彼氏と喧嘩しちゃった!仲直りする方法と円満な関係を築く方法!

この前、友達が彼氏と喧嘩したことを話してくれたのです。友達には何年もお付き合いしている彼氏がいて喧嘩をしたと言っていました。友達は、喧嘩をしてから連絡を取っていなく、仲直りもしていません。

彼女は仲直りがしたいのですが、どうすればいいのかわからないと言っていました。私は、「謝る」ことを勧めましたが、友達は「彼氏が悪いから私は謝らない」というのです。

 
そんな友達に私は、なんと言えばいいのかわかりませんでした。そこで彼氏と喧嘩をしたときに仲直りする方法を調べてみようと思ったのです。

スポンサーリンク

彼氏と喧嘩をして仲直りがしたい!

彼氏と喧嘩して「もう知らない!」と最初は思うけれど、やっぱり好きで仲直りしたいなと思うでしょう。しかし、どのようにして仲直りすればいいかわかりませんよね。

彼氏と気まずかったり、怒って無視するなどの態度をとってしまうと仲直りのタイミングを逃し、すれ違いが続くことで別れてしまうカップルもいるのです。そうならないためにも仲直りする方法を紹介します。

自分から謝る

自分から謝るという人は、彼氏があまり謝ってくれないタイプだったり、自分が怒ってしまったときにすることが多いです。別の話題に持っていったり、なぜ怒っていたのかを伝える人もいるのです。

自分から謝るときは、自分の欠点を認めて意地を張らずに謝れば彼の方からも謝ってくれるでしょう。素直に謝ることが一番です。そして自分がやったしまったことの対策を彼に伝えると納得してくれるでしょう。

このときに、「俺が行ったとおりじゃないか」という人もいますが、反論したい気持ちを抑えて我慢してください。

スポンサーリンク

彼から謝る

彼が謝ってくれて自然と仲直りすることができたという人もいます。相手が謝るのを待ち、相手が感情的になって話しているときは、自分は落ち着いて話を聞き、受け入れてあげます。

さらに彼に少し釘を指しておくこともいいですよ。例えば、「次から絶対やらないでね。ジュースを買ってきてくれたら許してあげる」と言ってみましょう。彼を責める気持ちがなくなるかもしれません。

自分が悪いことをしてしまったときでも、先に謝ってくれると自分が悪かったなと反省し、謝りやすくなりますね。

少し距離を置いてお互いに謝る

理由がどうであれ、お互いに悪かったことを認めて謝るのが一番です。相手が謝らないからと意地を張らずに「ごめんなさい」の一言が言えるとスッキリしますね。そしてスキンシップをとったりして笑顔で仲直りできるのではないでしょうか。

また、少し距離を置いてみるのもいい方法です。怒こっているときはお互いに感情的になってしまうので喧嘩がヒートアップします。そんなときは、少し時間を置いて頭を冷やしてから会ったほうがいいですよ。

時間を置くことで次あったときに何事もなかったように話すことができるかもしれません。喧嘩の後のモヤモヤもきっと解消されるでしょう。

話し合う

喧嘩したときにお互いに思っていることを言い合って、悪いところは反省し、改善することや直せること直せないことも話し合います。この時は感情的にならないで気持ちを落ち着かせて話し合うのです。そして自分が悪いときは謝ります。

話し合うことでお互いの気持ちがわかりますし、納得すれば仲直りすることができるのです。これからも仲良くするためにはきちんと話し合う必要がありますね。

彼氏と喧嘩したときに仲直りする方法を紹介しましたが、仲直りをした後に円満な関係を築く事ができる方法があるのです。

仲直りした後に円満な関係を築くためにすること

仲直りした後には過去のことを蒸し返してはいけません。また喧嘩をしてしまった場合に過去のことを蒸し返されると気分が悪いですし、喧嘩の方向が違う方向に向いてしまいます。そして前よりもひどくなるのです。

そうならないためにも仲直りした後は「これからはこうするから、同じことは起きないね」と考えるようにすれば傷つかずにすみます。

また、素直に謝ることができなかったり、話し合いができない人もいますよね。そんなときは、話す以外の方法で仲直りをしてみるといいですよ。

手料理を作る

彼氏と喧嘩して素直に謝ることができないときは手料理を作って仲直りのきっかけを作る方法があるのです。
彼女の手作り料理を目の前にしたら喜ぶ人もいるのでいいと思います。

彼の部屋に合鍵を持っている人がいればこっそり作っておいてもいいですし、お弁当を持って渡すのもいいですよ。料理が苦手な人は、彼氏のために頑張ったというのが伝わるのでいいかもしれません。

まとめ

後日、友達から連絡が来て彼氏と仲直りしたと言っていました。話し合いをしてお互いの気持ちを知ったので前よりも仲良くなったと喜んでいたのです。次に喧嘩してしまったときも話し合って仲直りがしたいと言っていました。

喧嘩をしてもどちらかが謝るまで自分は謝らないと言うのは喧嘩を長引かせるだけかもしれません。お互いに謝って次は同じことが怒らない方法を考えることで再び似たようなことなどで揉めることはないでしょう。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す