テニスのグリップテープの選び方!初心者必見!

テニスはいつの時代も、人気のあるスポーツです。

スポンサーリンク

学校の部活で、社会人のテニススクールで……
テニスを始める人は、どの世代でも多いと思います。

自分用のラケットを購入して、フォームの練習をして、
体力作りをしながら、実際に練習試合をしてみて……
2、3ヶ月もした頃に、気付くのではないでしょうか。

 
「グリップが汚れて来たなぁ」
 

テニス歴の長い人ならば、お気に入りのグリップテープは
既に決まっていて、巻き方もわかっていて当然……

ですが、初めてグリップテープを変える時って、
困ってしまいますね。
 

そもそも、
汚れて来たグリップの上から、薄いテープを巻いて
いいのか。

それ以前に、
初めから自分で買った薄いテープを巻いておくべき
なのか。
 

あるいは、
元から巻いてあるグリップテープ自体を、
巻き直す方がいい
のか。

少し丁寧にお話ししましょう。

rafael-nadal-288554_640

リプレイスメントグリップ?オーバーグリップ?

そもそも、グリップテープと一口に言いましても、

リプレイスメントグリップテープと、
オーバーグリップテープの、
二種類があります。
 

リプレイスメントグリップとは、
グリップの上に、もともと直接巻いてある
少しクッション性のある、厚い革のグリップの事です。
オーバーグリップテープとは、リプレイスメントグリップの上に巻いてある、
薄めのテープの事です。
ウェットとか、ドライとか言う、あれの事ですね。

スポンサーリンク

リプレイスメントグリップ

新品のラケットには、これのみ巻いてあります。

このリプレイスメントグリップのみでも、
使う事は出来ます
が、大抵はその上に、
オーバーグリップテープを巻いて、使います。
 

リプレイスメントグリップは、
そのままだとで痛んで、
臭くなったり、ぼろぼろになってしまったり、

レザーのリプレイスメントグリップだと、
雨の日のプレイで、滑ってしまったりと、
支障が出る場合も、あるからですね。

 

既にボロボロになってしまった場合は

リプレイスメントグリップを変えて、その上から、
保護の為に、オーバーグリップテープを巻きましょう

まだ、リプレイスメントグリップも大丈夫そうなら、
オーバーグリップテープを上から巻くだけでも
かまいません。

リプレイスメントグリップは、
一個1500円くらいからの物が多いです。

 

リプレイスメントグリップの種類

リプレイスメントグリップには、
レザー合成樹脂(シンセティック)
あります。

今の新品ラケットは、合成樹脂が多いですね。
 

レザーは、打球の衝撃が吸収されず、
そのまま手に伝わる
ので、打球感がとてもよく掴めます。

ただ、衝撃は大きいので、
初心者だとラケットズレを起こしてしまう事も
あるかも知れません。
 

合成樹脂は、打球の衝撃が吸収されます。
初心者には、衝撃が少ない分扱いやすいですが、
打球感が鈍ります。

また、合成樹脂は軽いので、トップが重い方が
プレイしやすい場合は、こちらの方がいいですね。

 
※プロでも、レザーを使う人も入れば、合成樹脂の人も
 いますので、どちらがいい悪いと言う物でもないです。
 自分が使いやすい物を、選びましょう。

 
それから、忘れないでいて欲しいのは、
この上から更に、オーバーグリップテープを巻く場合、
グリップが更に太くなることです。

太くなりすぎてしまって、今までと持った感覚が違うと、
当然プレイに影響します。
それを見越して、太さも調整してくださいね。

 

オーバーグリップ

グリップテープを変えると言うと、
このオーバーグリップの交換を指す場合が
多いです。

グリップテープを買ってみよう、と売り場で探した時、
パッケージにウェットドライの文字がある事に、
気付くでしょう。

初めてグリップテープを変える人は、
どれにしようか迷ってしまいますね。

 

オーバーグリップテープの種類

ウェットタイプとは、少ししっとりしていて、
握った時に手に吸い付きやすいテープです。

引っ付く様な感じで、持った時にずれにくくなるので、
日本では一番人気があります。

ただし、汗を吸いすぎると滑ってしまうので、
その点のみ注意が必要です。

 

ドライタイプと言うのは、汗を吸収する素材のテープで
出来ています。

発汗が多い人はこちらの方がいいですが、
ある程度発汗しないと手に吸い付きませんので、
それまでは不安定です。

外国人選手やプロ選手は、
ドライを使う人の方が、圧倒的に多いです。

 

更にどちらのタイプも、
表面に穴アキ加工や、デコボコ加工がしてあるものも
ありますね。

穴あきは、隙間がある分
吸汗性がよくなると言われています。

デコボコ加工は、手に更にフィットしますが、
表面が太くなるので、敬遠される場合もあります。

 

ウェット?ドライ?どちらを使う?

どれがいいとも、一概には言えません。
最終的には、その人その人の好みになってきます。

一個300円くらいと、
オーバーグリップテープは安価ですので、
色々試してみるといいですね。

このオーバーグリップは、一ヶ月も使うと、
効果が薄れて
きます。
雨や汗を吸って滑り易くなっていても、いけません。

大体、一ヶ月くらいで巻き直した方がいいですよ。

グリップテープを巻き直してみよう!

新しく買ったグリップテープを、
自分で巻き直してみましょう。

初めはお店の人にやってもらってもいいですが、
いずれ、は自分で手入れが出来る様になると、いいですね。

 

オーバーグリップテープの巻き方

グリップの下から、巻き始め1、2周重ねた後、
上に向かって、五ミリ程重ねながら
ぎゅっと、引っ張りつつ巻いて下さい。
 

粘着が付いていないので大丈夫かと、
たまに言われますが、

重ねて巻くものなので、巻き終わりのテープ止めで
大丈夫になっています。

巻き終わりは、付属のテープ止めで、止めて下さいね。

途中、何度か握ってみると、
元々自分が使っていたのに近い感覚で、
巻き直す事が出来ます。

オーバーグリップの巻き方は動画があったので、
張り付けておきますね。
とても参考になります。

リプレイスメントグリップの巻き方

リプレイスメントグリップの巻き方は、
オーバーグリップよりも難しいので、初心者ならば、
初めはお店の人に任せる事を、オススメします。

それでも、自分で巻きたい場合は、
グリップエンドを外し、付属の両面テープを張って、
慎重に巻いて行きましょう。

オーバーグリップと違って、巻き直しが出来ません。

 

まとめ

ここまでわかればもう、グリップテープ選びには
困りません。
あとは色々試して、自分に合う物を、見つけて下さいね。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す