屋根の塗装で遮熱の効果は?リフォームは本当に必要?

実家は築35年の木造和風の一軒家
リタイヤした両親が住むこの家の
メンテナンスの為、

古びた外壁の修理をリフォーム業者
私が依頼し、その工事もそろそろ
終わりなので、実家に立ち寄りました。

 
びっくりしたのが、その業者と父との
間で新しく交わされた屋根の遮熱塗装
工事
の契約。

知らぬ間に契約されていた瓦屋根への
塗装工事に、本当に必要かな?
と疑問がフツフツとわいてきます。

 

そこで建築会社で働く友人に、屋根への
遮熱塗装の効果について、
聞いてみる
ことにしました。

スポンサーリンク



遮熱効果が発揮される家って?

遮熱塗装は、塗装の中にある物質が
日光の赤外線を反射して、屋根表面で
温度が上がるのを防ぎます。

遮熱塗装が有効な屋根材家の造り
ついて、友人が詳しく教えてくれました。

屋根の材質

屋根の使われている材料の種類は
以下の通り。

  • 瓦(を焼いたもの)
  • シングル(防水性のある紙の様な
    材質に、石の粒々を圧着させた屋根材)
  • スレート(セメントと人工繊維を
    混ぜ合わせた屋根材)
  • 金属(鋼板とメッキを合わせた屋根材。
    トタンやガルバリウム鋼板が
    広く使われている。)

一番遮熱塗装が効果を発揮するのは、
金属の屋根材。

フライパンがそうであるように、金属は
熱をよく伝えます

つまり屋根材がガルバリウム鋼板などで
あれば、遮熱塗装する価値はあるのでは、
との事です。

 
瓦やスレートは、下地と屋根材の間に空気の
層が出来るし、

金属の屋根材と比べて厚みもあるので、
屋根の熱が屋内に伝わりにくいとか。

どうしても遮熱塗装をしなければ、暑くて
いられないと言う訳では無いようです。

スポンサーリンク



家の造り

屋根から伝わる熱も上手く換気口や
屋根裏の空間があれば、軽減出来ます。

 
つまり、屋根の熱を直接受けやすい
構造の家は、遮熱塗装の効果が期待
出来ますが、

受けにくい造りであれば、遮熱塗装に
頼らずとも、それなりに快適に過ごせる
と言う事に。

 
では、遮熱塗装が効果的な造りの家とは
こんな具合。

  • 吹き抜けのある家
  • 屋根裏空間があれば、そこに空気の層
    出来ますから、屋根の熱は屋内に伝わり
    にくくなります。

    吹き抜けですと、空気層が無いので、
    屋根で受けた熱がダイレクトに屋内に
    伝わります。

     
    吹き抜け造りの屋根は鋼板が多く

    金属は、熱の伝わり方も空気層より
    大きいので、遮熱塗装の意味は
    あるそうですよ。

  • 3階建てのお家
  • 2階建てに比べて、軒先きが出っ張って
    いる部分が小さかったり、

    3階特有の斜めの壁が、日光の熱を
    大量に受けたりするため、遮熱塗装は
    有効のようです。

  • 二階にリビングがある造り
  • 窓が大きく日光を沢山取り入れる造り
    が多いリビング。

    更に吹き抜けリビングともなれば、
    暑さもきつくなります。

 

温度の上昇はどの位抑えられる?

こんな実験データがあります。

東京都内の8月末から1月末に、鉄筋
コンクリート造の4階建ての屋上を、

施工別に4区画に分け、それぞれの
屋根裏の室温データを集計したもの。

  • A区画=遮熱塗装無し+断熱材無し
  • B区画=遮熱塗装有り+断熱材無し
  • C区画=遮熱塗装無し+断熱材有り
  • D区画=遮熱塗装有り+断熱材有り

この実験から分かった事は、夏場と
冬場でこんな具合です。

 

夏場編

  • 塗装も断熱材も有るD区画は、
    朝晩一定して30℃前後

    (エアコンを上手く使えば一日中快適そう。)

  • 断熱材のみ有りのC区画は、
    朝晩の気温差は無いが、
    D区画より2〜3℃高め

    (エアコンをフル稼動すれば、何とか
    過ごせそう。)

  • 塗装のみ有りのB区画は、
    昼間は35℃位まで上がり、
    夜は30℃近くまで下がる。

    (昼間はエアコン酷使でも暑い位。
    夜も寝苦しそう。一日の気温差
    あるので、屋根裏も結露が心配。)

  • 塗装も断熱材も無いA区画は、
    昼間は40℃に近い室温に、夜は
    下がっても33℃程度。

    (もはやサウナでしょう。)

塗装のみでの効果を見た場合(AとBの比較)、
昼間では、塗装有りのB区画が、5℃近く
室温を抑えられるようです。

ですが、一日のうちで気温差が大きければ、
その分屋根裏での結露が酷くなる事になり、
当然傷みやすくなりますね。

断熱材のみでの比較(AとCの比較)から
見ても、断熱材だけで室温上昇は
かなり抑えられます。

結露や屋内への熱の伝わり方を考えると、
ベストなのは、遮熱塗装と断熱材有り
組み合わせで、

塗装のみ施しても、断熱材がなければ
熱さの軽減や結露対策は片手落ちと
いったところのようです。

冬場編

  • 塗装のみのB区画は、
    日光を反射してしまうので、

    室内温度は、昼間で12℃、夜で8℃位と
    4区画中一番寒い事に。

  • 塗装有りで断熱材有りのD区画と、
    断熱材のみのC区画は、朝晩共に18℃
    前後
    と一定に。

塗装のみでは冬場は寒いので、
やはり断熱材が必須となるようですね。

 

まとめ

実家は瓦屋根で、傷みもまだ無く、
木造の特有の風通しの良さもある為、

夏場だって暑くていられない訳では
ありません。

しかも平屋建てだし、遮熱塗装が
必須とは言いがたい条件です。

 
父に友人から教わった事を説明し、
今回は遮熱塗装の契約は解除することに。

今は鋼板自体に遮熱作用があるものも
出回りつつある様です。

色んな技術も使う側の見極めが大事。

遮熱塗装よりも断熱材をしっかりと
メンテナンスする方が大事かなぁと
友人の言葉に説得力を感じました。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪