家を建てたい!手すりの高さって決まりがあるの?一般住宅の場合

念願のマイホームを建てようと思っています。

建売もいいけど、やっぱりいろいろこだわりたいので注文住宅にしようと思っているんです。キッチンや階段、バルコニー・・・こだわりたいところはたくさん。そのため週末はモデルハウスをまわっているんです。

 
いろいろ見て回ってみて気づいたことは、階段やベランダ、玄関にあった手すりです。家を回っていて何か違和感を感じたのですが、手すりを使った時の高さが違ったんです。

ベランダやバルコニーでは手すりがあったり、なかったりもしました。

手すりがある場合の高さ。これって決まりがあるのでしょうか?付けたらお金もかかるし、そもそも、あった方がいいんでしょうか?せっかくのマイホーム、あとで後悔しないように勉強してみました。

スポンサーリンク



手すりの役目

手すりには転倒や転落の防止、歩行や動作をスムーズにさせ快適に日常生活を送れるようにすることにあります。

小さいお子さんのの場合や、高齢者、またけがや病気などで歩行が困難な場合など様々ですが、一般的に廊下や階段の場合では、手首にある少し出ぱった骨にあわせると丁度良い高さにになると言われています。

 
こうした場合、大体床から750~850mmの高さが多いようです。

また、子供用と大人用とで2段の高さの手すりを付けることもあるようです。

バルコニーやベランダに手すりは必要?高さは?

よく聞くところで1100mmという数字。これは建築基準法令に記されているものですが、すべての住宅に当てはまるわけではありません。

 
建築基準法施行令では『3階以上の建物に適用』とあります。

つまり一般的な2階建て住宅に手すりの高さの規定はないということになります。

だからと言って、見た目ばかりを重視して「転落事故が起きた」なんていうことがないよう、手すりの高さも気にかける必要があるようです。
 

ところで、この「1100mm」という高さはどこからきているのでしょう。

これは人の腰の高さと言われ、これより低いとちょっと身を乗り出したとき怖いと感じるようです。

でも高すぎると、圧迫感を感じるようです。何事もほどほどがいいようです。

スポンサーリンク



まとめ

たかが手すり・・・なんて馬鹿にしてはいけません。手すりには私たちを転倒や転落から守ってくれる大事な役割があります。

今回手すりのことを調べてみて、私たちが建てようと思っている一般的な2階建て住宅には手すりの高さに規定はないことがわかり、ちょっと・・・いえいえ、かなりびっくりしています。

マイホームは「一生に一度の大きな買い物」ってよく言われますよね。
後悔しないように設計士さんたちと納得のいくまで、十分に話し合わなければいけないと思いました。

「安全」と「安心」これは何事にも変えられないことですから。

スポンサーリンク

1件のコメント

  • It’samazing designed for me to have a web site, which is beneficial designed for
    my knowledge. tanks admin http://ushyfolodype.mihanblog.com/post/5


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lownews/low-news.net/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lownews/low-news.net/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lownews/low-news.net/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35

コメントを残す