お気に入りの服を捨てる!タイミングと基準は3つ!

出掛ける前、大抵は服のコーディネート
迷ってしまうことが多いんです。

クローゼットの中にあるのは、今までに
自分がいいと思って買ったなはず。

 
なのに、どうしてうまく着まわすことが
できないのでしょう。

結局、いつも悩んだ挙句に手に取るのは
決まった服に落ち着くパターンです。

 

巷でよく聞く「断捨離」。

私のクローゼットにも必要なのかも
しれませんね。

 
とは言え、お気に入りの服だと捨てる
勇気が出ないものですよね。

でも、何とかスッキリさせたい!

 
お気に入りの服を捨てるのって、どんな
タイミング
なのか、調べてみましたよ♪

スポンサーリンク

お気に入りでもいつかは捨てる

自分が買った服って、大体は何かしらの
インスピレーションがあって手に入れた
ものだと思うんです。

プレゼントされた服も、誰かとの思い出
染み付いたものだったりします。

お気に入りの服って、なかなか捨てる
勇気が出ない代物ですよね。

デザインや色など、手に入れた当時には
大活躍してくれたはずです。

 
私のクローゼットの中は、かつての歴代の
1軍選手たちがひしめき合っている状態。

この服たちは、今の私にとって本当に必要
かどうかを判断しなくてはいけません。

 

服は1年で40着あればいい

服の断捨離をおこなっている人によると
1シーズントップス5着、ボトムス5着
十分コーディネートできる、とのこと。

 
春夏秋冬で、上下10着×4シーズンとして
40着ほどあればいい、ということに
なりますね。

中には、その半分の20着ほどでも上手に
着こなせる人もいる、とのことだから
驚きです。

スポンサーリンク

服の整理をするメリット

手持ちの服を整理することで、時短
メリットもあるんですよ。

 
数多くの服の中から、あれこれと考える
時間が無くなります。

少ない服の中での、決まったパターン
確立されるので、毎朝悩むこともなくなりますね。

 
断捨離するとなると、困るのがお気に入り
服を捨てる基準ですよね。

これがいいなら、これも残しておこうかな、
とならないよう、見極めも肝心ですよ。

 

お気に入りの服を捨てるタイミング

お気に入りでも、やがて捨てるタイミング
やってきます。

そのタイミングとは3つあります。

ポイントを見ていく前に、「お気に入り」と
いうフィルターを外しましょう。

お気に入り、という理由で断捨離の選択肢
から外してしまうと、元の木阿弥です。

 

見極めポイント3つとは?

お気に入りでもこんな服は捨てましょう。

  • くたびれた服

    お気に入りで何度も着ていれば、ヨレヨレ
    クタクタになってしまいますね。

    服装とは、おしゃれの前に清潔感があって
    こそですよね。

    くたびれた服は、着ている人をくたびれた
    表情に見せてしまいますよ。

  •  

  • 1年以上着ていない服

    残念ながら、1年以上着ていない服は
    何度見ても、着ようと思わなくなります。

    そこにあるけれど、コーディネートの
    選択肢には入らないものです。

    実際に着たとしても、不思議と似合わなく
    なっていたりします。

    たかが1年ですが、去年までは素敵でも
    今年は流行遅れになっている場合が
    あるんですよ。

  •  

  • 3年以上は着ている服

    3年以上前に買った服は、結構古いです。

    デザイン的にも流行遅れにもなり、生地も
    黄ばんだり、劣化してきていることが
    多いんです。

    3年前に買った時とは、自分も同じ状態では
    ありません。

    今の自分に似合っているかどうかも、
    確認してみましょうね。

お気に入りの服でも、いつかは捨てる時
やってきます。

タイミングを知っておくと、手持ちの服を
整理しやすくなりますね。

 

まとめ

自分でも薄々と気が付いていたのですが
あっても着ない服って、結構あります。

これって、20年前のコート・・・。
着ないってわかってても、捨てるには
惜しい

あり得ないことなんだけど、いつかは
着るつもり、という気持ちが大きかった
のだと思います。

 
でも今回調べてみて、その「いつか」は
やってこないと確信できました。

クローゼットを開けて、今の自分と今一度
向き合って整理しようと思います。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す