音痴の人がカラオケで克服する3つの方法とは?

この前友達とカラオケに行った時に
友達の歌がとても上手だったのを
覚えています。

 
私が歌う番になって歌ってみると
音痴で歌がうまく歌えませんでした。

音やリズムがうまく取れないので
1回歌って満足し、そのあとは友達に
ずっと歌ってもらったのです。

今度カラオケに行く機会があったら
前よりもうまく歌えるようになりたいので

音痴な人がカラオケでうまく歌えるように
克服
する方法を調べてみました。

スポンサーリンク



音痴の人の特徴とは

音痴とは自分の声を
コントロールすることができない人をいいます。

音程が取れない
リズムが取れない
出せる音域が狭いことです。

 

音程が取れない人

音程が取れないということは「耳で聞いた音」と
「口から発生する声」の
どちらかがあっていないということです。

 

普段から音楽を聴いている人は
耳で音を認識していると思います。

曲を聴くことで落ち着いたり、
テンションが上がったりと
感じ方は人それぞれです。

音痴な人は、耳から入ってきた音程を
同じ音程を口から発生できていないので

自分の声を知る必要があります。

スポンサーリンク



リズムが取れない人

リズムが取れないのは、
「発声のタイミング」と「発音のタイミング」
「息継ぎのタイミング」がうまくできていないからです。

 
発声のタイミングでリズムができます。
そして発声するために息継ぎが必要で
そのタイミングを間違えると

少しずつリズムがずれてしまうのです。
そうすることで正しいリズムが取れなくなり
音痴な人になってしまうのです。

リズムが取れない人は、歌詞を覚えてから
リズムをとる練習をしましょう。

出せる音域が狭い

音痴の人は音域の狭さを実感していると
思います。男性は高音を出せなかったり
女性は低音を出せないことがありますよね。

 
高音や低音を出すためにボイストレーニングをして
自分が出すことができる音域を広くしましょう。

 

音痴の克服方法

音痴を克服するために3つボイストレーニング
方法があります。

克服する方法は、自分の声を録音したり
歌詞を覚えて、体でリズムを刻みながら歌うこと
そして最初から最後まで裏声で歌うことです。

自分の声を録音する

一つ目は自分の声を録音することです。
自分がどんな声で歌っているのか
ボイスレコーダーに録音します。

ボイスレコーダーに録音するときに
絶対マイクを使わないでください。

マイクを通して歌うと、壁に反響したり
エコーがかかって自分の歌声と違って聞こえます。
なので必ず生歌で録音しましょう。

 
自分の歌声がわかったら、
音程を取る練習をしてください。

カラオケの採点機能には、
リアルタイムで音程のバーが出ます。

このバーを見ながらマイクのスイッチを
入れないで歌い
、正しい音程で歌えるか
行ってみましょう。

慣れてきたら、自分の声を録音して
音程の確認してください。
           
YEMENREN 8GB ボイスレコーダー ICレコーダー 録音機 (内蔵スピーカー 高音質 1年保証&日本語説明書付き)

リズムを取る練習

2つ目はリズムを取る練習です。
まずは歌う曲の歌詞を覚えてください。

 
歌詞を覚えていないと歌詞を
見ることに集中してしまう
ので
リズムが取りづらいと思います。

歌詞は紙にコピーしてもいいですが、
手で書いた方が覚えやすいです。

 
リズムを取る練習は、体でリズムを刻み
ながら
一緒に歌います。

「トン トン トン トン」とリズムを取りながら
歌ったり、座った状態で太ももを
手で叩きながら
リズムを取ると歌いやすいです。

メトロノームを使うこともオススメです。

日工 メトロノーム スタンダード ブラック 226

裏声を鍛える練習

音程を広げるために裏声を鍛えます。
綺麗な裏声を出す時に地声と裏声を
混ぜて歌います

裏声で最初から最後まで歌える場合は、
その音域を地声でも歌えますが、
音程を広げるために裏声を鍛えなければなりません

まとめ

音痴な私がカラオケで歌をうまくなるための
克服方法を調べてみると、

音程を取ることやリズムを取る方法、
裏声を鍛える練習があったのです。

 

私は歌を歌うのが好きなので
カラオケには行きたいと思っていますが、
リズムを取ることが苦手なので

歌う時はリズムを取るようにしています。
音程を取ることは曲に合せて一緒に
歌って練習しようと思いました。

次行く時は音痴を克服できたらいいです。

                                                                                                                                                             

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪