結婚指輪ランキング!ブランド厳選5つはコレ♪

会社の同僚、と言ってもかなり後輩の女性とはなぜか気が合うため、いつもたわいもない話をするんです。最近の話題は、彼女の結婚の話。

半年後に結婚式を挙げるのですが、段々と準備も忙しくなってきている様子です。お昼休みにも、そろそろ結婚指輪も用意しないといけないと言っていたのですが、それこそ初めての経験だし、でも一生の一度のことだし・・・といったかんじです。

私が結婚式を挙げたのは、えーっと・・・15年以上前。一世一代の結婚式、との意気込みにあれこれ悩んだドタバタを思い出しますね。

今日の話に出たのは、結婚指輪のことだったのですが、どこの指輪のブランドが人気なのかってことです。

指輪へのこだわりって言えば、何だか見栄のようで嫌かな・・・なんて言う彼女ですが、やっぱり気になるのは本音のよう。

とは言え私も、自分の頃とは違うであろう今の結婚指輪事情について好奇心が。結婚指輪ブランドの人気ランキングを調べてみましたよ。

スポンサーリンク

人気の結婚指輪ブランドのランキング

人気のある結婚指輪ブランドとは、アンケートによってランキングに変動があるのが実情です。でも、人気があるブランドの上位にエントリーしているものは、顔触れが大体同じなんですよ。

いくつかのランキングを総括してみて、私なりのおすすめで人気のブランドをセレクトしてみました♪

1位 ティファニー

誰もが知っているジュエリーのブランドですよね。長い間安定した人気を誇っているブランドなので、信頼感もあります。流行に左右されないのも人気の理由です。

デザインも、結婚指輪に関してはシンプルでエレガントなものが揃っているので、男性にも好評なんですよ。また、ダイヤモンドの品質もしっかりと保つよう独自に努力を重ねているブランドだけに、信頼も厚いんです。

実際に購入した人からは、高級ブランドのイメージがあるが結婚指輪は案外手頃な価格だった、という意見も。

店頭購入した平均価格は、ダイヤがあると指輪だと30万円~、ダイヤが無しの結婚指輪だと10万~15万円のものと言われていますよ。

詳しい指輪の情報はこちらを参考にしてみて下さいね。
http://www.tiffany.co.jp/jewelry/wedding-gift-guide-wedding-bands

スポンサーリンク

2位 カルティエ

ジュエリーや時計では最高級の評価とも言われるブランドですよね。1847年から続く長い歴史が培ったものは、多くの人を魅了してやみません。

世界的なブランドであり、社会貢献にも優れた功績のあるカルティエだからこそ、ブランドに対する信頼も深いものがありますね。

結婚指輪のブランドの中でも憧れのまなざしを一心に受けているカルティエですが、そこにはこんな実力があるからこそなんですよ。

カルティエの指輪に使われているダイヤモンドは、アメリカの宝石学会に認定を受けたものなんです。デザインにも存在感があり、深い職人の伝統を受け継いだ緻密で洗礼されたものになっています。

そして、気になるのが価格です。やはりハイブランドだけあって、価格設定は高めで10万円より安いものはないのが実情です。

しかし、ペアでの結婚指輪の平均購入金額は24万円というデーターもあり、実は10万円~20万円の価格帯の指輪も充実していますよ。

詳しい指輪の情報はこちらを参考にしてみて下さいね。
http://www.cartier.jp/

3位 アイプリモ

日本のブライダルリング専門店として有名なブランドです。全国に60店舗ほどあり、どこに居てもアフターフォローも安心して受けられます。

結婚指輪の専門店というだけあって、指輪選びが2人にとって幸せな時間となるように、がモットーなんです。接客やアフターフォローなどの顧客からの評価は、結婚指輪業界でもトップクラスと言われています。

デザインは、150種類の中から選ぶことができて、使用するダイヤモンドの品質も完全補償となっています。品質に自信があるからこそできることですよね。

価格は6万円~ですが、もちろん高品質。ペアで購入しても、20万円ほどの価格に抑えられるというのもうれしいですよね。

詳しい指輪の情報はこちらを参考にしてみて下さいね。
https://www.iprimo.jp/

4位 俄(にわか)

京都のジュエリーブランドです。ブランド名にイメージされるよう、日本の伝統美を大切にした結婚指輪を提供するブランドです。

俄の結婚指輪へのこだわりは、指輪ごとに付けられた和風の名前とその指輪に託されたストーリーが物語っています。例えば、人気のある「初桜」は、2人が出会った頃の初々しい気持ちを、薄紅色の桜に例えたダイヤモンドを留めることで表現しています。

デザインやコンセプトがハイセンスなだけでなく、技術も一流です。洗練された日本の職人の技が光る結婚指輪になっていますよ。

これだけのこだわりのあるブランドであれば、価格帯も高いのでは?と思われがちなのですが、大体10万円前後の指輪が多いんです。

結婚指輪が日常的に使われるものだからこそ、ダイヤモンドを前面に押し出したデザインにしていないものの、繊細に作りこんだ指輪になっているので、良心的な価格になっているんですよ。

詳しい指輪の情報はこちらを参考にしてみて下さいね。
http://www.niwaka.com/bridal/

5位 4℃(ヨンドシー)

4℃の展開しているブライダルリング専門店は、ハイセンスなデザインで評判の日本初のブランドです。

ブランド名の4℃とは、水温のこと。「」をコンセプトに、生命の源であり流動的でシンプルで、清く心地よいイメージを持った結婚指輪のデザインになっているのが特徴なんですよ。

ブランドが発祥してまだ40年。老舗のジュエリーブランドに比べれば浅い歴史ではありますが、常に新しい感性を吹き込みつつ、ここまでの技術力への探求心は衰えることがありません。

カジュアルブランドのイメージが強いのですが、クオリティの高さは随一で指輪の技術者集団と言われるほどなんですよ。

価格帯は6万円~、ペアで購入しても15万円ほどとリーズナブルな指輪もあります。シンプルなデザインで尚且つ、指がきれいに見えると評判のブランドですよ。

詳しい指輪の情報はこちらを参考にしてみて下さいね。
https://4-bridal.jp/

まとめ

こうやって調べてみて、同僚は「結婚準備をしていると、段々金銭感覚がおかしくなってくる!」と言い出しました。

確かに!私も結婚式の話し合いをしている時は、金額のケタが大きくてマヒしそうになってきましたもの(笑)とはいえ、現実の結婚生活は、セレモニーが終わった後の長い長い時間が本番です。

堅実な同僚は、なるべく結婚指輪の金額は抑えたいとのことでした。気になるのは、「アイプリモ」と「4℃」の様子。今度指輪を見に行ってみようと言っていましたよ。

ウキウキする気持ちが私にも伝染したのか、幸せのお裾分けを頂いた感じがします♪


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す