ご近所とのトラブルはつきもの!相談するならどこがいい?

前に住んでいた社宅でご近所トラブルを目撃しました。隣の錬のところの人同士が揉めていたのです。どうやらゴミ出しの仕方が違っていて、ルールを守って欲しいと言っていました。

しかし、その人は注意されたことに怒ってしまい、しばらく話し合いが続いているのです。

 
それ以来、関係が悪くなってしまい1年後に引っ越したと聞きました。その人が引っ越してからこのようなことはなくなったのですが、トラブルに巻き込まれるのは嫌ですね。

そのときに誰かに相談できればよかったのですが、どこに相談すればいいかわかりません。そこでご近所さんとのトラブルがあったときに、誰に相談すればいいのか。調べてみました。

スポンサーリンク



ご近所さんとトラブル!どこで相談すればいい?

ご近所さんとのトラブルを解決するために役所に相談をしている人がいます。
自治体によって役所に苦情処理係という部署があるのでそこに相談することをお勧めします。

相談されることは、騒音問題やタバコのポイ捨て、ゴミ出しのルールなどです。そこでそれぞれのトラブルについてまとめてみました。

騒音問題

騒音というと子供の泣き声や足音、ペットの鳴き声などがありますよね。気を付けていても窓を開けたりして声がもれていることがあるのです。子供の泣き声や犬の鳴き声などは外まで聞こえることがあります。気を付けようと思ってもなかなか厳しいですよね。

 
マンションの場合は、家の中にいても子供が部屋の中を走ったり、ジャンプしたりすると足音が聞こえたり、上からドンドン」と音がするなど騒音トラブルがつきものです。

最初は「賑やかだね」と言われて終わりますが、何回も続くと「静かにしてほしい」と言われるようになります。一軒家の場合は、音を立ててもマンションのように下の階の人とのトラブルはありませんが、話し声や泣き声などは丸聞こえということがあるのです。

スポンサーリンク



タバコのポイ捨て

ご近所さんとのトラブルで挙げられるタバコのポイ捨てですが、タバコを吸っていて、部屋に入る前にポイ捨てをする人がいるということです。タバコを捨てる場所が自分の部屋の前だと嫌ですよね。

さらに掃除をするのはポイ捨てした人ではないのでそのことでトラブルになるといいます。タバコをポイ捨てたとき、火が付いたままの時もあるので火事になってしまうと考えると怖いですね。

 
ある家の敷地内にタバコのポイ捨てがあったという件もありました。庭の中にポイ捨てされていたので犯人が誰かわからず、注意することもできなかったのです。

そしてタバコはというと庭の落ち葉に引火し、それに気が付いた家主の家族が火を消したので火事にはならずに済みました。

誰も気が付かなかったら火事になっていたかもしれないと思うとぞっとしますね。

ゴミ出しのルール

ゴミ出しのルールを守らない人も中にはいますよね。ルールを守らないとゴミは持って行ってもらえません、なので隣人の家のごみはいつも残っていました。
ゴミ出しの曜日以外のものを捨てに来たり、袋が開いたまま、ゴミ出しネットや扉がきちんとしまっていないことなどたくさんあげられます。

しかし、その人に何度も注意しても治りませんし、ごみを持ち帰って保管する場所もなかったのでトラブルになってしまったのです。

トラブルが起きないために

ご近所さんとトラブルが起きないためにも直接相手と話すのではなく、自治体や役所に相談しましょう。役所に相談されるもので多いのが騒音問題です。

誰が音を立てているのかわからないので直接言うことができませんよね。また、どこに相談していいのかもわかりません。警察に相談しても、曖昧なことだと取り扱ってもらえません。

なので役所に相談することをおすすめします。役所にお願いすれば聞き取り調査などを行ってくれるでしょう。

 
また、当人同士の場合は、感情的になってしまうので直接言うことは避けたいという人もいるでしょう。でも警察や弁護士に相談しづらいという方は、市役所へ相談しに行くことをおすすめします。

市役所の職員の方は、様々な問題を解決してくれると思うので安心して相談しに言っていいでしょう。

まとめ

ご近所さんとのトラブルについて紹介しました。騒音やゴミ出しなど問題は色々ありますが、直接話して直してくれたらいいのですが、そうしてくれなかった場合、お互いに嫌な思いをしますよね。

そうならないためにも役所に相談しに言って職員さんにどうすればいいのか聞いてみるといいですね。何か解決方法をみつけてくれると思います。マンションでも一軒家でもご近所さんとの関わりがありますよね。

長い付き合いになると思うので極力トラブルは避けたいですね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪