原因は羽毛?鳥アレルギーの症状とは

先日久しぶりに会った友人。近況を報告し合っているうちに、最近肺炎に罹って大変な思いをした話を聞きました。しかも普通の肺炎ではなく、鳥アレルギーが原因の「鳥アレルギー性肺炎」。

鳥アレルギーというアレルギー、私は初めて聞きました。花粉症やアトピー性皮膚炎、金属や化学物質アレルギー。それ以外にも、聞きなれないアレルギーがあるのですね。

 
けれど、この病気が判明するまでが長かったんだそうです。
家でインコなどの鳥を飼っているわけでもなく、近所に鳩が来るような公園もないし、思い当たることは全くなかったんだとか。

色々調べてどうも怪しいとなったのが、羽毛布団。鳥の羽毛で症状が出ていたことが分かったそうです。

スポンサーリンク

鳥アレルギーってどんなもの?その症状は?

日本国内ではまだあまり広く知られていないようですが、鳥アレルギーとは、鳥の羽毛や排せつ物など、鳥に関する物質が原因で症状が出るアレルギーだそうです。

「鼻水が出る」「微熱が出る」「乾いた咳が続く」「息苦しさを感じる」といった症状が出ます。

 
風邪によく似た症状なので見逃されることもありますが、症状が進むと、鳥アレルギー性肺炎(鳥関連過敏性肺炎)を発症するので、注意が必要です。

咳や息切れといった症状が長く続いていて、なおかつなかなか原因がわからない場合は、早めに鳥アレルギーを疑ってみる必要があるかもしれません。

細菌やカビが原因で症状が出る通常の肺炎とは違い、羽毛や鳥の排泄物などの物質が肺に入って症状が出る鳥アレルギー性肺炎。日本国内には潜在的な患者が6千人程度存在すると推定されています。

特に鳥関連過敏性肺炎は、悪化すると肺線維症という病気になります。肺の線維化の症状がひどくなると5年生存率が50%ほどになり、肺がんの発症率も高まると言われています。進行を抑える治療はあるものの、完治が難しい病気とされています。

スポンサーリンク

アレルギー症状の原因とは

鳥アレルギーの症状が出る主な原因として、以下のようなものが挙げられています。

  • インコ、オウムなどの鳥をペットとして室内で飼う
  • 羽毛布団、ダウンジャケットなど、羽毛を使用した製品を使う、または接触する
  • 近隣にハトが多くいる公園などがある
  • 近隣に鶏ふん肥料を使っている畑がある
  • 養鶏場などの近くを通っている
  • 室内に鳥の剥製などがある

鳥の身体から生じるあらゆるものに触れることが、鳥アレルギーの症状が出る原因になります。

鳥の皮膚からはがれ落ちる「ブルーム」と呼ばれるたんぱく質は、大きさがたったの5マイクロ(マイクロは100万分の1)メートル程度。肺の奥まで入り込んでしまいます。

このブルームや鳥のフンなどが抗原となって、アレルギーの症状が出ます。生きている鳥に限らず、部屋に鳥の剥製(はくせい)や、羽毛布団、ダウンジャケットなどで発症する例もあります。

対策や治療は?

ステロイド薬を使った治療が一般的ですが、まずは抗原となるものに触れないように徹底することが重要です。

  • 羽毛布団やダウンジャケットなども遠ざける
  • 念入りに掃除する。
  • 満員電車はなるべく避ける。乗る場合にはなるべく目の細かいマスクを着用する。

さいごに

ふだん鳥と接していないと思っていても、意外なところに接点はあるようです。

羽毛は身近なところに使われていますし、まして羽毛の寝具ならば接触も多そう。アレルギー症状の兆候が見られたら、早めの対策が大事なようです。

症状は風邪やほかのアレルギーと区別しにくいですし、検査するのも面倒でなかなか足が向かないもの。知識のひとつとして、鳥アレルギーや羽毛が原因になることを頭の片隅に置いておくのも良いでしょう。

ふわふわで心地よい羽毛のふとん、好きなんですけどね。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す