クラゲに刺された!症状は毒性の強弱で変わる

クラゲ、というと水族館などでは
「うわー、きれーい」と、もてはやされます
が、実際にはとても痛い生き物。

でクラゲに刺されたことがある人は
クラゲを見ても、綺麗、などという
言葉は出てこないでしょう。

 
ただ、刺されたことがない人は
そうでもないようで、私の
友人などは悠長に…。

「でも、クラゲに刺されたことがない人は
どんな症状なのかわからなくない?
痛いくらいなものなの?」

 

…なんと、なんと悠長な、友よ、君は
ご主人が去年、クラゲに刺されて
悶えていたのを知っているだろう?

自分のことじゃないから、忘れたのかしら?
とか、思いつつ、クラゲの正しい知識
刺された時の症状を知ってもらいましょう。

 
と、いうわけでクラゲに刺されたって
どうなるの?症状次第で超危険!

いうのを、調べていきます。

スポンサーリンク



クラゲパラダイス日本の夏

日本の夏は海水浴、が定番ですが
この真夏のレジャーで気をつけて
ほしいのが、クラゲさんです。

 
日本では海水の温度、クラゲの成長などの
関係で、8月の中旬から10月くらいに
クラゲが大量発生します。

ベビーの時は余所にへばりつき、浮かず
すごしているそうですが、成体になると
ぷかぷかふわふわ漂うようになります。

そして、になる魚だけでなく人間をも
触椀で触ってブスブスッと刺すわけです。

 
これだけでも、7月だから、8月の頭
だからクラゲなんていないっしょ?
ってのが、ないってのがわかるかな?

気温と、ご飯と、成長速度が揃えば
海は、いつだってクラゲの楽園
なってしまうものなのです。

油断しないでください、でないと
とんでもない目にあってしまいますよ。

スポンサーリンク



この症状はクラゲが刺したの?

クラゲも色々な種類がいます。

そんなに、毒性の強くないものから
かなり、強力な毒を持っているものまで
いっぱいです。

 

クラゲに刺されたことがない人は、想像が
つきにくいでしょうが、刺された時は
ん?クラゲか?と悠長に考えられません

それは、毒の強いクラゲであればそれだけ
あまりの激痛ショック拷問にあった
かのような錯覚に陥る、と言われます。

毒性弱めのクラゲなら

日本でも最もポピュラーなクラゲである
ミズクラゲは毒性としては可愛いもので
触ってもかゆくなる程度です。

ひどくなっても、患部が腫れたり
熱を持ったり、かゆかったり
ピリピリ痛い、などです。

 

毒が強力クラゲは…

ですが、これが、猛毒を持つアカクラゲ
だとか、ハブクラゲだと、悠長な思考は
掻き消されてしまいます。

火傷したのかというような激痛水疱
ミミズ腫れ、重篤化すると呼吸困難になり
場合で、命まで……と、非常に怖いです。

 

もしもの時は

クラゲに刺されて死ぬのか?と思われるかも
しれませんが、激痛によるショック死、が
考えられます。

 
それくらい、日常では想像もつかないような
激痛があるのです。

海に入っていて、痛い!と感じたら
すぐに海からあがり、上記の重い症状がある
場合、自分では動かず助けを求めましょう。

 
下手に動くと、毒が回るというよりは
激痛のあまり、ショックで呼吸が止まる
喋ることができなくなることも…。

海なら、ライフセイバーなど海に通じて
いる人が常にいてくれる筈です。

海水浴シーズンであれば、必ず
いてくれていますので、刺された時は
迷わず、助けを求めましょう。

十分に用心して、でかけるようにして
くださいね、遊びにいって帰らないなんて
ありえませんから。

 
ただ、田舎の海だとその海の専門家
常駐していないケースがままあります。

そんな時の為、海に遊びに行く時は
作業用手袋毛抜き消毒液などを
準備しておくと安心です。

 

どう対処すべきか:とにかく避難

刺された!痛っ!と、思ったら
まず、深呼吸で落ち着いてから
陸にあがりましょう。

海からあがってまでして人間を襲い
やってくるクラゲはいませんので、まず
逃げることを考えましょう。

 

どう対処すべきか:触手は残すべからず!

海水浴に1人、というのは少ないので
周りの友人家族に手当てを手伝って
もらってください。

とにかく、しびしびと痛いでしょう
ですから、手当ての方法としては
触手を取り除くことが重要です。

この時、手袋毛抜きを使いましょう。

手袋を着用して、毛抜きで丁寧に1本ずつ
触手を取り除いていくのです。

素手で触ったら、絶対にダメ!ですので
必ず手袋をしましょう。

 

どう対処すべきか:海水洗いと消毒

刺された、だ!と思うと人間はついつい
真水で傷口を洗浄しようとしますね?

ただの怪我ならいいですが、クラゲの
場合は、毒が逆に体に回りやすく
なるので、海水洗いが基本だそうです。

夏季限定でライフセイバーをしている
知人は、少なくとも先輩からそう
習ったそうです。

 
海水で洗って、あとは消毒液
消毒して、安静にしていること。

もし、重篤な症状が出ているようなら
即、119番をダイヤルするそうですよ?

なので、これはまずいかな?と思ったら
ひとまずの応急処置をして、すぐ、病院
行きましょう。

目安としては、呼吸困難のような
症状がある場合には迷わず、救急車か
自家用車で病院に搬送です。

 
もしくは、クラゲに刺されるのは2度目
とかいう人も、アレルギーが出来て
いる場合があります。

クラゲ経験者ならば、アナフィラキシー
起こす可能性大ですので、症状前に
救急搬送してもらってください。

命が1番、ですよ。

 

おわりに

クラゲに刺されたらどういう症状が
起こるのか、ですが、調べていて
ゾッとしました。

友人も同意見なのか、真っ青です。

クラゲ、綺麗にふわふわしている
って、わけじゃないんだね、怖っ!
死ぬようなことがあるんだ…」

そう、怖い、だから私は
あまり好きではありません

海水浴なんて、もうここ何年も
行っていませんよ、私。

でも、今日改めて海怖いクラゲ怖い
思い直しましたので、また当分
へのお出かけはないことでしょう。

スポンサーリンク

1件のコメント

  • Good post. I learn something new and challenging on sites I stumbleupon every day.
    It will always be exciting to read through articles from other writers and use a
    little something from their websites.

お気軽にコメントをどうぞ♪