睡魔を撃退するツボ!頭と耳と手のココを押そう!

田舎へ家族に車で帰省するたび、
高速道路の運転中に襲ってくる睡魔

 
助手席だと眠くならないのに、
夫から運転の交代をお願いされ、

運転席に座った途端に、まぶたが重く
なるのは、どういったわけでしょう?

見かねた夫に、早々に次のサービス
エリアでの交代を促されて、なんだか
申し訳なく。。

夫だって眠いはずですが、何やら片手で
運転中に耳を引っ張ったり、頭の後ろを
指でぐりぐりしたり。

「何してるの?」と聞くと、「眠気撃退の
ツボ
押しだよ。」とのこと。そんな便利な
ものがあるのね!

そこで、眠ってはいけない場面で出来る
眠気撃退のツボと押し方
を、夫から教えて
もらうことにしました。

スポンサーリンク



眠気を覚ますツボ

様々な眠気対策のツボがありますが、
共通するのは、こんな点。

  • 血行を良くする
  • 眼の疲れに効く

漫然(まんぜん)と「この辺りだっけ?」
と指圧するのではなく、

このツボはこんな効き目があると知って
押した方が、自分の身体をコントロール
できそうですね。

  • 風池(ふうち):
  • 首の後ろのくぼみから、指2本分程
    耳よりに左右へそれぞれずらし、
    髪の生え際の上辺りにあるツボ。

    頭部の血の巡りを良くします。

  • 百会(ひゃくえ):
  • 両耳を結んだ線と、鼻の延長線上の
    交差する部分。自立神経を整えます。

    風池と百会を交互に指圧すると、
    眠気撃退効果も上がるそうです。

  • 中衝(ちゅうしょう):
  • 手の中指の第一関節の上で、爪の付け根
    から3ミリ親指側にずらした辺り。

    眠気を取りたい時に押すと、眠気が覚め、
    不眠で困ったときに押すと、スムーズに
    寝入ることができる両刀使いのツボです。

  • 労宮(ろうきゅう):
  • 手をぎゅっと握り、中指の先が手のひら
    当たった部分。

    苦労が集まる意味の「労宮」は、心労が
    溜まった状態で押すと痛みがでるそう。

    慢性疲労に効果があるツボで、
    眠気撃退にも精神的ストレスにも
    効くそうです。

    スポンサーリンク



  • 翳風(えいふう):
  • 耳たぶの裏側にあるへこんだ部分のツボ。

    頭皮の血行を良くするので、眠気対策にも
    効果があります。

    歯痛、耳鳴り、むくみ、筋肉痛や、
    しゃっくりを止めるのにも効くとか。
    万能ツボですね。

  • 太陽(たいよう):
  • こめかみの部分。疲れ目にも効きます。

  • 和髎(わりょう):
  • 耳の付け根と頬骨の後の先が交わる
    あたり。脈を打つのがわかる場所です。

    疲れ目に効くので、眠気で重たい眼
    すっきりさせてくれます。

ツボの押し方

ツボの場所と効果についてのミニ講義を
夫から受けたところで、指圧の仕方
分かる動画を教えてもらいました。

頭と手

まずは、頭と手のツボから。
ツボの場所も動画で見ると、
より掴みやすいですね。

  1. 風池(ふうち):

    親指で風池を押すときに、他の4本の
    指で頭を包みこむようにホールドすると
    力が入れやすいようです。

  2. 百会(ひゃくえ):

    左右の人指し指を重ねて押します。
    親指でぐりぐり押すより、優しく
    押すことが出来ますね。

  3. 中衝(ちゅうしょう):

    片方の手の親指と人指し指で
    挟むように強めに押します。

  4.    

  5. 労宮(ろうきゅう):

    親指でゆっくりと押します。
    会議中にボールペンのお尻で押して
    眠気と格闘する方もいるそうです。

耳周り

次は耳周りのツボ押し動画です。

  1. 翳風(えいふう):

    耳たぶの後ろにある翳風(えいふう)を親指で
    刺激しながら、下にひっぱります

  2. 耳を後ろ、上に引っ張り上げて
    耳全体に刺激を与えます。
  3. 動画では紹介されていませんが、この時に
    口を「いーっ」と開いて奥歯を食いしばると
    眠気が覚めて目の焦点が合いやすくなるそう。

    耳には脳から直接つながっている三叉神経が
    通っているので、耳全体を刺激すると、
    脳にダイレクトに刺激が伝わるようです。

  4. 太陽(たいよう):

    こめかみの太陽を、指で円を描くように
    刺激します。疲れ目をほぐしましょう。

  5.    

  6. 和髎 (わりょう):

    気持ち良いと感じる強さで、もみあげの
    脈を打つ部分(和髎)を、鋭くもみます。

    疲れ目に効くので、遠くを見て眼を休ませ
    ながら
    もむのも良いですね。

さいごに

私が試したのは、耳のツボ押しマッサージ。
マッサージ後は、驚くほど耳が熱くなって驚きました。

確かに血がめぐっている感じがします。

ツボを押し後に、睡魔を撃退して運転席に
乗ると、目がすっきりした感じで運転でき快適!

停車中に、ふと助手席の夫を見ると、
手の労宮あたりをしきりに押しています。

「眠いの?大丈夫! 今回は私に運転
まかせて。」と張り切って言ったところ、

「うん、なんとなく心労がね。。。」
と、どうやらや眠くはなくても私の運転
技術
そのものが心配なようでした。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪