運動会の花形!組体操の技の名前を紹介!

小学生の頃、運動会で組み体操をやりました。
グループごとに分かれていて
私はサボテンや補助倒立をしたのです。

ペアの人の行うときに私は、
倒立がうまくできなくてサボテンも
支えるのが難しかったことを覚えています。

他のグループはお花を作ったり、
くるくる回ったりするなど難しい技を
していたのです。

綺麗に決まるとかっこいいですよね。
他にも組体操の技はたくさんあるので
技の名前
を紹介したいと思います。

スポンサーリンク



運動会での花形 組体操

組み体操は運動会に行うことが多いですね。
一つの形を組み立てていくのは
すごいと思います。
 

組み体操には定義があり
組み体操はパートナーエクササイズや
ペア・ギムナスティックと言われていて

2人以上の人が組んで行う体操で
お互いに力を貸したり、
技術を提供し合うことで

一人では得られない快感
味わえるというものです。

組み体操は、勝敗や競うことではなく
集団で協力したり援助や連帯支えなど
教育に必要な要素がたくさん含まれています。

スポンサーリンク



組み体操の技

組み体操には一人技や二人技
そして三人以上の技があります。

一人技は、一人トンボや肩倒立
ブリッジ、V字バランスです。

二人技は、サボテンや補助倒立
肩車、二人V字バランスがあります。

三人以上の技は、三人タワーや
飛行機、扇、ピラミッドです。

 

一人技の種類

一人トンボは、バランス感覚が
必要な技
で三人で行うとになります。

肩倒立は、仰向けになったまま足を上げて
床と足が直角になるように足を伸ばすのです。

体が硬いと足がまっすぐ伸びないので
大変だと思います。

 
ブリッジは、組み体操だけではなく
普段から行う人もいますよね。

自分ではできていると思っていても
他の人から見るとあまりうまくできていない
ということもあるでしょう。

V字バランスは足をまっすぐ上げます。
体が硬いと足が上がらずに足先が
プルプルしてしまうのです。

 

二人技の種類

二人技は二人一組で行う技です。

サボテンは、上に乗る人と
下で支える人がいます。

 
相手との信頼関係がないと
成功できないです。

最近ではひねりサボテン
というものがありますよ。

ひねりサボテンは、膝に乗せる人は、
後ろに体重をかけて乗る人の
膝部分を支えるのです。

上に乗る人は体を反らして
足を伸ばし、上体をひねってください。

補助倒立は、倒立を補助してもらうものです。
一人で逆立ちできる人はいいですが、
逆立ちが苦手な人は大変だと思います。

相手に支えてもらうことになるので
苦手な人は勇気が必要かもしれません。

肩車は、肩車をして両手を伸ばす技で
上に乗る人としたで持ち上げる人の
役割分担が大切です。

二人V字バランスは、二人でV字をします。
他の二人技と比べると楽しくできるでしょう。

 

三人以上の技

三人タワーは、二人がやぐらのように土台になり
もう一人がその上に立って手を横に広げます。
このポーズが決まるとかっこいいですね。

飛行機は、三人一組で二人が
一人を持ち上げます。土台の前にいる人は、
飛行機のように手を広げて

上の人も自分の腕で自分の体を
持ち上げて支えるのです。

 
扇は、三人や五人、七人と
たくさんの人数でできます。

手を広げて全員で支え合うと
扇のように見えて綺麗です。

山は、下の人は腰を低くして
膝の上に人を乗せます。

上に乗る人は足を伸ばし、
下にいる人も手を伸ばして
正面を見てください。

ピラミッドは、五人で行う三段ピラミッドや
十人ピラミッド、
四段ピラミッドなどがあります。

 
ただ、人数が多くなるとピラミッドが
高くなるので落下や崩壊した時
危険が増すのです。

そのことから大阪ではピラミッドを禁止
することになりました。

 

まとめ

運動会の花形である組体操を
経験できてよかったと思います。

私が行った技の他にもたくさんあることに
驚きましたし、大人数で行うと

練習中は大変だと思いますが、
本番に成功したときに
達成感があると思います。

 
意見を出し合ったり協力して
作り上げることは大切ですね。

たくさんの学校で組体操を
行っていもらいたいと思います。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪