泣く女性の性格にこんな類似点?涙もろい人2パターン

年取ると涙もろくなる、って、よく
言われますが年取る前から涙もろい
という女性は結構います。

そのことを今ひとつ、問題視
してはいませんでしたが、友人A君は
マジ怖ぇよ、女」と繰り返します。

「怖ぇよ、だって喧嘩して一瞬前まで
泣いてたのに、次にはケロッとしてん
だぜ?どういう性格でああなってんだ?」

おい、それを同じ女である私に訊くか?
お前こそどういう性格しているんだ?

まあ、男性によく泣く女の性格は
かなりの、なのでしょうから仕方ないって
言えば仕方ない興味ではあります。

 
かくいう、同性の私もよく泣く女性
性格的な部分は、よく知りません。

A君がずっと念仏のように言っていたせいか
気になってきましたので、調査してみる
ことにしました。

 
よく泣くなぁ、その女性の性格は
いったいどうなってできている?

と、いうのを調べてみようと思います。

スポンサーリンク

アリストテレスが言っていた

古代ギリシャの学者であるアリストテレス
ですが、その昔、女性についてある
言葉を発していたそうです。

「女は男よりも情け深く、涙もろい」
と、言ったことがあったのだとか。

その言葉に、どういった意味がこめられて
いるのかは、分かりませんが、彼も
女性の涙の量には参っていた、のかもです。

 
もしかしたら、その頃から涙とは女性
持つ武器である、とか男とはその武装
一瞬以下で降参してしまう、と言われた。

そんな可能性もなくはない、ですね。

スポンサーリンク

涙の量は性格による!?

最初、A君の感想というか、意見を
聞いた時は、性格のせい?ハハハ、冗句?
と、思いましたが、調べてびっくりです。

なんと、女性の涙もろさは性格
起因するものが多い、というのがわかりました。

 
色々と性格で分けると、多くなりますが
パターンで分けると2種類に分かれます。

そのパターンというのが、
涙の意味を理解しているかどうかです。

とても、A君の言うように、恐ろしい
ことですが、だいたいの女性は涙の
意味を理解しているケースが多いです。

 
涙の持つ破壊力、というのを理解している
とでも言うのでしょうか?

もう一方、理解していないケース
まだ、無邪気な方ですので可愛いもの
というか、まだ許せる方です。

まず、可愛い方からあげていきましょう。

 

涙を理解していない女性の性格

このタイプは、良く言えば、無邪気
甘えたさん、精神的に大人に
なりきっていない、少女的性格です。

昔から、よく笑ってよく泣いて、親に
可愛がられてきた人に多いですかね?

泣けば許してもらえる、怒られない
など、子供心に涙を使っているのです。

 
つまり、子供っぽく甘えん坊
性格、と言えるでしょう。

躾がゆるく、親に甘やかされて…というのに
当てはまる人は、もしかしたらこのタイプ
本人に悪意はないのでちょっと厄介です。

 

涙を理解している女性の性格

さて、こちらはおそらくA君の彼女さんが
当てはまっているのだろうタイプです。

これは、先に言ったように涙を一種
武装、としている女性に多いタイプです。

男の弱い部分を熟知し、それで涙という
マイナスの感情表現を見せて、同情や
関心を集めることが得意な人です。

すぐ泣く、だから弱いわけではなく
こうした女性は普通の女性よりいくらも
強かで、狡猾な面があります。

ここぞ!というところで泣いてみせ、同情や
関心を集めて物事を自分に都合良く運ぶ
この現代に生きる中では最強女性かも?

 

A君は最強どころか最恐だけどな!
とか言いそうですが、気持ちが分かりました。

これは、逆らうというか、抵抗が虚しい
勢いで弾かれそうな予感しかしないです。

泣かれては、男性は本能的に責められなく
なってしまいますので、これは、本当
手ごわい限りです。

 
タイプとしては2つですが、性格的には
色々あるくらいに思って、こうした怖い
女性には極力関わらない方がいいのかも。

 

まとめに

泣く女性の性格は、調べてみると結構
怖かったというのが感想ですかね。

涙を理解していても、いなくても泣かれたら
泣かした方が悪い、というなにかがあるので
それ以上には言えませんもの。

「うーん、でも、どっちかっていうと
俺の彼女は甘えん坊タイプじゃ?」

「気づけ、A君、それが女のだ」

「ええー、まあ、でもどっちでも怖いけど」

おおい、結論はそこかい!?と、思いましたが
私としてもたしかに男性視点では
怖いことに変わりはないのでしょう。

私は女性で、私もそれなりに泣きますが
性格が関係しているとは、
思いませんでしたので、興味深い調べものでした。

女の武器、とか言われて怖がられないよう
最大限努力して、泣き顔を見せないように
したいと思います。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す