エビの飼育法!水槽を選ぶ時のポイントは?

エビたちが、戯れる水槽

水草の緑が、きれいで、
見ているだけで、癒されますよね。

スポンサーリンク

しかし、エビって実は、
とっても弱い生き物なんです。

生態系の中でも、魚類の下位で、
大きな魚たちの、餌になってしまう位置づけ。

 
今回は、そんなエビ
家で飼育するための、水槽の選び方を、
ご紹介します。

 

水槽を準備しよう!

2bf6e2169a4311e217e62f8dabaa32a6_s
先ほども書きましたが、
エビは、とっても弱い生き物。

おまけに、水質汚染や変化にも敏感で、
ちょっとしたことで、
ダメになってしまいます。
 

体も小さく、作りも大変繊細なので、
他の熱帯魚を、飼育する感覚で始めると
うまくいかない可能性が。

 
そのため、水槽の管理は
非常に重要になってきます。
 

エビを飼育するためには、
まず水槽を用意します。

エビ類は最大でも、5cm程度。
育てやすく、人気の高いミナミヌマエビは、
大きくなっても、2〜3cmです。

観賞用の、飼育であれば、
水槽は、小さめのものを選びましょう。
 

20cm程度の大きさの水槽を、
机の上や、リビングの一部に置いて
近くで見て楽しむのが、おすすめです。

エビは、それほど餌を食べません。
毎日でなく、数日に1度でも
平気だったりします。
 

ですので、小さい水槽に、少ない数のエビを
飼育するのであれば、
水も汚れにくく、管理も楽チン!

 

日陰でも、育ちやすい種類の水草を
水槽に入れておけば、なお良いです。

浮き草(ホテイアオイ、リシアなど)は、
浄化能力が、非常に高いので、効果的。

しかし、見た目が・・・

という方は、サンショウモがおすすめです。

エビの大敵、酸欠を予防するために、
酸素を出す石を、入れておくと、さらに安心。
10個入り1,000円程度で、手に入ります。

スポンサーリンク

大きな水槽でたくさん飼いたい!

たくさんのエビを飼育したい・・・

そんな方は、まず水槽の
大きさを決めましょう。
 

そして、その大きさに合った数の
エビを飼育するといいです。

エビの飼育数は、
水量1リットルあたり、1〜2匹が、
ちょうどいいです。
 

大きな水槽の場合は、
細長い(幅の狭い)形の方が、エビを、
観察しやすいのでおすすめ。

水質の悪化を防ぐために、
ろ過装置も、設置しましょう。
 

エビは本来、静かな池や沼地に
生息しています。

ろ過装置は、あまり勢いのない、
泡立ちの、少ないものを、選んでください。

 

また、酸欠にならないように、
エアレーションも、必要です。

酸欠はエビだけでなく、エビの餌となる、
微生物や、濾過器の中の、バクテリアなどにも
ダメージを、与えてしまいます。

特に夏場は、酸素が少なくなりやすいので
注意が必要です。

水槽が決まったら

067288

水槽が決まったら、いよいよ、
かわいいエビを、迎えるための
準備を開始しましょう。

 
エビを水槽に迎える前に、
やっておくべき事は、こちらです。

 

①水槽の底に底砂を敷く

水槽の、底に敷く底砂は、
ソイルが、よく使われています。

ソイルは、肥料を含んだ底砂で、
水草の育成に、適しています。

しかし、エビは、ソイルに含まれる
肥料に弱いので、使用する場合は、
エビ飼育専用の、ソイルを使用してください。

エビ専用が手に入らなければ、
砂利を敷いても構いません。

②水を張る

水槽に水を張り、底砂を敷き、
ろ過装置を設置したら、その状態で
最低でも1〜2週間放置しましょう。

水槽内に、バクテリアを、発生させるための
大切な作業です。
 

もし、エビと水槽を、同時に準備する場合は、
買ってきたエビが入っていた、袋の中の水を
一緒に、水槽内に、入れましょう。

エアレーションのみを行い、
毎日、少しずつ水を足して
水量を、増やしてください。
 

水量は、多すぎると、
エビが跳ねたときに、水槽の外に
飛び出してしまう事が、あります。

飛び出しの予防には、
をするのも、一つの方法です。

 

③エビを水槽に入れる

エビは、水質の変化に、非常に弱いです。

水質の変化に、エビを対応させるために、
「水合わせ」の作業は、時間をかけて行いましょう。
 

エビは、水温の変化にも
非常に敏感です。
そのため、水槽の設置場所も大事。

極端な低水温でなければ、
寒いところは、問題ありませんが、
夏場に、高温になる場所は、大変危険です!

直射日光のあたらない場所に置き、
水温は、28度以上にならないよう、
気をつけましょう。

 

いかがですか?

とっても、繊細な生き物、エビ

飼育したい数に合った、水槽を選んで、
楽しく飼育、してみませんか?


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す