模様替えをしたい!部屋が狭い時どうする?

ある日ベッドの位置を変えようと思い
模様替えをすることになりました。

部屋が狭いので模様替えをするのが
大変
です。机の位置やベッドを位置を
変えることは決まっているので

それに合わせて他の物も
おこうと思っているのですが
どうしようか迷っています。

そこで模様替えをするときに
部屋が狭い
と思っても広く見える
方法などを調べてみました。

スポンサーリンク



狭い部屋の模様替え

部屋の雰囲気を変えたくて
模様替えをしようと思ったときに
部屋が狭くて悩んでいる人がいますよね。

そんなときどのような部屋作りをすれば
良いのでしょうか。

家具の置き場所などや部屋を広く見せる
工夫を紹介します。

 

ベッドの位置によって部屋を広く見せる

狭い部屋で模様替えをするときに
場所を取ってしまうのがベッドです。

ベッドの位置によって部屋の印象や
空間
が変わります。

ライフスタイルに合わせて家具を
おいて快適な部屋作りをしましょう。

 

窓側にベッドを置く

この部屋は小さなカウンターキッチン
ついていて壁際に大きな収納あり、
これを活かすようにベッドは窓際にあるのです。

ベッドを窓際にすることで手前の空間が
広がって動線が取りやすくなるので
広々とスペースを取ることができます。

スポンサーリンク



壁側にベッドを置く

壁側にベッドを置くことは定番です。

ベッドを寄せる壁に壁紙ステッカーなどで
デコレーションすると
空間のアクセントになります。

狭い部屋の模様替えの場合、
お気に入りのものやスタイルにある
家具をそろえることでおしゃれになるのです。

 

真ん中にベッドを置く

部屋の真ん中に大きなベッドをおきます。
寝具を真ん中にすることで外国の
部屋のようにおしゃれになるのです。

ただ、ベッドが真ん中にあるので
フレキシブルな空間は少なくなります。

大きな収納が付いているものは
両サイドベッドにあるした収納
スペースをゆったり使うことができ、

棚や家具などは配置せずに済むのです。

 

部屋に仕切りを作る

室内の印象を変えたい場合は、
棚や家具などで生活空間と寝室を
区切ります。

 
デスクを使って仕切りを作る時は、

デスクの向きを窓の方向に向けて
仕切りを作り、窓から入ってくる明るさを
遮らないように低いデスクを配置しています。

また、デスクとベッドを平行に置くことで
バランスが取りやすくなるのです。
 

すっきり見せるための工夫

部屋をすっきりさせるために収納家具の
高さやカラーを統一させます。
そうすることで部屋全体がまとまるのです。

この方法はインテリアの基本なので
コーディネートに自信がない人は
試してみましょう。

 
また、家具を低くすると天井が高く見え
部屋が広く見えたり、壁を利用して
棚をつけたりすると素敵です。

賃貸では壁に穴を開けられないので
目立たないピンなどを使っている人がいますよ。
 

鏡を置いて部屋を広く見せる

大きな鏡を部屋に置くと鏡の向こうに
空間が見えるので広くなった印象になります。

壁に広いスペースがある場合は、サイズにあった
を置きましょう。開放感が生まれますよ。

このときに鏡のフレームの素材やカラーを
部屋と合わせると部屋全体がまとまり
おしゃれになります。

 

物を置くバランスを考える

狭い部屋の模様替えをするときは、
大きな家具を中心にして部屋作りを
するとバランスが取れます。

置くものは最小限にしてすっきり見せましょう。

 
普段あまり使用しないものが
ある場合は、全て収納しましょう。

小物や雑誌を収納することで
お部屋の印象が変わりますよ。

色のトーンを抑えるのもポイントで
白やアースカラーなどの落ち着いた
色にすると広々とした空間になります。

黒を使うと大人っぽいシックな空間に
なります。

 
また、ものを少なくするのが難しい場合は、
置くもののテイストを揃えてください。

ものがたくさんあっても、一つ一つが
シンプルなインテリアなのですっきり
としています。

趣味を詰め込んだお部屋の場合は、
細かいものが多いですが、小物で
バランスをとるといいでしょう。

 

まとめ

部屋の模様替えが終わり快適
過ごしています。ベッドは窓側に置いて
机を横につけています。

棚を壁につけているので収納も
バッチリです。
 

少しでも部屋を広く使うために
模様替えにはこだわりたいですね。

絨毯やカーテンも変えたいと
思っているので今度
揃えたいと思います。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪