英単語の覚え方はどうすれば良い?高校生におすすめの七か条!

高校生のいとこがこんなことを言っていました。

英単語がなかなか覚えられないんだよね。
 どうやって覚えたらいいんだろう?
 コツとかあるのかな?」

たしかに、中学生や高校生の多くが
苦戦するのが
英単語の覚え方ですよね。

 

どうやったら英単語をしっかり覚えられるのか?

大学受験も来年に控えている、いとこのため、
ちょっとでも力になりたいと思い、
調べてみました!

スポンサーリンク



高校生必見の英単語の覚え方7箇条

調べてみると、色々とありましたが
高校生にとって役立つ
7つのポイントを発見しました!

では一つづつ見て行きましょう。
 

インプットとアウトプットを並行する

黙読で何度も読むのがいいのか?
声に出すのがいいのか?
書きながら覚えるのか?

英単語の覚え方の話になると
こういう疑問が真っ先に浮かぶでしょうが、
正直言って手法は人によりけりです。

 
試験で9割以上の得点をたたき出した高校生、
難関大学に合格した高校生に多い覚え方はコレ!
という決まったやり方はありません

暗記の方法については、
自分に合ったものを探しましょう。

とはいえ、

重要なのは、インプットとアウトプットを
並行してやる
ということです。

  1. インプット
  2. 英単語を見る
    日本語の意味を覚える
    (複数ある場合は全部)

    スポンサーリンク



  3. アウトプット
  4. 意味を隠して英単語を見る
    日本語の意味を言ってみる
    (全部言えなかったらやり直し)

時間はかかりますが、こうやって
綿密に進めていくと、確実に頭に入ります。

「覚えた」と言えるハードルを高めに設定する

英単語を覚える作業をしていて、
どの時点で、自分にOKを出すのか
大きな問題です。

インプットができただけの時点で
覚えた!と満足してマルを出すのはNG。

アウトプットがしっかりできるように
なるまで頑張りましょう。

 
「半年ぶりにその単語を見たのだとしても
 きちんと思い出すことができる」

このレベルまで行ってようやく
覚えた!と自分にマルを出していいのです。

 

1時間に覚えられる単語の数をつかんでおく

1時間あたりに覚えられる
単語の数の目安を把握しましょう。

 
はじめは1時間に30個でも大丈夫。
50個以上だと上出来です。

ポイントは、確実に覚えられる個数を
数える
ことです。
継続できなければ意味がありません。

これくらいなら続けられそうという
自分なりのペースをつかんでおきましょう。
 

必ず確認テストをする

その日の勉強を終了する前に
必ず確認テストをするようにしましょう。

ひととおり勉強したあと、その日覚えた単語を
本当に覚えているかどうかテストをします。
 

このとき、覚えていなかったものを
チェックしておき、しっかりと覚えなおして、
その日は終了。

翌日にも、前日の単語の確認テストをします。
覚えられていなかった単語は、移動中などの
スキマ時間に復習しましょう。

 

記憶は忘れるものだ、ということを忘れない

記憶というのは、基本的に忘れて当然のものです。

 
ドイツの心理学者エビングハウスによると、

「人は記憶した情報を
 20分後に42%、1時間後に56%、
 1日後に74%忘れる
」そうです。

 
もちろん、
「だから忘れてしまってもしかたない」
ということではありません。

「だからくりかえし復習して当然」
ということです。

あとで何度か復習する必要性があるということを
心に留めておきましょう。

 

知識が増える喜び・楽しさを感じよう

英単語の知識が増えること、
それじたいを楽しめれば
、それが一番いいことです。

知ることは楽しいこと。そういう気持ちを
持てれば、知的欲求にまかせてどんどん
勉強が進むことでしょう。

 

そんなこと言っても、
勉強なんて楽しくない
ですって?

「やらされている」感でやっていると
楽しくないのは当たり前です。

勉強しようという行動を選択したのは自分
ということに気づき、イニシアチブを握れば、
楽しむ余裕がでるかもしれませんよ。

 

最低でも半年から1年はやる

英単語を覚えられないと言っている高校生の多くは
実はそもそもきちんと時間をかけてやっていなかったり
緻密な復習をしていなかったりします。

 
暗記は時間と体力と手間がかかるものです。
少なくとも半年から1年くらいは、
根気よく続けましょう。

高校生活は3年しかありません。
そのうち年単位で単語の勉強をすることを
考えると、早めに着手するのがよいでしょう。

まとめ

やっぱり、単語の暗記は、コツコツとした
積み重ねがものを言う
んですね。

遊びたい盛りの高校生にはツライかもしれませんが
地道にやることが大切なんですね。

インプットとアウトプット、
知識が増えるのを楽しむこと、など、
いとこに教えてあげようと思います。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪