くじの収益金でできています」なんて見た覚えがあります。そういうことだったんですね。

毎回宝くじを買っている私って、かなり貢献してる?お隣の奥さんにも教えてあげよ。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪