枕で肩こり?高さ調整を自分でするには?

今度の出張先は、泊りがけ。
ビジネスホテルのマットレスは
良いのですが、問題なのが

結構枕にはこだわりがあって、
高さがあってないと、翌朝何と無く
肩が重だるいのです。

家ではMy枕を愛用しているのですが、
出張先に持って行く訳にもいかず、
さてどうしたものか。。。

同僚に相談したら、手軽にMy枕を
作れる方法
があるそう。

 
そこで、肩こり知らずの枕の高さ
調整について、
彼女から教えて
貰うことにしました。

スポンサーリンク



疲れない枕の高さ

高さが合わないと、
首が痛くなったり肩がこったりと
身体に色々と支障が出てきます。

では、どれ位の高さが具合が良いのか、
仰向けで調整するのがオススメだそう。

 

仰向けで高さを確認

普段から、背骨を曲げずに姿勢をよく
保つ
には、寝る時も仰向けの方が
良いそうです。

アゴの位置がポイント。
枕に頭を乗せ、アゴの位置を確認します。

  • 低すぎる場合
  • アゴが上がるので、首筋を痛めやすい。
    頭が沈みこむので血が上りやすい為、
    顔がむくむことも。

  • 高すぎる場合
  • アゴが引けた状態。首筋や肩の血行も
    妨げられる姿勢なので、肩こりや
    腰痛の原因
    にもなるそう。

アゴが上がり過ぎず引き過ぎないのが
丁度良い高さと言えます。

スポンサーリンク



高さ調整のやり方

目安となる高さが分かったところで、
自分の枕が合っていなかった場合の
調整の仕方がこちら。

  • 低すぎる場合
    1. いつもの敷布団の上で枕に頭を乗せ、
      アゴの位置を確認。

      寝る敷布団によって、身体の沈み具合が
      違う
      ため、必ずその敷布団で調整する。

    2. 4分の1サイズに縦に折りたたんだ
      フェイスタオルを枕の上に重ねて
      枕を高くする。

      足りない場合は枚数を増やして。

    3. 丁度よい高さになったら、
      枕とフェイスタオルごと、
      枕カバーで包む

  • 高すぎる場合
  • 肩口から下の身体部分を、
    敷きパッドなどで底上げします。

  • 枕と肩の関係
  • 寝た時に枕と首元の間に、
    手のひら一つ分が入ってしまうと、
    枕が丁度よい支えとなっていないかも。

    ロール状にしたタオルをバンドで固定し、
    それを枕と肩口の間に指し込むと、
    首や肩が疲れにくいそう。

 

横向き調整の場合

腰が痛い時は、仰向けも辛いですね。

最近は、いびきや肩こりの軽減、
快眠ができるとして、横向き寝派
多くなっているとか。

姿勢を正すなら仰向けが良いですが、
事情があって横向きが良いなら、
それ用の高さの枕を用意しましょう。

 

横向き寝の場合、仰向けで高さ調整した
枕では、低すぎて合いません

横向き寝での理想の高さは、
アゴ―鼻―眉間の顔の中心ラインが、
枕と平行になる高さです。

横向き寝は肩幅が、まくらの高さの目安。

首のくぼみに合わせた仰向け枕ですと、
低すぎて中心ラインが下がり気味になり、
寝づらいですね。

 

手軽に調整!タオル枕の作り方

出張先などMy枕を持っていけない時でも、
簡単に自分にあった枕をつくるやり方
わかる動画を、同僚が紹介してくれました。

 

用意するもの

  • バスタオル2枚
  • フェイスタオル数枚

タオル類はホテルには常備されてますね。

濡れてしまうと使えませんから、枕用に
使いたい場合は、ホテル側に余分に用意
して欲しいと頼んでみましょう。

 

タオル枕の作り方

  1. 1枚目のバスタオルを縦方向に
    2回折りたたむ。
  2. 端からロール状にくるくる
    丸めていき
    、タオルの4分の1程度残す。

    きつめに丸めると硬めに、緩めに丸めると
    やわらかい首当てに仕上がる。

  3. 丸め残した4分の1のバスタオルの
    上に、フェイスタオルを数枚重ねて
    高さ調整する。
  4.     

  5. 2枚目のバスタオルを同様に折り、
    フェイスタオルと1枚目のバスタオルを
    包んでカバーする。

 

さいごに

同僚に紹介してもらったタオル枕で、
出張先でも快適に過ごせました。

何気にホテルでTVをつけたら時代劇が。
子供のころ祖母とよく観ていたなぁと
懐かしく観ていたところ、

就寝のシーンではっとしたのが、
武士の枕の高いこと
肩こらないのかしら?

 
同僚から聞いたアゴの位置など
関係なしに高い「箱枕」。
首にあてがう高い枕です。

昔の男性は、寝込みを襲われて大事な
利き腕を負傷しないように、利き手を
下にして
、横向きに寝たのだそう。

対して女性は、結い上げた髪が
崩れない様、首に枕をあてがって
寝たとか。

夫の前では、何時でも髪のほつれが
ない状態でいることが、
武士の妻の心得だったそう。

 
つくづく現代に生まれて良かったな
と思いました。

ふかふかタオル枕、万歳!

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪