外食!家族での頻度はどれぐらい?

私の古くからのママ友で、企業内の
食堂での調理が仕事の人がいるんです。

ご近所で子供同士も幼馴染、中学校までの
部活も同じという間柄です。

 
その家族、とにかく外食が多いんです。
土日の昼食は、ほとんど外食。

毎日食事を作る仕事で、休みの時ぐらいは
料理をしたくないんだそう。

まあ、その気持ちもわかります。

そんな友人を持つ娘にしてみれば、色々な
所で外食しているのが羨ましいんでしょう。

○○のオムライスがおいしい、○○のケーキが
きれい、とか。

 

我が家って、世間から見たら月に出かける
外食の回数は少ないのかしら?

週末ごとに、外食するのは当たり前
家族での外食の頻度について調べてみました。

スポンサーリンク



世間の外食の頻度はどれぐらい?

他人の家庭の外食回数って、あんまり
聞いたことがないですよね。

朝日大学マーケティング研究所が実施した
家族での外食に関するマーケティング
データ」によると、

2007年、30~50代の既婚男女各50名ずつ
計300名に実施した結果、

全体の約3分の1が、月に2~3回という
回答になりました。

 
次いで、月に1回が約25%となります。

あれ?案外少ないんですね。

世の中の人って、思ったよりも外食して
いないのが現実なんでしょうか?

我が家でも、外食をするのは特別な日
外出した夜の食事、という認識です。

 
だから、月換算にすれば、1~2回ほどに
なります。

しかし、このアンケートの他のデータを
見ていて、外食の回数って子供の年齢にも
関係があることに気が付いたんです。

スポンサーリンク



子供が小さいと外食が増える?

アンケートでは、家族構成・年齢なども
回答されています。

 
外食の回数は、末の子どもの年齢が3~5歳の
いる家庭は、外食の頻度が高い結果になっています。

末子が3~5歳がいる家庭は、月4回以上と
回答している家庭が、他の年齢層よりも
高くなっているんです。

月2~3回、月4回以上と回答している
家庭が3分の2ほどになります。

さらに、子供の年齢が上がるにつれて
家族での外食の頻度は下がります。

末子が12~14歳のいる家庭においては、
どの年齢層よりも外食する頻度が低く
なっているんです。

子供との食事がキーポイント

確かに、我が家でも子供達が小さかった
頃は、家族で出かけるきっかけは今より
多かったです。

赤ちゃんの頃は、外食することはなかなか
できませんよね。

 

やっと、子供が外食できるようになれる
年齢が3歳頃からです。

気兼ねなく家族で外食を楽しむことが
できるようになる年齢が、データにも
表れていますよね。

 
しかし、子供達が大きくなり、それぞれの
用事もできると、家族揃って出かけることも
減ってくるものです。

子供が中学生になる12歳~は、部活などで
何かと忙しくなります。

家族揃って出かける、という行為自体も
思春期の難しさからか、避けるようになる
ものです。

実際に、週末でも部活などで帰りが遅い
子供も外食する気力がない、というのも
あるんですけどね。

家族での食事って、子供の存在が大きい
ものなんですね。

 

まとめ

調べていて、子供達が小さかった頃
思い出しました。

子供が小さい頃は外食するのも一苦労
だったな、と。

せっかくの外食も、食べた気がしない
こともあったな、とか。

いつの間にやら、大きくなっちゃって。

子供が大きくなって、外食を口実にしたら
出かけるきっかけにもなりますよね。

 
月に数回、家族で外食するのは楽しい
ものです。

家族の時間、大切にしたいですね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪